ニュース
» 2013年01月10日 15時05分 UPDATE

PayPalをかたる日本語の詐欺メールに注意

アカウントを盗み取ることが目的とみられる不審なメールとフィッシングサイトが発見された。

[ITmedia]
paypalphishing001.jpg

 フィッシング対策協議会は1月10日、PayPalをかたる日本語の詐欺メールとフィッシングサイトが確認されたとして注意を呼び掛けた。同日14日現在でフィッシングサイトは稼働中だという。

 見つかった詐欺メールには、「アカウントを確認するためにサインオンが必要」というメッセージと確認サイトと称したURLが記載されている。URLからPayPalの正規サイトに酷似したフィッシングサイトに誘導され、ログインに必要な情報(メールアドレス、パスワード)を入力させる仕組みになっている。

 同協議会はサイト閉鎖のための調査をJPCERT コーディネーションセンターに依頼。国内のPayPalオフィシャルサイトの URLは「https://www.paypal.jp/」「https://www.paypal.com/jp/」「https://www.paypal-japan.com/」で、これら以外でPayPalが含まれるドメインを使ったメールを受け取った場合は注意してほしいとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