ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ソフトウェア開発だけじゃない「アジャイル」活用【前編】
ビジネスリーダーが「アジャイル」を生かす組織づくり 最初にすべきこととは?
マーケティング戦略の立案やCX向上などさまざまなビジネス活動に、アジャイルの考え方を生かすことができる。その推進役となるアジャイルチームを効果的に編成する方法とは。(2021/6/24)

SDGsと「ラバブル」な企業【第1回】:
SDGsとマーケティングと愛される企業の在り方を考える
本連載では経営とマーケティングの視点で見た「企業とSGDs」をテーマに、私たちの考えていることをお伝えします。(2021/6/23)

福岡銀行がFundsのクラファン経由で、“わざわざ”融資資金を集める理由
クラウドファンディングの世界に国内初の取り組みが現れた。6月22日、福岡銀行はクラウドファンディング事業を提供するFundsと組んで、「銀行の融資にクラウドファンディングを組み合わせ、非上場企業を中心にマーケティング付加価値を組み合わせた融資」を発表した。(2021/6/22)

9行が利用するマネー管理アプリ「Wallet+」取り扱い貯蓄預金残高、400億円を突破
ふくおかフィナンシャルグループは子会社であるiBankマーケティング(福岡市)が運営する銀行公式アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」において、貯蓄預金の残高が400億円を突破したと発表した。(2021/6/22)

SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
企業のSNSアカウントの運用やインフルエンザ―マーケティングを手掛けるサイバーバズの子会社が、デジタルマーケティングのスキルを持った人材に特化した転職エージェントサービスを始めた。業界初だという。(2021/6/21)

飲食店を科学する:
商圏内で敵なし!? 「スマホでケンタッキーフライドチキンを検索」に隠された戦略
ケンタッキーフライドチキンが絶好調。看板商品のブラッシュアップや、マーケティングが成功した。一方、著者は「スマホでKFCを検索」にある戦略が隠されていると指摘する。(2021/6/21)

日本で次にバズる動画は?:
サンリオ公式YouTuberを生んだ「YouTube作家」が指南 動画マーケの勝ち筋
YouTube作家という仕事を知っているだろうか?YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツを中心にクライアントの要望に合わせて企画立案、動画撮影や制作、データ分析などを担う。データ分析を強みとするYoutube作家が、企業が動画マーケティングを始めるときに意識すべき点や次に日本でバズる動画を先取りする方法を解説する。(2021/6/18)

三井住友海上、自社のデータ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用
三井住友海上火災保険は、同社の全社データ基盤に「Teradata Vantage on AWS」を採用した。分散したデータを一元化し、AIによる顧客ニーズの予測分析や、保険商品の保険料率の検証、マーケティングなどに活用する。(2021/6/18)

ゲームの個人開発者が細かいこと気にせず広告出してみた結果→大赤字になった実録漫画がためになる
開発もマーケティングも全部独りでやる難しさ。(2021/6/18)

今日のリサーチ:
「誰得営業」の実態とは?――ネオマーケティングとBaseconnect調査
営業活動で嫌な思いをしたことのある営業担当者は8割超。営業を受けて「良かった」と答えた生活者はわずか3割。(2021/6/17)

独投稿数などをもとに選定:
2021年上半期「インスタ流行語大賞」 3位「骨格タイプ」、2位「お疲れサマンサ」、1位は?
マーケティング支援を手掛けるパスチャー(東京都港区)が「2021年上半期インスタ流行語大賞」を発表した。1位を獲得したのは?(2021/6/16)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

埼玉発 “新生西武園” 昭和テーマが好評 USJ再建の立役者とタッグ
改装でタッグを組んだのは大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復に導いた森岡毅氏が率いるマーケティング会社の刀だ。(2021/6/15)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
今さら聞けない「ウェビナー」の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ウェビナー」です。(2021/6/14)

デジタル販促戦略の現在:
湖池屋が仕掛けるデジタル販促戦略 28日間で1日平均3.4万リツイートを達成したキャンペーンの要点は?
湖池屋は、Twitterを活用した新商品の販促に力を入れている。「湖池屋プライドポテト」のプレゼントキャンペーンでは、テレビCMとTwitter、Webを連動させて、28日間で1日平均3.4万リツイートを達成し、売り上げにも貢献した。マーケティング本部広報部広報課の堀崎知穂氏にデジタル販促の戦略について聞いた。(2021/6/17)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
コロナ後の小売業の新潮流「BOPIS」とは何か(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「BOPIS(オンラインで購入して店舗で受け取り)」です。(2021/6/7)

