ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Marketing Dive:
アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する動画で、クリエイティビティーを「押しつぶさない(#UnCrush)」と約束した。(2024/5/18)

今日のリサーチ:
電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホでのコミュニケーションにテキストを使用する割合が通話を上回りました。(2024/5/18)

顧客データの一元管理と可視化を実現:
コネクティ、「CONNECTY CDP」にアンケートとレポート機能を追加
コネクティは、データ統合マーケティングツール「CONNECTY CDP」において、顧客の行動・感情・思考・意思決定などの把握に有効なアンケートとレポートの機能を公開した。(2024/5/16)

投稿分析からUGC解析、インフルエンサー発見までワンストップで:
ホットリンクがInstagramマーケティングの効果を最大化する分析ツールを提供
ホットリンクは、Instagramのデータを可視化し、マーケティング効果を最大化する分析ツールの提供を開始した。(2024/5/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ファンマーケティングは買わせるマーケティングではない
近年、「ファンマーケティング」や「コミュニティマーケティング」という言葉を聞く機会が増えているが、「既存顧客に買わせるためのマーケティング活動」になっている場合は注意が必要だ。(2024/5/16)

「ITツール、どう選んでいる?」:
PR:「ITツール、どう選んでいる?」 導入担当者に聞く、製品選定のリアル 積極的に目を通す“モノ”とは?
企業がITツールを新しく導入するとき製品を選ぶ基準は何か、導入担当者はどのようなことを考えているのか――自社製品をユーザー企業に届けるマーケターにとって、こうした情報はマーケティング戦略を考えるうえで重要な情報になります。(2024/5/15)

売上は2桁増:
43年続く「リアルゴールド」 データを駆使した日本コカ・コーラのリブランド戦略
時代の変化を受けて、リブランドを進めているのがエナジー飲料「リアルゴールド」だ。アーティストYOSHIKIや『キングダム』などのアニメとコラボし、5200万ダウンロードを突破したアプリ「Coke ON」によって緻密なマーケティングを試みている。(2024/5/14)

Googleビジネスプロフィールの運用を効率化:
生成AI機能を搭載したMEOツールと運用代行サービス LMG子会社のジソウが提供開始
特に店舗型ビジネスを展開する企業・団体に適したSNS+αのマーケティング支援として、MEOツール・運用代行サービスを提供開始。(2024/5/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マーケティングファネルの誤解、必要なのはチューニング力
多くのマーケターが業務で活用する伝統的な「マーケティングファネル」を用いて、優先的に取り組むべき「効く施策」と、優先順位の低い施策が商品カテゴリーによって異なることを説明する。(2024/5/9)

文末が「。」だと威圧感がある? 男女500人に“マルハラ”について調査 マーケ支援会社が発表
文末が「。」だと威圧感があるか?──マーケティング支援事業を手掛けるフォーイットは、「マルハラ」と呼ばれる現象に関する調査結果を発表した。(2024/5/8)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/5/7)

「ビデオポッドキャスト」の全て【後編】
「ビデオポッドキャスト」を“プロ級”に仕上げる制作方法の基本とは
ポッドキャストに視覚的な要素を加えた「ビデオポッドキャスト」は、企業のマーケティング活動にも活用することが可能だ。ビデオポッドキャスト用の動画制作の基本を紹介する。(2024/5/5)

顧客会員データと購買データを活用:
顧客の応募可能性をレシートで分析 読売新聞が新たな販促キャンペーンサービスを提供
システムインテグレーターのビーマップと同社子会社のMMSマーケティングは、読売新聞東京本社とデータ連携した新たな販促サービスを提供する。(2024/5/3)

ヒット記事ダイジェスト:
D2Cはオワコンなのか 多くのブランドが淘汰された背景に“闇深い”事情【マーケターがいま読むべきヒット記事3選】
個人情報保護やサードパーティCookie規制に加え、目まぐるしいスピードで移り変わるトレンド………。マーケティングはどんどん複雑化し、継続的な新規顧客の獲得や、ファン育成の難易度が増しています。今回は、マーケターが今抑えるべきトレンドを紹介した人気記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2024/5/3)

20〜60代の2割超が「預貯金していない」 毎月自由に使える金額はいくら?
ロイヤリティ マーケティングが調査結果を発表した。(2024/5/3)

デジタルマーケティングの初期から運用、拡大フェーズまで伴走:
TOPPANとデータX、中堅企業向けデジタルマーケティング支援で協業
TOPPANとデータXは、中堅企業を対象としたデジタルマーケティング支援領域のデータ基盤構築、運用と販売活動で協業を開始した。(2024/5/2)

店頭での買い物 若者層がシニア層より困る割合が高いことは?
店舗集客や販促を目的とした企業のOMOアプリの開発やマーケティング支援を手掛けるアイリッジは「店頭お買い物体験に関する調査」を実施した。店頭の買い物で困ったことの1位は「レジ待ちの長さ」で、特に高齢男性に苦手な人が多かった。(2024/5/1)

