ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

中国マーケティングの「壁」を乗り越える【第2回】:
KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間での口コミとKOL・KOCによる口コミの2種類がある。(2021/1/13)

ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
2021年にマーケターが理解したい6つのトレンド(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」が不定期で提供する無料eBook。今回は「B2B」「データ分析」「営業支援」「メディア運営」「EC/オムニチャネル」「デジタル広告」という6つの記事ジャンルごとに2021年の動向をまとめました。(2021/1/8)

キーレスエントリーシステム向け:
アルプスアルパインとBroadcomがBLE測距技術で協業
アルプスアルパインとBroadcomは2021年1月5日、両社がBLE(Bluetooth Low Energy)を応用したセキュアかつ高精度な測距システムで協業すると発表した。アルプスアルパインの広報担当によれば、具体的には、スマートフォンとBLEを活用した、自動車向けのキーレスエントリーシステムについて共同でマーケティングを行っていくという。(2021/1/5)

コロナがマーケティングを変えた:
2020年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2020年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2020/12/30)

今日のリサーチ:
Twitterで2020年に話題になったアーティスト 言及数上位に「嵐」「BTS」「SixTONES」――ホットリンク調査
SNSマーケティング支援のホットリンクが「第1回 SNSサーチ」を実施。(2020/12/29)

「マーケティング視点のDX」著者が語る【後編】:
「マーケティング視点」はマーケターだけが持っていればいいわけではない
マーケティング関連の話題書著者とDXで医療分野にイノベーションを起こすベンチャー経営者へのインタビュー後編。(2020/12/29)

「マーケティング視点のDX」著者が語る【前編】:
江端浩人氏×峯啓真氏 なぜDXの成功にマーケティング視点が欠かせないのか
マーケティング関連の話題書「マーケティング視点のDX」(日経BP)著者の江端浩人氏が、コロナ禍の医療現場で新たなニーズに適応したシェアメディカルの峯啓真氏と語った。(2020/12/28)

「OTT」「サブスク」「iOS 14」他の影響は?:
2020年のモバイルアプリにおける変革と2021年の最重要課題
Adjust日本ゼネラルマネージャーが占う2021年のアプリマーケティングの動向とは。(2020/12/28)

今日のリサーチ:
B2Bマーケター調査 半数以上がオウンドメディア、SNSアカウントを運用と回答――PLAN-B
B2B企業におけるWebマーケティング実施状況に関する調査です。(2020/12/24)

今日のリサーチ:
新型コロナウイルスのマーケティング活動への影響 「今後1年以上続く」の回答が80%超――イノーバ調査
イノーバが新型コロナウイルスの感染拡大後のマーケティング活動への影響調査を2020年12月に実施。前回調査(2020年3月)に引き続き今回も依然としてマイナス影響を受ける企業が多いようです。(2020/12/21)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
現代人の購買心理を知るキーワード「パルス消費」とは?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「パルス消費」です。(2020/12/21)

Pontaカードアプリでau PAY決済が可能に 連携強化
ロイヤリティ マーケティングは12月21日から、Pontaカードアプリに、KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」機能を搭載すると発表した。Pontaカードアプリから、au Payアプリを起動することなく、au PAYの初回登録や決済が行える。(2020/12/21)

不正な動きを察知:
“転売ヤーキラー”になるか? 怪しい購入者を検知するサービスが登場
EC事業者に向けたマーケティング支援事業を行うピアラは、Spider Labsと共同で、転売ヤーなどによる通販商品の不正な転売を防止するサービスの提供を開始したと発表した。(2020/12/18)

PR:デジタルマーケティングの新潮流 最新事例にみるコンテキスト広告とクリエイティブの可能性
(2020/12/18)

「新人の案件獲得数が5倍以上」 営業人材の育成を支える“セールステック”と“スキルの可視化”
パーソルプロセス&テクノロジーのセールスマーケティング事業部では、営業人材の育成について2つの課題を抱えていた。1つは新人育成の早期化だ。営業経験はおろか社会人経験も一切ない新人を一人前の人材に育て上げ、クライアントの案件を任せられるようになるまでにはかなりの時間と手間を要しており、新人育成の早期化・効率化が急務だった。もう1つは営業スキルの平準化だ。2つの課題をどのように解決したのか、話を聞いた。(2020/12/25)