調査で判明:
Z世代が普段利用するSNS 「Instagram」や「Twitter」を抑え1位になったのは?
ネオマーケティングが、全国の15〜41歳の男女995人を対象とした「Z世代・ミレニアル世代のリアル」調査を実施した。(2021/6/5)

日本のインターネット広告の礎を作った立役者:
横山隆治氏がCCCマーケティングのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
企業のDXに寄与し、マーケティング課題解決から経営戦略の策定を支援。(2021/6/4)

全部オンラインの企業に聞く:
新卒採用のオンライン化、デメリットも明らかに どう解決したのか
デジタルマーケティングを展開するメンバーズが、採用活動をフルオンライン化。どんなメリットとデメリットが分かったのか。(2021/6/4)

業界トップランナーが語る:
PRTech最前線 コロナ禍で加速する広報DXとどう向き合うべきか
発展目覚ましいPRTech市場。背景には、企業の広報・PR活動に対する意識の変化がある。ITmedia マーケティング編集長も登壇した日本マーケティング学会リサーチプロジェクト合同研究報告会のハイライトを紹介する。(2021/6/3)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル上で新規見込み客を獲得し、コンバージョン率、営業効率を最大化するために不可欠なのがマーケティングオートメーション(MA)ツール。「HubSpot」「BowNow」「Salesforce Pardot」が、前月と比べて顧客ドメイン数を伸ばしました。(2021/6/1)

「n=1」から始める深いインサイト発見:
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」 大ヒットを確信させたマーケティングリサーチの舞台裏
アサヒビールのマーケティングチームは話題の「泡の出る缶」を市場に投入するに当たり、どのように消費者の声を聞いてきたのか。マーケティング担当者と調査を担当したマクロミルに、開発の過程で実施した定性調査・定量調査の裏側を聞いた。(2021/5/27)

PR:製品開発でのデータ活用、需要予測の心得をマーケティングの専門家に聞いた
マーケティングの分野において、正確な需要予測は事業成功の鍵を握るといっても過言ではない。ツールを使った需要予測を、より効果的に活用するために何ができるだろうか。(2021/5/28)

レストランの認知度調査 「吉野家」や「スシロー」を抑えて1位になったのは?
マーケティングリサーチ事業を展開するRJCリサーチがLINEユーザーを対象にレストランチェーンのブランド浸透度調査を実施した。(2021/5/22)

マッチングアプリ「Omiai」で171万人分の会員情報流出 ネットの反応は?
ネットマーケティング(東京都港区)は5月21日、同社が運営するマッチングアプリ「Omiai」にて、171万人1756件の会員情報が流出したと発表した。流出したのは、年齢確認審査用に提出された身分証明書の画像データ。(2021/5/21)

マッチングアプリ「Omiai」に不正アクセス 免許証など本人確認書類の写し約171万件が流出した可能性
ネットマーケティングが、婚活マッチングサービス「Omiai」の情報を管理するサーバに不正アクセスを受け、年齢確認に利用した免許証やマイナンバーカードの画像など171万1756件の画像が流出した可能性があると発表した。(2021/5/21)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「非対面営業」の現在地(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「AI経営のマーケティング」です。(2021/5/21)

デジタルマーケティングのアプリストアを目指す:
「Cloud CIRCUS」がマーケティングツール10製品のIDを統合
7月に合併して社名をブランド名と同じ呼称(クラウドサーカス)に変更する予定のスターティアラボとMtameが、提供するマーケティングツールのIDを統合。(2021/5/20)

「デジタルマーケティング強化施策」を一括提供へ インキュデータとインフォマティカ
CDPを得意とするインキュデータはインフォマティカと協業し、企業のデジタルマーケティング実践に必要なIT基盤と仕組みをフルセットを提供する体制を整える。(2021/5/19)

「LINE BIZ DAY 2021」まとめ:
LINEのマーケティング活用最新事情 OMO(店頭×デジタル)、ミニアプリ、MaaS他
深い顧客理解の鍵はLINEの活用にあり。「LINE BIZ DAY 2021」で発表されたLINEの現状と新サービスの概要をまとめた。(2021/5/17)

モノを広めるときに必要な手法を成功事例から選べる:
ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディングなど、自社に合った広める手法を事例から選べる新サービス。(2021/5/14)

「鬼滅の刃」を超える勢いのテレビアニメは? 視聴傾向を分析
鬼滅の刃」を超える勢いのあるアニメは? CCCマーケティングが運営するソレユケテレビ探偵団が、アニメ「呪術廻戦」を対象にテレビ視聴を分析した。(2021/5/14)

アクセンチュアと合弁会社を設立:
資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会社を7月に設立する。その背景を資生堂社長兼CEOの魚谷雅彦氏が記者発表会で語った。(2021/5/12)

