ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プライバシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライバシー」に関する情報が集まったページです。

Zoom、相次ぐセキュリティ問題やプライバシー問題で謝罪 対応について説明
Zoomの利用が予想をはるかに超えて激増し、対応に追われる中で、「プライバシーとセキュリティに対する期待に応えられなかった」としてエリック・ユアンCEOが謝罪した。(2020/4/3)

「私、1番よね?」「いいえ、2番です」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編02 #イベントレポート #完全版
「世界で唯一、個人情報を金で買える国」、ジャパン――リクナビ事件をきっかけに露呈した「日本の個人情報の考え方の問題点」を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が全方位で解説する。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/10)

ピースサインから指紋、瞳に最寄り駅 SNSから盗まれる個人情報
 スマートフォンで撮影しSNS(会員制交流サイト)に投稿した写真から個人情報が流出する−。こんな危険性が若者を中心に高まっている。スマホのカメラが高画質になったことで、指紋などの生体情報が盗み取られたり、写真に写った瞳から最寄り駅が特定されプライバシーが侵害されたりするケースも。どんなリスクがあり、どう対策を講じるべきなのか。(2020/3/5)

スマホで位置情報を収集、マーケティングでの活用進む プライバシーへの配慮も必要
スマートフォンで収集した個人の位置情報をマーケティングに応用するビジネスが次々と実用化している。人の集まりやすい場所や行動パターンの分析ができるようになる一方で、情報の匿名化によるプライバシーへの配慮にも注目が集まる。(2020/3/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
韓国で広がる「感染者追跡アプリ」の賛否 テクノロジーを感染防止にどう使うのか
新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、感染者が多い中国や韓国では、感染者情報を提供したり、健康状態を登録したりするアプリが使われている。情報管理やプライバシーの問題はあるが、感染症対策にテクノロジーを取り入れることは有効かもしれない。(2020/3/5)

実はゆるゆるだった「Pマーク」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編01 #イベントレポート #完全版
リクナビ問題の法的解釈の問題点は、個人情報保護法改正でクリアになるのか――鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎のプライバシーフリークたちが、集結した。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/6)

製造ITニュース:
パーソナルデータ流通と保護を両立させた、IoTサービス基盤を開発
KDDI総合研究所は、プライバシーを保護しながら、パーソナルデータの流通性を高められる「生体情報を中心とした個人向けIoTサービス基盤」を開発、実証した。(2020/2/17)

「Google Chrome 80」リリース、新しいCookieの分類システムを導入
Chrome 80では新しいCookieの分類システムを導入。多数の脆弱性に対処し、通知許可のリクエストを目立たせないUIを採用してユーザーのプライバシー保護を強化した。(2020/2/7)

ものになるモノ、ならないモノ(85):
プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由
医療分野におけるブロックチェーン利用を推進する、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長の水島洋氏に、日本での実現可能性や今後の展望を聞いた。(2020/2/7)

Weekly Memo:
セキュリティだけじゃない、企業はデジタルリスクにどう対処すればよいか
デジタルリスクといえばセキュリティやプライバシーのことだと思われがちだが、実はもっと幅広く、企業経営に直結する話だ。果たして、どんなリスクがあってどう対処すればよいのか。(2020/2/3)

クラウド内のデータを守るには:
Microsoft、クラウドのプライバシーとセキュリティで「10の推奨事項を発表」
Microsoftは、クラウドのプライバシーとセキュリティの現状に関する調査報告書を発表。誰がセキュリティに責任を持つのか意見の一致が見られていないことなどが分かった。合わせて、プライバシーやセキュリティ対策に役立つ10の推奨事項も提示した。(2020/2/3)

Avast、ユーザー情報販売の子会社を廃業 CEOが謝罪
「データ収集ビジネスは、われわれのプライバシーに関する優先課題に沿っていない」(2020/1/31)

