レビュー
» 2012年09月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:5分でわかる! ベストパフォーマンスSAN環境

最新のストレージテクノロジーにより高速化されたSANだが、一般的な運用のなかに70%ものパフォーマンス低下のリスクをはらんでいる。NTFSと最新のストレージソリューションとの関係を紐解きながら、ベストプラクティスを紹介する。

[PR/ITmedia]

 中〜大規模、および仮想化システムの構築に欠かせない存在となっているSAN。自動階層化による高速I/O処理やシンプロビジョニングによる記憶領域の効率利用など、ストレージ領域の進化により実に有用な機能が実現されている。

 多くの企業のインフラを支えるWindowsのファイルシステムNTFSは、これらのストレージソリューションに最適化されているのだろうか。NTFSにまつわる「誤解」にも触れながら、SAN&NTFS環境のベストプラクティスを紹介する。

 このホワイトペーパーは、米国Fortune 1000企業の90%以上をボリュームライセンス顧客として持ちストレージパフォーマンスを中心としたシステムパフォーマンスおよび信頼性のイノベーションを20年以上に渡って手がけてきたエキスパート、Diskeeper Corporationによる技術情報である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -