ニュース
» 2013年02月14日 10時37分 UPDATE

Operaが独自路線を転換、ブラウザエンジンをWebKitに切り替え

OperaがHTMLレンダリングエンジンをWebKitに切り替える。WebKit採用のモバイルWebブラウザを近く披露する計画だ。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは2月13日(現地時間)、Webブラウザ「Opera」のHTMLレンダリングエンジンをWebKitに切り替えることを明らかにした。WebKitを採用したモバイルWebブラウザを今月下旬のMobile World Congress(スペイン・バルセロナ、25〜28日)で披露するという。

 またPCやスマートフォンなどのOperaユーザーの合計が月間3億人に達したことも明らかにした。

photo Operaファミリーはモバイルに広がっている

 Operaの現行HTMLレンダリングエンジンは、2003年リリースの「7.0」から採用された独自開発の「Presto」。同社は「AndroidとiOS向けの主導的なブラウザを提供するため、今年OperaはWebKitに移行する」と説明している。

 WebKitは米AppleのSafariや米GoogleのChromeが採用しているオープンソースのHTMLレンダリングエンジン。同社CTOのホーコン・ウィウム・リー氏は声明で「WebKitは既に良好であり、われわれはWebKitの改良に参加するつもりだ。WebKitはわれわれが重視する標準技術をサポートし、われわれが必要とするパフォーマンスも持っている」とコメント。独自エンジンの開発より、同社の技術力をオープンソースプロジェクトであるWebKitとChromiumに活用するほうが理にかなっているとし、「WebKitへの移行は、われわれが新機能やユーザーフレンドリーなソリューションの開発によりリソースを集中できることを意味している」という。

 今後はWebKitとChromiumプロジェクトに参画する意向で、既にマルチカラムレイアウトの表示を改善するためのパッチを提出しているという。

photo Operaが明らかにしていたWebKitベースのモバイルブラウザ

 Operaは先月、コードネーム“Ice”と呼ばれるWebKit採用モバイルブラウザに取り組んでいることを明らかにしていた

 OperaのWebKit採用で、ブラウザエンジンは米MicrosoftのInternet Explorer(Trident)、MozillaのFirefoxが採用するGeckoの大きく3つに絞られることになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