レビュー
» 2012年07月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:日本における脅威の状況

日本における標的型攻撃やサイバー脅威の最新の傾向が、これですべて分かる! シマンテック ドット クラウドの技術・顧客ベース調査を基にした、企業のセキュリティ対策を考えるすべての人に必携の最新のリポートです。

[PR/ITmedia]

 メール、Webを通じて企業の脆弱性を日々狙っている、サイバー犯罪者達。日本は高度な技術を持つ先進国であり、膨大な数のコンピュータと高速なネットワーク接続が存在する。そのため、コンピューティングリソースや知的財産の摂取を狙うサイバー犯罪者にとって、日本は魅力的なターゲットだ。日本の企業および団体が、今、理解しなければならないビジネス環境内のマルウェア脅威とは何か? 従業員が直面しているセキュリティ脅威、および組織とそのデータを攻撃から守るにはどうすればよいのか?

 このホワイトペーパーは、2010年に18,172件の標的型攻撃を検出している、シマンテック ドット クラウドの技術・顧客ベース調査を基に、世界と日本における標的型攻撃やサイバー脅威の最新の傾向を解説する。特に、昨今、問題が顕在化し注目が高い標的型攻撃について、日本企業に対する標的型攻撃の年間回数や業種別の割合といった具体的な内容や傾向はもちろん、攻撃を受ける企業プロファイルとその防御策まで詳細にご理解いただける内容になっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -