ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

Marketing Dive:
「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポーツ文化に影響を与えてきた。今後どちらが優位に立つのだろうか。(2022/6/30)

ポストコロナの企業を救う「マーケティングDX人材」の育て方:
「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化させる必要に迫られています。しかし、現実にはマーケティングDXを推進する人材の不足が、多くの企業の共通課題となっています。(2022/6/28)

採用活動に求められる「マーケティング・PR」の視点:
採用活動とは「マーケティング」である
ここ数年でデジタルシフトが加速し、採用活動の在り方も大きく変わりつつあります。これからの時代における採用活動で重要なポイントとなるのが「マーケティング・PR」の視点です。(2022/6/28)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「マクドvsバーキン」です。(2022/6/24)

富士通の「デジタルセールス」:
富士通のような大企業にインサイドセールスが必要な理由
マーケティングが収益に貢献しようと考えたとき、セールスプロセスの革新は欠かせない。カギを握るのがインサイドセールスだ。データを起点に組織が一丸となったデジタルセールスの在り方とはどのようなものか。第一人者が解説する。(2022/6/23)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【中編】
マクドナルドがBTSとコラボした“深い理由”
デジタルチャネルの充実は、企業のマーケティング方針を大きく変え始めている。McDonald'sが進めたアーティストとのコラボレーションも、こうした変化を意識した取り組みだという。どういうことなのか。(2022/6/22)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 『SPY×FAMILY』『井上 vs ドネア』は何位にランクインした?
デジタルマーケティングなどを提供するGEM Partners(東京都港区)が「配信サービス視聴者数ランキング」(6月4〜10日)を発表した。1位はアニメ『SPY×FAMILY』(238ポイント)で、7週連続で首位を獲得した(2022/6/16)

ユーザベースの事例:
トップ営業が必ず聞く「3つの質問」 6カ月間で成果ゼロの営業社員が真似した結果は?
「売れる営業」とはどういう営業を指すのか? ユーザベースでマーケティングプラットフォーム「FORCAS」のセールスを統括する田口拓也氏は「6カ月間で成果ゼロ」の新人営業を育成する中で、トップ営業が商談で必ず聞く「3つの質問」に気付いた。(2022/6/14)

Sitecoreペイジ・オニール氏インタビュー:
「顧客体験のためのツール」を提供する会社でCMOを務めるということ
SitecoreでCMOを務めるペイジ・オニール氏はIT業界で25年近くマーケティング上級職を歴任し、女性役員がほぼいない頃からCMOを務めてきた。既存のロールモデルに縛られず、自分らしいリーダーシップ像を見つけるまでに歩んできた道のりとは。(2022/6/14)

プロダクト主導型組織の作り方:
マーケティングとカスタマーサクセス、エンジニアリングをどうつなぐ?
プロダクト主導型組織に「サイロ化」はありません。「共通のデータ」「共通言語」「共通の成功の定義」をハブに各部門はどう連携するのでしょうか。(2022/6/10)

クロス・マーケティング調べ:
2022年の夏は「泊りがけの旅行に行きたい」が7割 楽しみたいことは?
夏を前に、人々の旅行に対する意識は変化しているのか。ネットリサーチ事業を行うクロス・マーケティング(東京都新宿区)が、今夏の旅行に関する調査を実施したところ、7割が「泊りがけの旅行に行きたい」と回答した。(2022/6/9)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「メタバース」超入門――取りあえず要点を知るために
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「メタバースとは何か?」です。(2022/6/9)

今日のリサーチ:
マーケターの6割が1日1時間以上をレポーティングに費やす――イルグルム調査
Webマーケティングにおけるデータ活用・DX推進についての調査です。(2022/6/8)

CCCマーケティング調べ:
よく知られている「祭り」 3位「阿波おどり」、2位「さっぽろ雪まつり」、1位は?
国内の主要な18の祭りに関する認知・参加意向を調査。CCCマーケティングが全国の20〜60代の男女8739人を対象に実施。(2022/6/8)