キヤノンITS、企業のデータマネジメントをワンストップで支援するサービスを提供
キヤノンITSは、企業のデータ活用をフルサポートする「データマネジメントサービス」の提供を開始した。コンサルティングサービスやデータ活用基盤の導入支援などを提供し、効果的なデータ活用を促進して、業務改革やマーケティング施策を後押しする。(2020/12/11)

デジタルマーケティング製品をセールスフォースが強化 新たな2ツールを国内で提供開始
セールスフォース・ドットコムは、新たなマーケティングツール「Customer 360 Audiences」「Interaction Studio」の国内提供を開始した。顧客情報の一元管理/活用や、リアルタイムかつパーソナルな顧客体験の提供、エンゲージメント獲得などを支援する。(2020/12/9)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
フリマアプリが変える消費者行動(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「フリマアプリが変える消費者行動」です。(2020/12/7)

オンラインのやりとりから知見を抽出
新常態で変わる営業 顧客の“機微”をデータでつかむ「攻めのIT」とは
ニューノーマル(新常態)に大きな転換を余儀なくされるのは、営業やマーケティングなどの「対面が中心」だった業務だ。デジタル化の時代だからこそ培える、顧客に適切な対応を返す力の秘密は、日常のやりとりの積み重ねにあった。(2020/12/8)

スモールスタートでDXを:
PR:LINEとAWSが強力タッグ 技術提供からマーケ支援まで丸ごとサポートする「DX駆け込み寺」の全貌
LINEが6月に「LINE DX Program with AWS」というプログラムの提供開始を発表した。アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)やAWSのパートナー企業と連携し、DXに関する技術提供やマーケティング支援などを行う「DX駆け込み寺」のようなプログラムだが、DXに悩む日本企業に対して、具体的にどんなサポートをしていくのだろうか。(2020/12/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Adobe、マーケティングワークフロー自動化のWorkfrontを15億ドルで買収
CXM市場での競争力を高めるべく、Adobeは関連ベンダーの買収を進めている。マーケティングワークフロー自動化ベンダーのWorkfront社を15億ドルで買収するのは、その一環だ。(2020/11/26)

今日のリサーチ:
マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。(2020/11/25)

顧客理解とスピード感のある打ち手:
旅行業界のデジタルシフトと「Go To トラベル」後の課題 びゅうトラベルサービスに聞く
列車旅の拡大活性化を目指してデジタルシフトを進めるJR東日本グループの旅行会社びゅうトラベルサービス。同社のマーケティング課題とニューノーマル時代における戦略、今後求められるマーケター像などについて聞いた。(2020/11/24)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「P&Gのマーケティング」です。(2020/11/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マーケティングは、モビルスーツである
マーケティングを学ばずに素手と竹やりで戦い続けるのだろうか。モビルスーツを手に入れて、海外の企業と互角に戦う道を選ぶ時だ。(2020/11/19)

顧客データの一元化でCXを再定義する――SAPジャパンが新製品をリリース
SAPジャパンは、顧客データ基盤「SAP Customer Data Platform」を発表した。コマース、マーケティング、セールス、サービスにわたる企業プロセスのデータを顧客と結び付けて一元化し、あらゆるチャネルで一貫したCX(顧客体験)の提供を支援する。(2020/11/12)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
星野リゾートに学ぶ「Go To トラベル」後の顧客体験(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Go To トラベル」と旅行業界のマーケティングです。(2020/11/9)

店舗から顧客にクーポンやメッセージを配信 dポイント&d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」
NTTドコモは、2021年1月下旬に「dポイント」「d払い」加盟店の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム」を提供開始。加盟店の効果的な販売促進活動をサポートする。(2020/11/5)

エボルトとAppierが協業:
オンライン展示会経由のリード獲得をAIで支援 B2Bマーケティング&セールスの新潮流
行動ログデータとAIを活用し、来場者にはオンラインでもシームレスに展示を見て回れる顧客体験を、出展企業にはより多くの来場者と出会う機会を創出する。(2020/11/4)

Shirofune菊池満長氏×Mtame金井章浩氏:
99.7%が中小企業の日本でDXを成功させる鍵は「現場」にあり
中小企業が多くを占める日本でデジタルトランスフォーメーション(DX)はどうあるべきか。マーケティングDX推進パートナーの立場から若きリーダーたちが語った。(2020/11/4)

Apple幹部、iPhone 12のMagSafeで「クレジットカード大丈夫か」問題に答える
iPhone 12の発表会で登壇したiPhoneマーケティング担当バイスプレジデントがポッドキャストで語ったこと。(2020/10/31)