肌診断の履歴データなどを分析:
資生堂、アクセンチュアと合弁会社設立 デジタルマーケ戦略を強化
資生堂は5月11日、アクセンチュアと合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー」を7月に設立することを合意したと発表した。新会社は、資生堂およびそのグループ会社にデジタルマーケティング業務とデジタル・IT関連業務を提供する。(2021/5/11)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「AI経営のマーケティング」です。(2021/5/10)

独特な日本市場:
黒船来航! 「ゴロゴロしながら英語が学べる」アプリが、わずか7カ月で新規DL数を2.5倍に伸ばしたワケ
「ゴロゴロしながら英語が学べる」語学学習アプリ、Duollingo。世界で多くの人が活用しているが、日本版の担当者は1人のみ。2020年8月に着任した、Duolingo Japan Country Manager 水谷翔氏だ。そんな中でも、水谷氏が主導するマーケティング活動により、わずか7カ月で新規ダウンロード数は2.5倍に増えたという。詳しい話を聞いた。(2021/5/10)

調査で判明:
ワーケーション実施者の4割が「隠れワーケーター」 観光業界にも明るい兆し?
クロス・マーケティングと山梨大学の研究グループは、直近1年間にワーケーションを実施した1000人を対象に行った「ワーケーションに関する調査」の結果を発表した。(2021/5/8)

プロダクトアウトからプロダクトグロースへ:
セールスフォース×Snowflake×Amplitude 日本法人のキーパーソンが「グロースマーケティング」を語る
顧客の行動を理解し、的確な目標・指標を設計して高速に施策を繰り返す「グロースマーケティング」。これを実践する上で何が必要なのか。識者が語った。(2021/5/6)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Salesforce Pardot」「Hubspot」「Marketo Engage」など海外MAツールが顧客ドメイン数の上位を独占しています。(2021/5/4)

コロナ禍でもヒットした映画「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 ヒットの要因は?
 映画館で観(み)たいと思う映画は「元より好きな作品」や、「感動を与える作品」であることが、デジタルマーケティングを手掛けるGEM Partners(東京都港区)の調査で判明した。(2021/4/24)

PR:マーケター必読! マーケティングにおける動画活用が失敗する理由と、成功に導くポイントは?
(2021/4/27)

電気自動車、音声SNS……21上半期のマーケティング・消費・技術のトレンド予測、注目のキーワードは?
2021上半期は、どんなキーワードが注目されたのか。前回調査と比べて将来性スコアが最も伸びたのは?(2021/4/20)

アドビ流データドリブン経営への道【最終回】:
アドビの継続的成長を支える武器「DDOMダッシュボード」を公開
この連載もいよいよ最終回。今回は、アドビで実際に活用しているダッシュボードを見ながら、マーケティング、営業、そして私たちGTM(Go To Market)チームがどのようにデータドリブン戦略を実践しているのかを紹介しましょう。(2021/4/19)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
ECで稼ぐ企業は何を重視しているのか(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「EC企業のCRM」です。(2021/4/16)

副業を行っている人も:
21%が在宅勤務中に「YouTube閲覧」の経験あり 業務の生産性に変化はあった?
Webマーケティング支援などを行うSheepDogが「在宅勤務での業務効率に関してのアンケート」を実施。在宅勤務中に業務以外のことをしたことはあるか尋ねたところ、20.67%が「YouTubeなどの動画閲覧」をしたことがあると回答した。(2021/4/14)

マッチングアプリのOmiai、23歳以下を期間限定で「3カ月500円」に コロナ禍での出会いに商機
「Omiai」を運営するネットマーケティングは、期間限定で「U23応援!ワンコインキャンペーン」を実施する。(2021/4/12)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年4月)
「Salesforce Pardot」「Hubspot」「Marketo Engage」など海外MAツールが上位を独占。国産ツールでは新興勢力の「BowNow」が健闘しています。(2021/4/6)

リピート促進と解約防止:
「Cloud CIRCUS」にカスタマーサクセス管理ツール「Fullstar」を追加 無料プランも提供
デジタルマーケティング関連SaaSツール群「Cloud CIRCUS」にカスタマーサクセスマネジメント(CSM)ツールの「Fullstar」が加わった。(2021/4/5)

アドビ流データドリブン経営への道【第3回】:
マーケティングと営業を束ねてカスタマージャーニー全体を見るチームが必要な理由
アドビが実践するデータドリブン経営について詳しく解説する連載。3回目のテーマは組織体制です。(2021/4/5)

今日のリサーチ:
コロナ禍でのB2Bマーケティング 評価指標の上位5項目中4項目は営業活動関連――帝国データバンク調査
評価指標と組織体制、データ活用の実態について。(2021/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。