Go AbekawaのGo Global!〜アンドリューさんFrom米国(後):
若者が今、経験していることは私たちが経験したものとは違っている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も前回に引き続き、Clarisでプロダクトマーケティングとエバンジェリズム担当ディレクターとして活躍するAndrew LeCates(アンドリュー・ルケイツ)さんにお話を伺う。引退を考える年齢になった現在においても、アンドリューさんは学びを止めない。その力の源は何なのか。(2024/5/1)

Go AbekawaのGo Global!〜アンドリューさんFrom米国(前):
「Apple II」に「Lisa」、そして「Macintosh」 私の青春はAppleとともにあった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はClarisでプロダクトマーケティングとエバンジェリズム担当ディレクターとして活躍するAndrew LeCates(アンドリュー・ルケイツ)さんにお話を伺う。昔からオタク気質で、朝から晩までコンピュータをいじっていたアンドリューさんが「データベース」に魅了されたきっかけとは。(2024/4/30)

今日のリサーチ:
「気候危機」に対する理解 日本は米国の3分の1
SDGsプロジェクトはTBWA HAKUHODOのマーケティング戦略組織である65dB TOKYOと共同で、「気候危機」に対する日英米の生活者の意識・行動について、定量・定性調査から得られた生活者の声を分析し、行動変容を促すヒントをまとめました。(2024/4/25)

日本のマーケティング最前線:
“勝ち手法”だった「インフルエンサーマーケ」 急激に失速した2つの要因
D2Cの“勝ち手法”だった「インフルエンサーマーケティング」が急激に失速した。「D2C」を取り巻く市場は厳しい中、企業は従来の「インフルエンサーマーケティング」の認識をアップデートする必要がある。(2024/4/23)

マーケティング効率化の基礎知識を学習
マーケティングオートメーション(MA)を学ぶための学習コース6選
マーケティング活動におけるMAツールの使用と技術の理解はもはや必須のスキルになりつつある。Linkedinやコーネル大学、Courseraなどが提供する主要なマーケティング施策の学習コースを6つ紹介する。(2024/4/23)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端のブランドはどうしているのか。今回の無料eBookのテーマは「コカ・コーラの生成AI活用」です。(2024/4/22)

今日のリサーチ:
ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパンはジェンダーレス消費の実態をメンズコスメ市場の動向から検証しました。(2024/4/19)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(14):
製造業のマーケティング担当者必見、「サプライヤーの探し方と選定基準」の本音
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第14回のテーマは「メーカー開発設計者に聞いたサプライヤーの探し方と選定基準」だ。(2024/4/26)

少数派の意見が大きな市場に:
「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した。見過ごされがちな少数派の意見から、顧客企業にとっての新しい市場機会を創出する。(2024/4/18)

メンズコスメ市場、男性の「カラーリップ」売上が前年比2割増に
カタリナマーケティングジャパンは、「メンズコスメ」の展開に注目し消費行動の実態をまとめた。男性の「カラーリップ」の伸長率が前年比19%増、ファンデーションは15%増と大きく伸長していることが分かった。(2024/4/18)

AIを活用したマーケティングを次の段階へ:
Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、反復作業の自動化、そして全く新しいアイデアの創出など、AIを活用したマーケティングをさらに発展させる狙いがある。(2024/4/18)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
「マーケ課題の優先順位を付けられない」「社内でフィードバックをもらえない」 マーケターの悩みQ&A12選
トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」、最終回はマーケターの12のお悩みにQ&A方式で回答していきます。(2024/4/17)

今日のリサーチ:
「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結果です。(2024/4/15)

「特定のマーケティングタスクの100%を処理できる可能性」:
生成AIが2029年までにマーケティングの生産性を40%以上向上させる IDC予測
IDCは生成AI(人工知能)に関する予測結果を公開した。それによると、生成AIを企業のマーケティングタスクに適用すると、生産性が40%以上向上するという。(2024/4/15)

4月入社の新入社員、2割がすでに「転職意向あり」 その理由は?
Hagakureの運営するWebマーケティングスクール「デジプロ」は、2024年4月入社の新入社員を対象に「転職とリスキリングに関する意識調査」を実施した。その結果、入社時点ですでに転職を考えている人が約2割いる一方、自身のスキルアップなどを目的とするリスキリングは、34%が「全くしていない」と回答したことが分かった。(2024/4/13)

“みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた
初日に行われた報道陣向けの発表会では、クラップハンズの八木宏之氏(プロモーションディレクターや、Metaのピエール・キャン氏(Reality Labs 日本マーケティング統括)が登壇し、アルティメット スイング ゴルフの魅力やMeta Questとスポーツタイトルの相性の良さを紹介した。(2024/4/12)

