ニュース
» 2012年09月12日 07時07分 UPDATE

GoDaddy、DDoS攻撃の情報を否定 障害の原因は「社内」と説明

GoDaddyのサービス障害はサイバー攻撃に起因するものではなく、社内の問題が原因だったと同社が発表した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米大手ドメイン登録事業者GoDaddyのサービスが障害に見舞われた問題で、同社は9月11日、障害はサイバー攻撃に起因するものではなく、社内の問題が原因だったと発表した。障害は米太平洋時間の10日午前10時ごろに発生し、午後4時までには完全復旧したとしている。

 この問題ではGoDaddyが大規模なサービス妨害(DDoS)攻撃を受けたと伝えられ、ハッカー集団のAnonymousがTwitterでGoDaddyのDNSサーバをダウンさせたと公言していた。さらに、「Anonymousの正式メンバー」を名乗る「Anonymous Own3r」のTwitterでも、GoDaddyをハッキングしてソースコードとデータベースを流出させたと主張している。

 一方、GoDaddyでは、今回の障害は一連の社内ネットワークの問題によるルータのデータ表破損が原因だったことを突き止めたと説明し、原因はハッキングでも、DDoS攻撃でもなかったと強調している。また、顧客の情報が危険にさらされた事実はなく、同社のシステムへの不正侵入もなかったと言明した。

関連キーワード

サイバー攻撃 | サービス障害


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