レビュー
» 2012年09月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化を思い留まることなかれ! パフォーマンスもセキュリティも落とさない仮想ファイアウォール登場!

仮想化にしたけどセキュリティ面が不安、導入をしたらシステムが遅くなるのではないか。そんな不安を払拭する“仮想環境専用”のファイアウォールが登場! 驚きのパフォーマンス検証結果を一挙公開! パフォーマンスもセキュリティも一気に解決するその能力やいかに?!

[PR/ITmedia]

 仮想化で実現できる、コスト削減、運用負荷軽減、システム管理の柔軟性、ビジネス上の機動性。

 それでも仮想化の採用を妨げるもの、それがパフォーマンスとセキュリティである。

 仮想化を採用することで、アプリケーションのパフォーマンスが低下するとしたら、誰もサーバーの仮想化は望まないだろう。

 また、企業がサーバーの仮想化を決断したからといって、サーバーのセキュリティが犠牲になってもいいとか、複雑化してもいいと判断したわけではない。

 仮想化の採用時には、パフォーマンスとセキュリティは従来どおり維持されることが最低条件であり、理想的には、パフォーマンス、セキュリティともに改善されることが求められる。

 皆がこのように頭を悩ませている中、企業のシステム上に柔軟かつ自動的にセキュリティを実装でき、尚且つパフォーマンスの低下も回避することができるファイアウォールが誕生した。

 それが、仮想化データセンターおよびクラウドにおける包括的な仮想化セキュリティ・ソリューション、Juniper NetworksのvGW Virtual Gatewayだ。

 本ホワイトペーパーでは、仮想環境に特化して設計・構築されたvGWが提供する機能の基本原理を解説し、その能力を検証するためのテストの概要を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -