ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プライバシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライバシー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Protected Audience API」入門:
Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを終了する。その代替案としてGoogleが取り組む「プライバシーサンドボックス」の現況について、あらためて解説する。(2024/2/21)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

マスク型の音漏れ抑制ヘッドセット、キヤノンが発売 外出先でのビデオ会議などに
キヤノンマーケティングジャパンは13日、装着した人が発した声の音量を下げるウェアラブルデバイス「Privacy Talk(プライバシートーク)」を発表した。(2024/2/13)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Apple TV」や「Apple Music」がMicrosoft Storeで提供開始/MicrosoftがAIの正確さとプライバシー問題を解消するAIコントローラー発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月4日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/11)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

セキュリティソリューション:
デジタル身分証明の新時代 Microsoft Entraに「Face Check」機能が登場
Microsoftは「Microsoft Entra Verified ID」に顔認証機能「Face Check」を追加したと発表した。この新機能はプライバシーを尊重しつつ高度な身分証明の検証を可能にする。現在プレビュー版で利用可能。(2024/2/9)

医療機器ニュース:
ミリ波センサーでバリアフリートイレを見守る技術の実証実験を開始
TOTOと富士通は、ミリ波センサーを用いて、カメラを使わずに公共のバリアフリートイレ内を見守る技術の実証実験を開始した。検証後、同技術の改善を進め、プライバシーに配慮した見守り技術をサービス化する。(2024/2/6)

ベルキン、iPhone15向けプライバシー保護フィルムとクリアケース発売
ベルキンは、iPhone15シリーズに対応した強化ガラス使用のプライバシー保護フィルムとMagSafe対応の抗菌コーティングを施した保護ケースを発売。Amazon.co.jpで数量限定の5%オフクーポンを配布する。(2024/2/2)

製造ITニュース:
2024年、企業がセキュリティ対応で押さえるべき10の重要論点とは
ガートナージャパンは、セキュリティに関して2024年に日本企業が押さえておくべき10の重要論点を発表した。セキュリティ/リスクマネジメントのリーダーは、セキュリティとプライバシーの領域を俯瞰し、自社の取り組みを見つめ直す機会を持つべきだとしている。(2024/1/23)

セキュリティニュースアラート:
AirDropのセキュリティを巡る懸念 中国当局の動きで活発化
AppleがAirDropの脆弱性を2019年から認識していた可能性があることが分かった。最近、中国当局がAirDropを利用して地下鉄利用者を特定したとされる事案がプライバシーの懸念を引き起こしている。(2024/1/17)

製造ITニュース:
生成AI利用時のプライバシー保護を強化 マイナンバーや住所にも対応
マクニカは、Private AIと販売代理店契約を締結し、生成AIや大規模言語モデルを利用する際のプライバシー保護を強化するサービス「Private AI」の取り扱いを開始した。(2024/1/10)

あちらこちらに:
「箱型の授乳室」が600台を超えた 利用者データから分かってきたこと
哺乳瓶のイラストが書かれた木製のベビーケアルーム「mamaro」(ママロ)が増えてきた。特徴は、プライバシーが保たれた鍵付きの個室で授乳やオムツ替えができること。利用データの取得も可能なのだが、それによって何がわかってきたのか。(2023/12/30)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

Beeper、“Appleとのいたちごっこ”からの降板宣言 FTCは「精査する予定」
Androidから青いフキダシで「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」の開発元が、“Appleとのいたちごっこ”から抜けると宣言した。米連邦取引委員会はこの発表直後、「プライバシーやセキュリティを反競争的行為の口実にすることは拒否する」と語った。(2023/12/24)

ユーザー自身に選択権を:
「Tポイント」のパーソナルデータ取り扱いに関する「プライバシーセンター」開設
CCCMKホールディングスは2023年12月18日、パーソナルデータの取り扱いを分かりやすく説明して透明性を向上させることを目的に「プライバシーセンター」を開設したと発表した。(2023/12/19)

引き続きターゲティングと効果測定を可能にするために:
動き出すサードパーティーCookie廃止、GoogleがGroupMと立ち上げた準備プログラムの中身とは?
GroupMは、GoogleのWebブラウザ「Chrome」において2024年下半期に予定されているサードパーティーCookie廃止を見据え、Googleと共同で、プライバシーサンドボックスAPIを使用した業界初の準備プログラムを開始すると発表した。(2023/12/13)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

Teams使用状況レポート利用のTIPS
Microsoft Teams管理者はユーザーの何を見られるのか 「ユーザーアクティビティー」の正体
プライバシーを侵害せずに、企業がテレワーク中の従業員の生産性を把握したい場合、「Microsoft Teams」のアクティビティーレポートを利用するという手段がある。Teamsはどのような行動を計測しているのか。(2023/11/28)

