ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Samsung」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Samsung」に関する情報が集まったページです。

Samsung、3nmプロセスでの半導体量産開始 TSMCに先行
Samsung Eletronicsは、3nmプロセスによる半導体の量産を開始したと発表した。5nmプロセスと比較して、消費電力を最大45%削減し、性能を23%向上させるとしている。競合するTSMCも年内に3nmプロセスでの量産を開始する計画だ。(2022/7/1)

5nm比で電力効率は最大45%向上:
Samsung、GAAを適用した3nmプロセスの生産を開始
Samsung Electronics(以下、Samsung)は2022年6月30日(韓国時間)、GAA(Gate-All-Around)トランジスタ構造を適用した3nmプロセスノードの初期生産を開始したと発表した。まずは、高性能、低消費電力コンピューティングに向けたチップに適用し、その後モバイルプロセッサにも適用していく計画だ。(2022/6/30)

「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」が3万3000円引きに ドコモオンラインショップ限定で7月1日から
ドコモオンラインショップは「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象機種に、サムスン電子製の折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」を追加する。7月1日以降、同端末の購入で3万3000円(税込)引きになる。端末単体(白ロム)購入を含む全ての購入方法が割引の対象となる。(2022/6/29)

韓国のスターバックスがSamsungとコラボで「Galaxy Buds2」のラテカップ型オリジナルケース発売
Starbucksの韓国オフィスとSamsungがコラボし、「Galaxy Buds2」のオリジナルケースを発売する。ラテカップ型のケースは5万9000ウォン(約6210円)。韓国でのみ限定個数を販売する。(2022/6/28)

Samsung、暗号通貨もサポートする「Samsung Wallet」を欧米で提供開始
Samsungが「Apple Wallet」や「Google Wallet」のような「Samsung Wallet」を発表した。米国や一部の地域のGalaxyユーザー向けに提供を開始する。クレジットカードや飛行機の搭乗券だけでなく暗号通貨もサポートする。(2022/6/17)

XboxのクラウドゲームをSamsungのスマートTVで ソニーのコントローラも利用可能
MicrosoftはSamsungのスマートTVで「Xbox Cloud Gaming」のクラウドゲームをプレイできるようにする。日本を含む27カ国で6月30日ごろから提供開始の計画だ。Samsungの「Gaming Hub」は「GeForce Now」や「Stadia」にも対応する。(2022/6/10)

「Galaxy M23 5G」投入のサムスン なぜオープン市場への参入に時間がかかったのか
サムスン電子が、満を持してオープンマーケットに送り出したスマートフォンが、「Galaxy M23 5G」だ。これまでサムスン電子は、キャリアとの取引をビジネスの中心に据えてきたが、なぜこのタイミングでオープンマーケット版の販売に踏み切ったのか。小林CMOいわく、「キャリアとの関係性なども含め、いろいろな方の意見を聞いてきた」という。(2022/6/10)

約14.6型の有機ELタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」、6月23日発売 約14万円
サムスン電子ジャパンは、6月23日に約14.6型タブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」と専用アクセサリー「Book Cover Keyboard」を発売。対象期間中にタブレット購入でアクセサリーをプレゼントするキャンペーンも行う。(2022/6/9)

au版「Galaxy A32 5G」がAndroid 12に ウィジェットで予定確認も
KDDIは6月7日、サムスン電子製5Gスマートフォン「Galaxy A32 5G SCG08」のOSアップデートを実施した。アップデート後のOSはAndroid 12になる。ウィジェットに新たなカレンダーデザインが追加され、ウィジェットから今日の予定を確認できるようになる。(2022/6/8)

新工法:
韓国で社会問題化しているマンションの“床間騒音” サムスンが最新研究施設を開設
韓国の共同住宅では、柱や梁の無い壁式構造が採用されることが多く、ここ数年のコロナ禍に伴うステイホームの定着とともに、どこかの階で発生した音が他の住戸に伝わる“層間騒音”が社会的な問題になっているという。(2022/6/6)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
2021年、iPhone 12を抑えて世界で一番人気のスマホを触ってみた
2021年に発売されたスマホのうち、調査会社によれば最も人気だったのはサムスン電子の「Galaxy A12」だ。どんな製品なのかを確認してみよう。(2022/6/5)