仮想通貨送金に個人情報要求 FATFが求めるトラベルルールの課題
2019年6月、マネーロンダリング対策を推進するFATF(金融活動作業部会)は仮想通貨に関する勧告を公開した。この中の一つが、送金者と受取人の情報を、それぞれの仮想通貨交換業者で交換する、いわゆるトラベルルールだ。プライバシーの問題や技術的な難易度もあり、簡単には対応が難しい。(2020/1/31)

「Facebook外のアクティビティ」がようやく日本でもスタート 20億人にプライバシー設定確認を呼び掛けも
Facebookが、サードパーティサービスから入手しているユーザーデータを確認・削除するためのツール「Facebook外のアクティビティ」を日本でも提供を開始した。ユーザーが自覚せずに共有させていたリンクは、このツールで切断することもできる。(2020/1/29)

AppleがSafariの脆弱性に対処するも、Google研究者は「解決していない」と指摘
AppleはSafariのアップデートでユーザーのプライバシー保護機能に関する脆弱性に対処した。しかしGoogleの研究チームは、根本的な問題は解決されていないと主張している。(2020/1/24)

ベゾス氏のプライバシー流出、サウジ皇太子のWhatsAppが関与の可能性を国連が指摘
Washington Postオーナーのジェフ・ベゾス氏のプライバシー流出について調査していた国連人権理事会が、報告書を発表。サウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントから送られたマルウェアによってベゾス氏のiPhone内のデータが盗まれた可能性が高いとしている。(2020/1/23)

Googleさん:
Cookie禁止に動くGoogleの秘策「プライバシーの砂場」とは?
Googleが2年以内にサードパーティーCookieをサポートしなくなると発表し、波紋が広がりました。これでターゲティング広告ができなくなるわけではなく、Googleはそれに変わる「プライバシーサンドボックス」を準備中です。(2020/1/20)

Google、サードパーティー製CookieのChromeでのサポートを2年以内に終了へ
Googleが、Webプライバシー強化のためにサードパーティー製CookieのChromeでのサポートを段階的に廃止すると発表した。FirefoxやSafariは既にブロックしているが、安全な代替ツールを確立するのが重要だとしている。(2020/1/15)

マーク・ザッカーバーグ氏、恒例の「今年の目標」ではなく「ARメガネ」など10年スパンの目標を掲げる
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがこれまで10年間続けてきた年頭の個人目標宣言を、今年は向こう10年間の目標として発表した。ARメガネやプライバシー重視のソーシャルプラットフォームなどについて自身のFacebook投稿で語った。(2020/1/10)

ITりてらしぃのすゝめ:
「クッキー」から始めるプライバシーの旅
Webブラウザの「クッキー」という仕組み。リクナビの内定辞退率の予測にまつわる問題でやり玉に上がりましたが、そもそもどんな仕組みなのでしょうか。クッキーの理解から、プライバシーを考えていきます。(2020/1/9)

YouTube、子ども向けコンテンツの新ルールをグローバル展開
YouTubeは、予告通りクリエイター向けの子ども向けコンテンツの設定をグローバルに義務付けると発表した。FTCとの和解条件である児童オンラインプライバシー保護法COPPAに順守するためだ。(2020/1/7)

「働き方改革とセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にThinkPad X1 Carbon 2019年モデル、1名様にThinkPad専用プライバシーフィルター、10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2019/12/24)

電力使用量のビッグデータ活用、新ビジネスに期待 一方でセキュリティやプライバシーに課題も
スマートメーターで集めた情報をビッグデータとして企業や自治体が活用できるようにする仕組みの整備が進んでいる。さまざまな活用が期待できる一方で、セキュリティやプライバシーへの配慮も求められている。(2019/12/20)

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

Facebookの不祥事を振り返る【後編】
ザッカーバーグCEOの「Facebookはプライバシーを重視」の約束は守られたのか
Facebookで相次いだセキュリティやプライバシーに関する問題に対して、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は改善を約束した。その約束は今でも守られているのだろうか。(2019/12/7)