「売って終わり」から「もう一度」に:
花王、マスマーケティングからの脱却狙う 新部署設置1年で見えてきた「課題」とは
化粧品・日用品などに多くのブランドを擁する花王は、2021年1月に大規模な組織改編を実施、DX戦略推進センターを新設した。同センターの目的は、デジタルデータを活用したカスタマーサクセスの実現だ。顧客を成功体験に導く花王の手法、そして見えてきた課題とは?(2022/6/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/7)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 5週連続で1位を獲得したアニメは?
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は、「定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング」(5月21〜27日)を発表した。1位は「SPY×FAMILY」(1256ポイント)となり、5週連続で1位を獲得した。(2022/6/6)

TechTarget発 世界のITニュース
Salesforceによるマーケティングと顧客サポートの新機能は何がすごい?
Salesforceは、カスタマーサポートツールとMA(マーケティング自動化)ツールの新機能を発表した。GoogleとGenesysの提携によるデータの統合や、機械学習を活用した機能とは。(2022/6/2)

ライカとパナソニック、協業拡大 投資・開発・マーケティングの共同展開で提携
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、独ライカカメラとの連携強化を発表した。共同投資、共同開発、共同マーケティングの3分野で業務提携を結ぶ。(2022/5/31)

動画バブル時代のマーケティングメソッド【最終回】:
セールス・マーケティングのための動画活用 注目の施策と新たな課題を理解する
企業が「際立った存在」であるためには際立ったオウンドメディアと際立ったコンテンツが必要です。B2Bにおける動画活用という視点では、どのような選択肢があり得るでしょうか。(2022/5/30)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(後編):
【特別寄稿:後編】改正宅建法が施行!不動産業界のデジタルシフトは実現するか?
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/30)

ソニー、Xperia Viewと対象Xperiaの購入で1万円キャッシュバック
ソニーマーケティングは、Xperia ViewとXperia 1 IV/Xperia 1 III/Xperia 1 II購入で1万円をキャッシュバックするキャンペーンを開催。Xperiaは国内通信事業者モデル、SIMロックフリーモデルが対象となる。(2022/5/28)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイティブの本質は何なのかを解説します。(2022/5/25)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Netflixのビジネスモデル」です。(2022/5/24)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得する「際立った存在」になる――。そのための動画活用はどうあるべきでしょうか。(2022/5/23)

あの会社のこの商品:
シリーズ10万台も売れた! 「おりょうりケトル ちょいなべ」誕生のきっかけは?
パッと見たところ電気ケトルなのに調理も可能なモノが、この数年間でいろいろ登場している。先鞭をつけたのは、シロカの「おりょうりケトル ちょいなべ」。調理家電で新ジャンルを確立したこの商品は、なぜ生まれたのか? 同社の開発担当者とマーケティング担当者に話を聞いた。(2022/5/20)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新しい方法論としての「運用型クリエイティブ」についてお伝えします。(2022/5/18)

求めるのは双方向のライブ配信:
Z世代の75.2%がライブ配信で商品購入 YouTube視聴きっかけが最多
デジタルマーケティングを手掛けるCandee(東京都渋谷区)は、Z世代のライブ配信視聴層の購買に関する調査を実施した。75.2%が、ライブ配信を通し商品・サービスを購入した経験があることが分かった。(2022/5/16)

工場ニュース:
ブラザー工業がインドに新会社を設立、工作機械のサービス体制を強化
ブラザー工業は、インドのベンガルール市に新会社「BROTHER MACHINERY INDIA PRIVATE LTD.」を設立した。インドでの工作機械のアフターサービス、テクニカルサポート、マーケティングを強化していく。(2022/5/16)

“不動産テック”を阻む諸課題とその対応策(前編):
【特別寄稿:前編】アドビ独自の業界別調査から見えてきた“不動産テック”の実態
本連載では、アドビが独自に実施した調査データを踏まえ、不動産業界での業務のデジタル化に立ちはだかる現状の課題を整理し、宅建法改正を受けて業務がどのように変わっていくのかを、アドビ デジタルメディア ビジネスマーケティング執行役員が前後編に分けて解説します。(2022/5/16)

機能拡充を実施:
カイロスマーケティング、「Kairos3」のSFA機能を単独提供開始
もともとマーケティングオートメーションツール「Kairos3」のオプション機能として提供していたSFA機能を単独で使えるよう、サービスメニューを変更した。(2022/5/12)

