ニュース
» 2012年11月28日 00時03分 UPDATE

SAP HANAの最新版が提供開始 アプリ開発機能などを強化

SAPジャパンはインメモリコンピューティング製品の最新版「SAP HANA SPS5」を発表した。

[ITmedia]

 SAPジャパンは11月27日、インメモリコンピューティング製品の最新版「SAP HANA SPS5」を発表した。同日から提供を開始する。

SAPジャパン リアルタイムコンピューティング事業本部長の馬場渉氏 SAPジャパン リアルタイムコンピューティング事業本部長の馬場渉氏

 新製品は、インメモリベースの単一アーキテクチャ内で、トランザクション(OLTP)、分析(OLAP)、テキスト、予測処理向けの各種データベース(DB)サービスと、アプリケーションサーバ、計画機能、ビジネスルール、イベントストリーム処理向けアプリケーションサービスなどを融合。これにより、迅速なアプリケーション開発とデプロイが可能になった。

 「DBとアプリケーションサーバの階層が分かれていると、たとえDBの処理が高速でも、アプリケーションサーバの性能が低ければ、アプリケーション開発に多大な時間がかかってしまうという従来の課題があった。HANA SPS5は、DBMSの中にアプリケーションサーバが埋め込まれているため、こうした課題を解決できるのだ」と、SAPジャパン リアルタイムコンピューティング事業本部長の馬場渉氏は力を込める。

 加えて、新製品は、ミッションクリティカルでの利用に耐えるべく、高可用性、ディザスタリカバリ、セキュリティのサポートを拡大するなど、大規模データセンタの導入環境にも対応した。

 現在、HANAは日本で50社以上の導入実績を持つ。馬場氏によると、これまでSAPが攻めあぐねていた金融業や小売業においてHANAの採用が加速しており、HANAのリリース前後で売り上げが約70%増加したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