花王が実践する「スモールマス」マーケ、店舗にいない顧客のデータを追うための地道な実務の中身は
「これからはスモールマスマーケティングの時代だ」と言葉にするのは簡単だが、これを実践するには多数の「人」を介した地道な努力の積み重ねが必要だ。積み重ねさえあればその効果を最大化するためのITを使えばうまくいくことも多い。花王グループの場合はこの点にどんな手を打っているだろうか。同社が実践する新しい顧客接点の作り方について実務担当者が語った。(2020/10/29)

新型コロナで拡大する「VR」「AR」【後編】
VR/ARがコロナ禍のマーケティングに役立つ「社会的距離の確保」以外の理由
コロナ禍で「VR」「AR」技術導入の機運が高まっている。遠隔地にいる相手と共に業務を遂行する「リモートコラボレーション」やマーケティングにおいて、VR/AR技術はどのような効果を発揮するのか。(2020/10/29)

マーケティングの「あるべき姿」とは:
PR:危機をチャンスに変えるデータ駆動形マーケティング
COVID-19で見通しが立たない日々が続くものの、マーケティング投資を控えてしまうと競合に後れを取るリスクがある。データ活用における大企業固有の課題を整理し、「守りつつ攻める戦略」の具体的な方法について考察する。(2020/11/6)

今日のリサーチ:
世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。(2020/10/27)

米国の超巨大企業、PepsiCoが「膨大な消費者データ」を活用するために重視していること
膨大な量のデータをどう「無駄なく」活用すればいいのか。そんな課題に取り組むのが、清涼飲料水や食品などを多く手掛けるPepsiCoだ。大規模な市場を持つ同社にとって、オンラインのマーケティング施策で消費者のデータを集めることは「特別な意味」を持つという。それは何か。データ活用において重視するポイントと一緒に探る。(2020/10/26)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「コロナ後の中国マーケティング」です。(2020/10/26)

オムニチャネルによる一貫性のある顧客体験の創出
顧客体験向上と業務効率化を実現した七十七銀行のオムニチャネル施策とは
ビジネスのデジタル化が進む中、七十七銀行はデジタル技術を活用し、新たなオムニチャネル施策でマーケティング業務の強化と自動化による大幅な業務負担軽減を実現した。同行が実践した施策の全貌とそれを支える技術はどのようなものか。(2020/10/26)

マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【前編】
マクドナルドに「GCPでスマホアプリ開発」を促した“マスマーケの限界”
McDonald'sは「Google Cloud Platform」(GCP)を利用して開発したスマートフォンアプリケーションをマーケティングに生かしている。マスマーケティング以外の手段を模索する背景には何があるのか。(2020/10/23)

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

PR:顧客接点は「はがき」……“昭和っぽかった”マーケティング をAIでデジタル化するカルビーの挑戦
(2020/10/22)

今日のリサーチ:
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5519億円に――サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ
ソーシャルメディアマーケティング市場は順調に成長しているようです。(2020/10/15)

キャリアニュース:
DXへの取り組み「検討中」「予定なし」が77.5%、認知度は35.7%
ネオマーケティングが、「DXの取り組み」に関するアンケート調査結果を発表した。DXの認知度は35.7%と低く、勤務先のDXへの取り組みは、「検討中」「取り組み予定なし」に該当する「DX遅れ」が77.5%を占めた。(2020/10/15)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

「ITmefia マーケティング」eBookシリーズ:
脱「炎上マーケティング」 重要ポイントまとめ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ネット炎上対策」です。(2020/10/12)

発売記念キャンペーンも:
auの「Xperia 5 II」は10月17日発売 直営店価格は税込みで約11万円
auの「Xperia 5 II」の発売日が10月17日に決まった。au Online ShopとKDDI直営店での販売価格は、税込みで約11万円となる。ソニーマーケティング主催のキャンペーンも開催する。(2020/10/9)

成長の鍵はAI:
PwCが提唱する「AI経営」 マーケティングにはどう関わってくる?
予測不能な時代のマーケティングに単純なデータ分析は通用しない。だからこそAIの活用が必要だ。PwCが提唱する「AI経営」について、マーケティング領域での考え方を聞いた。(2020/10/8)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる ウーバーイーツがけん引する、「流通」政策の今
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/10/8)

ユーザーの「オタク性」に最適な広告を 講談社、凸版、CCIがマーケティング新会社
講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズが新会社。「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションなどを提供する(2020/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。