「私生活動画20万円」に波紋 1カ月間お風呂以外の全てを撮影、すでに個人情報流出のトラブルも 運営会社「プラズマ」の遠野代表を直撃
 「お風呂以外の全ての私生活を1カ月間撮影して20万円」−。こんな「社会実験」が議論の的となっている。プライバシーを金で売るという過激な内容ゆえ、倫理的に問題があると批判の声も飛び交うが、目的は何なのか。実験を手がける企業の代表を直撃した。(2019/12/5)

Twitter、データ保護の取り組み紹介ページ「プライバシーセンター」を公開 GDPRなど保護規則準拠をアピール
米Twitterは、利用者のプライバシーやデータ保護に関する取り組みを紹介するWebページ「Twitter Privacy Center」を公開した。GDPRをはじめとするデータ保護規則への準拠が狙いとみられる。(2019/12/3)

混ぜるな危険:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)後編 #イベントレポート #完全版
求人企業は自分たちの問題とは思っていないのではないか――リクナビ事件の論点は、業務委託とコントローラーの視点へ。鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の咆哮を聞け! ※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/3)

ハッシュ化したからOKでしょ?:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)中編 #イベントレポート #完全版
Ad Techが守ってきたルールを、HR Techは軽々と破ってしまったのか――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/2)

Facebookの不祥事を振り返る【前編】
Cambridge Analytica事件だけではない 「Facebook」の不祥事を振り返る
2018年初頭に選挙コンサルティング企業によるデータ不正利用が発覚して以来、Facebookではセキュリティやプライバシーに関する不祥事が相次いでいる。これまでの不祥事を振り返る。(2019/11/30)

自らの業の役割を何と心得るか!:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)前編 #イベントレポート #完全版
学生の就職活動を支援するための「人材」サービスが、本人の権利利益をないがしろにして己の利益のためだけに野放図に使っていたことこそが、問題だ!(by厚生労働省)――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/11/29)

Sonos、プライバシー重視の音声アシスタントのSnipsを3750万ドルで買収
Sonosがオフラインでも機能するプライバシー重視の音声アシスタントを提供する新興企業Snipsを3750万ドルで買収した。自社製スマートスピーカーに搭載する計画だ。(2019/11/21)

YouTube、「コンテンツが子ども向けかどうか」申告義務化 対象の動画はパーソナライズド広告非掲載に
児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)などの法律を順守するための措置。(2019/11/15)

リクナビ運営元にプライバシーマーク取り消し措置 要因は「内定辞退予測」に関する個人情報の取り扱い不備
「リクナビDMPフォロー」サービスにおいて、本人の同意が不十分なままデータを提供していた件が問題に。(2019/11/15)

リクナビ運営元に「Pマーク」取り消し措置 “内定辞退予測”を問題視
JIPDECがリクルートキャリアのプライバシーマークを取り消した。学生の内定辞退率を予測して他社に販売するサービス「リクナビDMPフォロー」に個人情報の取り扱い不備があったと判断したため。同社はJIPDECの認定個人情報保護団体からは脱退しない。(2019/11/14)

Apple、プライバシーと安全性取り組みを説明 上白石萌音ナレーションでYouTube公開
「iPhoneのプライバシー ― シンプルなこと」がYouTubeで公開されている。(2019/11/8)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

スマートスピーカーが家の“番犬”に? 米国で劇的進化するAmazonとGoogleの音声アシスタント
プライバシーを守るオンデバイスAI、ガス漏れ警報を「認識」するスマートスピーカー。AmazonとGoogleが開発している新機能はいずれ日本にもやってくるだろう。(2019/11/6)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(42):
「IoT機器は生活のデータが取れる!」と思ったときに考えるべきこと
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、IoT機器を開発・企画するエンジニアに、利用者の目線で「プライバシー」を考えた製品を作ってください、というお願いです。(2019/10/25)

