ニュース
» 2012年09月10日 13時03分 UPDATE

ストレージサービス市場は2016年まで平均1.4%で成長――IDC予測

IDC Japanは国内ストレージサービス市場動向の調査結果を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは9月10日、国内ストレージサービス市場の2011年売上実績と、2016年までの予測を発表した。2011年の売上実績は前年比2.6%増の2008億3400万円、2011年から2016年まで年平均1.4%で成長し、2016年に2157億円に達すると予測している。

 2011年の市場動向ではプロフェッショナルサービスと保守サービスが売上を伸ばし、特に売上構成比の高い保守サービスが回復。メインフレーム向けが減少する一方、オープン系システム向けのサービスがこれを補う形で成長したという。

 プロフェッショナルサービスではコンサルティングが、前年比5.7%増だった。仮想化技術の導入に伴うインフラ環境の変化や、運用の効率化・自動化を目的とした再構築、無停止にいる更改などに対するコンサルティングニーズに高いとみられる。

 同市場では今後、企業や組織が保有するデータの量や種類の増加、ビッグデータ活用により、ストレージ管理の効率化をますます求められるとし、その運用改革を支援するためのストレージサービスの需要が増えていくと同社では予想している。

tkidc001.jpg 国内ストレージサービス市場 売上実績および予測、2007年〜2016年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | ストレージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