Cookieに関する問い合わせが増加:
マーケターの6割超が改正個人情報保護法を懸念する一方、うち対策済みは2割程度
改正個人情報保護法について、62.8%のマーケターが自社のデジタルマーケティング活動への影響を懸念している一方で、何らかの対策を既に実施しているマーケターは22.3%にとどまる──こうした結果が、LiveRamp Japanの調査で判明した。(2022/5/12)

CCCマーケティング調べ:
今後取り組みたいスポーツ 「ウォーキング」「筋トレ」「ヨガ」が上位に
CCCマーケティング(東京都渋谷区)が手掛ける「CCCマーケティング総合研究所」は、スポーツの実施状況とスポーツ観戦・視聴について調査を実施した。スポーツ・運動の実施率は、この1年で51.9%から58.3%に増加した。(2022/5/11)

今日のリサーチ:
「統計学」「マーケティング」が人気――エン・ジャパン「身につけたいITスキルや知識」に関する調査
これから学びを実践予定の社会人549人に聞いた注目のITスキルは?(2022/5/11)

エン・ジャパン調べ:
今後学びたいITスキル・知識 若手は「マーケティング」「プログラミング」が人気
企業がDXを推進するのに伴い、IT関連スキルが注目されている。今後身につけたいITスキルは「統計学的知識」が最も多く42%だった。年収1000万以上では「AIなど先端技術の知識」の回答が多かった。(2022/5/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/10)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
“残念企業”がやっぱり知らない「Twitter」「Instagram」「TikTok」運用術
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「愛される企業のSNS活用」です。(2022/5/12)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
B2B動画マーケティング 「オウンドメディア」だからこそできること
マーケティングファネル全体で動画を活用するならば、YouTubeやSNSだけでなくオウンドメディアの活用が不可欠。これはとりわけB2Bにおいて重要です。(2022/5/9)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 4月第4週の1位は「SPY×FAMILY」 初の首位獲得
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は、「定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング」(4月23〜29日)を発表し、1位は「SPY×FAMILY」(162ポイント)となった。(2022/5/7)

新聞とテレビの接触データを連携:
読売新聞東京本社がSMNと協業し、広告業に進出
読売新聞東京本社は、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNと、デジタルを軸とした広告ビジネスで協業する。(2022/5/2)

「10代人気女優」ランキング “めるる”を抑え「芦田愛菜」が1位、上位の顔ぶれは?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクトは、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『10代女優人気ランキング』を発表した。1位は「芦田愛菜」、2位は「生見愛瑠」(めるる)だった。(2022/4/30)

「イケメンおじさん俳優人気」ランキング “キムタク”を抑え「反町隆史」が1位 上位の顔ぶれは?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクトは、自社が運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で『イケメンおじさん俳優人気ランキング』を発表した。その結果、1位は「反町隆史」だった。(2022/4/30)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

機材・ネットトラブルを上回る:
リアクションが薄い営業担当者は要注意! 悪印象につながるオンライン商談の特徴
オンライン商談で相手の印象が最も悪くなる場面は「相手がリアクションをあまりしてくれなかったとき」──マーケティングリサーチやイベントの企画運営を展開するone(新宿区)がB2Bの新規営業を行うビジネスパーソンを対象に行った調査で、このような結果が出た。(2022/4/28)

今日のリサーチ:
改正個人情報保護法がデジタルマーケティングに影響 60%以上のマーケターが懸念――LiveRamp Japan調査
懸念はあれど「対策なし」では、何も変わりません。(2022/4/27)

Samsung、防水防塵設計のUSB 3.2外付けポータブルSSD
ITGマーケティングは、Samsung製となる防水防塵設計のUSB外付けポータブルSSD「Samsung Portable SSD T7 Shield」の取り扱いを発表した。(2022/4/27)

ゴルフダイジェスト・オンライン、行動分析ツールでマーケティング基盤を強化 顧客の変化に素早く対応
ゴルフダイジェスト・オンラインは、ゴルフ専門ポータル「GDO」のマーケティング強化を狙い、行動分析ツール「Amplitude」を活用して、CDPからマーケティングオートメーションまで連携したプラットフォームを構築。DMのコンバージョン率が180%アップするなどの効果を実証した。(2022/4/27)

今日のリサーチ:
マーケティングDXに取り組む企業は約9割、成果が出ている企業は6割に伸びる――電通調査
顧客体験変革、システム変革、データ・人材変革、組織・業務変革、それぞれの進ちょく度は?(2022/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。