半径300メートルのIT:
「あなたの位置情報、見られてまっせ」――iOS 13で可視化されたもの
お手持ちのiPhone、iOS 13へのアップデートは終わっていますか? もしかしてアップデートから数日後に「なんだ、これ?」と思うような通知を受けていないでしょうか。実はAppleは、ユーザーのプライバシー情報を保護するための機能を強化していたのです。(2019/10/16)

スリーエム、プライバシーフィルターをさまざまなノートPCに取り付けられる装着具
スリーエム ジャパン、プライバシーフィルター用装着具「3M コンプライ アタッチメントシステム」を発売する。(2019/10/11)

Google、YouTubeの視聴履歴自動削除機能を追加 Googleマップのシークレットモードもローリングアウト
Googleが、プライバシー強化の3つの新機能を発表した。Googleマップのシークレットモード、YouTubeの履歴の自動削除機能、Googleアシスタントに口頭で音声録音を削除させる機能だ。(2019/10/3)

Amazon、録音自動削除などのプライバシー関連を含む「Alexa」の新機能を多数発表
Amazonが、Echoシリーズなどの新ハードウェアの発表に合わせ、近く利用できるようになるAlexaの新機能も発表した。録音されている過去のAlexaとの会話を自動的に削除する機能や、サミュエル・L・ジャクソンの声(米国のみ、有料)などだ。(2019/9/26)

高田馬場駅と所沢駅にテレキューブ設置、「駅ナカでテレワーク」を実証 西武鉄道
西武鉄道は高田馬場駅と所沢駅の構内に、ボックス型のワークブース「テレキューブ」を設置した。防音性が高く、プライバシーが確保された環境で業務ができる。働き方改革推進の一貫として、2020年9月まで実証実験を実施する。(2019/9/19)

システム外にコピーされたデータも対象:
オンプレミスからクラウドまでのデータを保護 メインフレーム「IBM z15」を発表
IBMのメインフレームの最新機種「IBM z15」は、企業のハイブリッドクラウド全体にわたって「全方位型暗号化技術」を拡張する。IBMが「あらゆる場所にあるデータを暗号化してデータのプライバシーを確保する」と説明する機能「Data Privacy Passports」を備えた。(2019/9/18)

Mozilla、復活「Test Pilot」でプライバシー保護拡張機能「Firefox Private Network」のβ版公開
MozillaがCloudflareとの協力により、カフェなどの無料Wi-Fi接続時に暗号化したネットワークを使うための拡張機能「Firefox Private Network」のβ版を米国で公開した。(2019/9/11)

Google、「差分プライバシーライブラリ」をGitHubで公開
Googleが、データセットの解析を個人のプライバシーを保護した状態で行えるようにする「differential privacy library」(差分プライバシーライブラリ)をGitHubで公開した。(2019/9/6)

Google、YouTubeの児童保護法違反でFTCに1億7000万ドル(約180億円)の和解金
Googleとその傘下のYouTubeが、米児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)違反で1億7000万ドル(約180億円)の和解金を支払う。YouTubeの子ども向けチャンネルの視聴者の個人情報を、保護者の同意を求めずに収集したため。(2019/9/5)

中国の人気ディープフェイクアプリ「ZAO」、プライバシーで批判され規約改訂
中国のApp Storeで8月30日に公開されたディープフェイクアプリ「ZAO」のプライバシーポリシーに、ユーザーデータをメーカーが第三者に譲渡できると記述されていたことが問題になった。メーカーは批判を受け、9月3日にポリシーを改訂した。(2019/9/3)

VPNプロバイダー選びは慎重に
主要VPNサービスは危険? VPNプロバイダーの資本や国籍に注意
世界上位の主要VPNプロバイダーの中には、全幅の信頼を置くことができない企業が含まれる。もしかしたら、ユーザーのプライバシーはその企業が属する国に漏れているかもしれない。(2019/8/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。