Marketing Dive:
ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショーケースになりそうだ。(2024/4/12)

第一弾はスズキのバイク:
J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始した。リスナーのロイヤリティー向上が目的。(2024/4/12)

サステナブル設計:
パナソニックが再生家電を売る理由、サーキュラーエコノミーだけが目的ではない
パナソニックは、IoTの活用などにより家電販売の新たなマーケティング施策を進める「新たな商売の基準」の進捗状況とともに、同日から本格的に販売を開始するパナソニック検査済み再生品(1年保証付き)「Panasonic Factory Refresh」について説明した。(2024/4/11)

充実したダッシュボードを提供:
「Ponta」運営のロイヤリティ マーケティングがマーケティングBI構築サービス「COM-BI」を提供開始
ビッグデータの分析技術を有するデータアナリストが、企業が保有するデータを整形・分析して可視化するサービス。(2024/4/10)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
「マーケを学んだが、実践で使えない」 不足する“リアリティー”を磨く生活習慣術
マーケティングの基礎学習を重ねても、「なぜか実践で使えない」という事態に陥ることはよくある。その理由は「リアリティーの不足」にある。リアリティーを磨くために日常でできる習慣を紹介する。(2024/4/10)

“アクセンチュア流”画像生成AIの使い方 アドビと共同開発
アクセンチュアがアドビの画像生成AI「Adobe Firefly」を自社のサービスに組み込む。企業のマーケティングへの活用を想定しているようだ。何ができるようになるのだろうか。(2024/4/9)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(2):
「設計者はなぜCAEを煙たがるのか」を考察し、広がりを阻害する壁を取り除く
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第2回では、マーケティング手法のチカラを借りて、CAEが広まらない理由を考察する。(2024/4/8)

効率的な制作ワークフローを実現:
マーケティングチームのための生成AIアプリケーション「Adobe GenStudio」でできること
Adobe会長兼CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏が「マーケティングチームのために開発された生成AIファーストのアプリケーション」として紹介したのが「Adobe GenStudio」。コンテンツサプライチェーンを包括的にカバーする注目の新製品だ。(2024/4/6)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
意識高い企業のマーケティングはなぜ失敗するのか?(無料eBook)
ブランド構築とパーパスを結び付けることは近年の大きなテーマでした。しかし、言うは易く行うは難しが現実。今回の無料eBookのテーマは「パーパスドリブンマーケティングの失敗に学ぶ」です。(2024/4/5)

買い物状況×8つのクラスターで生活者を捉える:
博報堂が開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用して分かること
博報堂買物研究所は、独自調査を基に開発した「“フレキシブルショッパー”クラスター」を活用し、日用消費財メーカーや小売業のマーケティング支援を強化するコンサルティングサービスの提供を開始した。(2024/4/4)

よく貯めるポイント 「Tポイント」「楽天ポイント」を超えたのは?
マーケティングリサーチ会社のS&Gは、全国20〜50代の男女を対象に「ポイ活とポイントサイトの利用実態に関するアンケート調査」を実施した。いつもお買い物でポイントを貯めている人は7割、貯めるポイントで最も多いのは「スーパーのポイント」であることが分かった。(2024/4/4)

今日のリサーチ:
Googleの生成AI検索「SGE」 自動生成された回答だけでユーザーは満足している?
ネオマーケティングは全国の20歳以上の男女を対象に、「SGE」に関する調査を実施しました。(2024/4/3)

ポストCookie総まとめ:
共通IDソリューションが導くポストCookie時代のマーケティング戦略
Google ChromeのサードパーティーCookie廃止が目前に迫り、広告業界は大きな変革期を迎えている。従来のユーザー追跡方法が制限される中、新たな顧客体験とマーケティング戦略を実現するために注目を集める技術が「共通IDソリューション」である。(2024/4/3)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
成長するマーケターは一度「知識に翻弄される」 突破口は実践の中にしかない
マーケティングは幅が広く奥が深い領域です。ここまで効果的なインプット・アウトプットの方法を紹介してきました。今回は、実践の場でどんなマーケターもハマってしまう落とし穴と、その抜け出し方について解説します。(2024/4/3)

早速出たぞ、24年度研修資料 新卒向け「エンジニア基礎」、ウィルゲートが公開 “プロ意識”を解説
コンテンツマーケティング事業などを手掛けるウィルゲートは、新入社員向け研修資料「エンジニア基礎」を公開した。「エンジニアが持つべきプロ意識とは?」など、基本の心構えなどを全218ページに渡って解説している。(2024/4/2)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/4/2)

新規集客から顧客LTV最大化まで:
ポストCookie1兆円市場を見据えてマイクロアドがUNCOVER TRUTHを連結子会社化
マイクロアドがUNCOVER TRUTHを連結子会社化。ポストCookie時代における新しいマーケティングの実現を目指す。(2024/3/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。