個人情報流出のLINEヤフー、合併で対応求められる「11月問題」
約44万件の個人情報流出が明らかになったLINEは、10月1日付でヤフーなどと合併し、新会社「LINEヤフー」になった。これに伴い両ユーザーは、新会社のプライバシーポリシーへの同意が改めて必要となった。(2023/11/27)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第4回】
「iPhone」と「Android」端末、仕事用なら結局どっちがいい?
業務でモバイルデバイスを利用する場合、エンドユーザーのプライバシー保護は重要となる。「iOS」と「Android」が持つプライバシー機能の違いを見極め、どちらがより要件に沿っているのかを判断するポイントとは。(2023/11/26)

避けては通れない「BYOD」【後編】
iPhoneやAndroid端末を「BYOD」で仕事に使う プライバシーを守るには?
BYODを実践するときに避けて通れないのは、セキュリティに関するさまざまな懸念だ。モバイルOSのベンダーが提供する“ある機能”を参考にしつつ、その対策を考える。(2023/11/21)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第3回】
Android端末の「仕事用プロファイル」などプライバシーの便利機能
業務で「Android」搭載デバイスを利用する上では、さまざまな機能や仕組みをエンドユーザーのプライバシー保護に活用できる。プライバシー保護という観点から見た、Androidの役立つ機能とデメリットとは。(2023/11/19)

日本のプライバシーポリシー長すぎ? 1つ読むのに22分 X(Twitter)のものは「読みやすい」
日本の平均的なプライバシーポリシーは、読了に約22分かかり、日本人が1カ月に訪問する約96のサイト全てのプライバシーポリシーを読むには、35時間が必要になるという。(2023/11/14)

“プライバシーマーク認証団体”が情報漏えい 審査員が個人PCで書類保存、約3年間外部から丸見えに
個人情報の取り扱い体制について評価・認証する「プライバシーマーク制度」を運営する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、8月に発表したPマークの審査関連書類が漏えいした事案について、調査結果を発表した。(2023/11/13)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第2回】
iOSを仕事用にするなら考えたい「Apple製品はやはり安全なのか」
エンドユーザーのプライバシー保護は、「iOS」搭載デバイスを業務利用する上で欠かせない。iOSのプライバシー関連機能と、企業がiOSを扱う際の無視できない欠点を紹介する。(2023/11/12)

基本の徹底が重要:
大規模言語モデル(LLM)の思わぬリスクとは? セキュリティやプライバシーの懸念とその軽減策を解説
セキュリティ企業ESETは公式ブログで、大規模言語モデル(LLM)のセキュリティやプライバシー上の主なリスクを5つ挙げ、企業がこれらを軽減するためにすべきことを概説した。(2023/11/9)

NEWS Weekly Top10:
「11月からLINEがつながらなくなると聞きました」 オカンのメッセージに驚いて
先週のアクセストップは「10月中にLINEの新プライバシーポリシーに同意しないと、11月1日以降LINEが使えなくなる」という“うわさ”について確認した記事だった。この記事の執筆のきっかけは、母から10月29日に届いた、あるメッセージだった。(2023/11/6)

ふぉーんなハナシ:
11月1日以降も「LINE」を使うには“同意手続き”が必要? 方法を確認しておこう
LINEとヤフーが合併し、「プライバシーポリシー」が統一されました。11月1日以降、このポリシーに同意しないとヤフー/LINEのサービスが利用できなくなる恐れがあります。LINEアプリも例外ではないので、同意したかどうかを確かめる方法をチェックしましょう。(2023/10/31)

「同意しないとLINE使えなくなる」は本当か どうすればいいかLINEヤフーに聞いた
「LINEの新プライバシーポリシーに同意しないと、11月1日以降LINEが使えなくなる」といううわさが出ているが、真相は少し違った。(2023/10/31)

あなたは大丈夫? LINEが利用できない「11月問題」迫る プライバシーポリシーへの同意が必須
国内で9500万人のユーザーがいる無料通信アプリLINEのサービスが11月以降に利用できなくなる「11月問題」が、間近に迫っている。(2023/10/30)

あなたは大丈夫?  LINEが利用できない「11月問題」迫る プライバシーポリシーへの同意が必須
国内で9500万人のユーザーがいる無料通信アプリLINEのサービスが11月以降に利用できなくなる「11月問題」が、間近に迫っている。(2023/10/30)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第1回】
「iOS」と「Android」のどちらが“安心”なのかを決める条件
モバイルデバイスを業務で利用する上で、「iOS」「iPadOS」か「Android」のいずれを用いる場合でも、データの安全性やプライバシー保護は重要だ。適切なモバイルデバイスを選ぶには、何を見ればいいのか。(2023/10/28)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
iOS 17がメールマーケティングを殺す?
プライバシー保護の機運が高まる中、Appleのデータ収集方針に関する話題はマーケターの重要な関心事となっています。今回の無料eBookのテーマは「iOS 17」です。(2023/10/19)

新造の鉄道車両に防犯カメラ 「安全」見守り異常を察知、設置義務15日施行
新幹線の全路線と乗客の多い大都市圏の在来線が対象で、安全対策は強化される一方、プライバシー保護や維持管理コストの負担などの問題もある。不特定多数の人が利用する鉄道の安全は担保されるのか。(2023/10/16)

