ニュース
» 2013年02月26日 07時29分 UPDATE

Firefoxの新ポリシー  サードパーティcookieをデフォルトで遮断へ

Firefox 22から導入される新ポリシーでは、ユーザーが閲覧したことのないサードパーティーのcookieを遮断する。

[鈴木聖子,ITmedia]
ff22cookie001.gif cookieに関する新ポリシー

 Mozillaはユーザーのプライバシー保護の一環として、Webブラウザ「Firefox」の今後のバージョンに、サードパーティーのcookieをデフォルトで遮断する新ポリシーを採用する。Firefoxの開発に携わる米スタンフォード大学のジョナサン・メイヤー氏が2月22日のブログで明らかにした。

 cookieは広告業者などがユーザーの行動を追跡するために使っているプログラム。Firefox 22から導入される新ポリシーでは、ユーザーが実際に閲覧している「ファーストパーティー」のWebサイトのcookieは引き続き許可する一方で、ユーザーが閲覧したことのない「サードパーティー」のcookieは遮断する。

 メイヤー氏によれば、競合するWebブラウザではGoogleのChromeがcookieを全て許可、MicrosoftのInternet Explorer(IE)も実質的にはサードパーティーのcookieをほぼ全て許可している。一方、AppleのSafariはサードパーティーのコンテンツについて、そのコンテンツのcookieが既に存在する場合に限ってcookieを許可しており、Firefoxの新しいポリシーは、このSafariのポリシーに近いものになるという。

 cookieに関するポリシーの変更は、Webサイトに対して「限定的な」影響を与えるとメイヤー氏は予想。少数のWebサイトで、Firefoxに対応するためわずかなコードの変更が必要になるかもしれないとしている。

 新ポリシーは現在、Firefoxのテスト用の「Nightly」版に実装されており、今後α版やβ版を経て、Firefox 22に導入される予定。

関連キーワード

cookie | Firefox | プライバシー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