レビュー
» 2013年01月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化のメリットを生かしきれないデータセンターの共通点

仮想化技術を導入すると、リソースの効率化など多くのメリットを享受できる。しかし、多くのデータセンターでは、インフラの柔軟性や管理性の低さがその導入効果を妨げている。

[PR/ITmedia]

 仮想化技術を導入すると、複数のサーバを統合できリソースの利用効率が向上する。しかし、システムの規模が多くなるほど、仮想化の利点であるはずの「効率性」「俊敏性」が損なわれているのが現状だ。その要因は、従来型のアーキテクチャで構成されるシステム基盤にある。

 従来のアーキテクチャのままで仮想化技術を導入した場合、サーバやストレージ、ネットワークなどの機器が増えるごとに、その構成が複雑化して管理ポイントが増えてしまう。その結果、迅速なアプリケーションの導入やシステムの拡張などを妨げるだけでなく、運用担当者の管理領域を曖昧にして作業負荷を増大させている。

 本稿では、そうした仮想化のメリットを生かしきれていないデータセンターへの解決策として、導入効果を最大化できるシステム基盤の構築を提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