ぶいすぽっ!へ誹謗中傷を繰り返していた人物と事務所の示談成立 約120万円の賠償と記事の全件削除、今後の記事掲載禁止に
プライバシー侵害などもあったとのこと。(2023/10/13)

「ガルパン」公式X、最新作に登場の保育園めぐり「モデルとなった場所の撮影控えるよう」協力呼びかけ
「児童、保護者、職員の皆様のプライバシーを保護するため」としています。(2023/10/6)

GPT-4を2倍高速かつ無制限で利用可能に:
OpenAI、企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」を提供開始
ChatGPTを開発したOpenAIは企業用のAIアシスタント「ChatGPT Enterprise」のサービス提供を開始した。ChatGPT Enterpriseでの全ての会話は暗号化されるため、企業のプライバシーは保護されるという。(2023/9/13)

CFO Dive:
Microsoftが財務チーム向けの新たなAIツールをテスト中
Microsoftは企業の財務チームに向けた、新たなAIツールをテストしている。企業が抱えるデータプライバシーの不安をいかに取り除くのだろうか。(2023/9/11)

Google、サードパーティCookie廃止に向けて「関連性と測定API」一般提供開始
Googleは、2024年末のサードパーティCookie廃止に向けて、「関連性と測定API」の一般提供を開始した。また、ユーザー向けに新しい広告プライバシーコントロールもリリースした。(2023/9/8)

Social Media Today:
X(旧Twitter)、新プライバシーポリシーにユーザーの生体情報収集や公開データのAIトレーニングへの使用を明記
X(旧Twitter)の新たなプライバシーポリシーでは、公開データをAIのトレーニングに使うことなどが明記されている。(2023/9/4)

X(旧Twitter)、ユーザーの公開データをAIトレーニングに使うと改定ポリシーに明記
X(旧Twitter)は、9月29日発効の新プライバシーポリシーに、X上の公開データをMLやAIモデルのトレーニングに使うという条項を追加していたことがわかった。イーロン・マスク氏は「DMやプライベートなものは対象外」とポストした。(2023/9/3)

Meta、生成AIトレーニングからユーザーがデータ(の一部)を削除できるように
Metaは、プライバシーセンターに生成AIモデルのトレーニングデータに関する説明を追加した。また、「生成AIで使用されるサードパーティからの個人情報を削除」するためのフォームの提供を開始した。(2023/9/1)

X(旧Twitter)、ポリシー改定でユーザーの「生体情報」と「学歴や職歴」収集へ
X(旧Twitter)はプライバシーポリシーを改定し、「ユーザーが当社に提供する情報」に「生体情報」と「求人への応募/求人に関するおすすめ」という項目を追加することがわかった。(2023/9/1)

OpenAI、企業向け「ChatGPT Enterprise」提供開始 高速GPT-4でプライバシーも安全
OpenAIはMicrosoftの「Bing Chat Enterprise」と競合する企業向けAIチャットサービス「ChatGPT Enterprise」の提供を開始した。高速なGPT-4を利用でき、プロンプトやデータがトレーニングに使われることはない。(2023/8/29)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

Marketing Dive:
iOS 17でマーケターがまた涙目、さらなるプライバシー強化が広告に及ぼす影響は?
iOS 17では、「メール」「メッセージ」でアクセスされたリンクからURLトラッキングパラメータが削除される。これは、マーケターが施策の効果を計測する上で問題になりそうだ。(2023/8/17)

強みは透明性の高い設計プロセスとプライバシーの保護:
MozillaがMessaging Layer Security(MLS)プロトコルの準拠を発表
MozillaはMessaging Layer Security(MLS)プロトコルへの準拠を発表した。新しいMLSプロトコルは通信する際の機密性とプライバシーを確保し、グループコミュニケーションのための安全な環境を構築するという。(2023/8/7)

「Solid」が目指す新しいWeb【後編】
次世代Web「Solid」の基礎知識 「Webの父」が生んだその仕組みとは?
エンドユーザー主体のデータプライバシーやデータ所有権の保護を目指して、Web開発者のティム・バーナーズ・リー氏が提唱するWebアーキテクチャが「Solid」だ。その仕組みをざっくりと解説しよう。(2023/7/21)

トラッカーブロック、暗号化など:
DuckDuckGoのWindows用Webブラウザが登場、プライバシー保護機能を搭載
DuckDuckGoは、Windows用ブラウザのパブリックβ版を公開した。DuckDuckGo for Windowsにはトラッカーブロック、Cookieポップアップ管理機能などが追加された。(2023/7/14)

EUと米連邦政府、EUの個人データの米国内保有を認める新協定で合意
欧州委員会は、EU圏内の個人データの米国への転送に関するフレームワークを採択した。これにより、MetaやAmazonなどの米企業は一連のプライバシー義務を順守すれば個人データを米国内のサーバに保存できるようになる。(2023/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。