合弁事業で25億ドルを投資:
SamsungとStellantis、米にEVバッテリー工場建設へ
Samsung SDIと自動車メーカーのStellantisは2022年5月24日(米国時間)、米国の自動車製造のラストベルト(米国中西部を中心とする、主要産業が衰退した工業地帯)に、EV(電気自動車)用バッテリー工場を建設すべく、合弁事業を行うことで合意したと発表した。投資額は25億米ドル以上。(2022/6/1)

「Galaxy Watch4」で「Googleアシスタント」利用が可能に Bixbyと共存
Samsungのスマートウォッチ「Galaxy Watch4」で「Googleアシスタント」を使えるようになった。アプリストアからダウンロードしてインストールする。「Bixby」と併用できる。(2022/5/24)

ビル・ゲイツ氏のスマホは「Galaxy Z Fold3」(「Surface Duo 2」ではなく)
ビル・ゲイツ氏が今使っているスマートフォンはSamsungの「Galaxy Z Fold3」だと、本人が語った。共同創業したMicrosoftの折りたたみ端末「Surface Duo 2」ではなく。RedditのAMAでの回答だ。(2022/5/23)

Samsungの「One UI 4.1」とは【後編】
「Galaxy A」が「iPhone SE」よりも魅力的に? Galaxyの「One UI 4.1」とは
SamsungはGalaxyスマートフォンとタブレットで使えるUI「One UI 4.1」を提供している。「Galaxy A」といった低価格帯の機種でも利用可能になったOne UI 4.1には、どのような機能があるのか。詳しく説明する。(2022/5/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
タイのキャリアが販売 SA方式対応の激安5Gスマホ「R1 5G SA」
タイでは国内大手のAISが2020年3月から5Gサービスを始めていて、スマホ人気は1番がサムスン電子、そこにXiaomiが迫る。その中でAISは格安5Gスマホを自社販売してユーザー拡大に努めている。(2022/5/22)

2021年度は5Gスマホ比率が69%に急増、サムスンがスマホシェア2位に
MM総研は5月19日に「2021年通期(2021年4月〜2022年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査」の結果を発表した。2021年度通期の総出荷台数は3662.9万台(前年度比4.3%増)となった。スマートフォンが3385.1万台(3.3%増)で、フィーチャーフォンは277.8万台(18.1%増)となった。(2022/5/19)

山根康宏の中国携帯最新事情:
激安スマホも5G対応、中国メーカーへの対抗を強化するサムスン電子
世界のスマホ出荷台数は1位がサムスン電子、2位がAppleだ。サムスン電子は中国メーカーが下位から追い上げる中、「Galaxy A」などのミドルレンジスマホを各国で展開している。(2022/5/19)

Intelなど10社が業界団体も設立:
チップレットの普及拡大へ、「UCIe 1.0」が登場
UCIe(Universal Chiplet Interconnect Express)は、パッケージ内のチップレットの相互接続を定義するオープン規格だ。UCIe策定の参加メンバー企業は、Advanced Semiconductor Engineering(ASE)、AMD、Arm、Google Cloud、Intel、Meta、Microsoft、Qualcomm、Samsung Electronics、TSMCの10社である。【訂正あり】(2022/5/10)

Samsungの「One UI 4.1」とは【前編】
格安「Galaxy A」でも高級機の機能が利用可能に――その“深い意味”とは
Samsungはスマートフォン/タブレット「Galaxy」シリーズの高価格帯機種に向けて提供していた「One UI 4.1」を、中低価格帯から低価格帯の機種でも利用可能にする。そのインパクトとは。(2022/5/7)

Samsung、防水防塵設計のUSB 3.2外付けポータブルSSD
ITGマーケティングは、Samsung製となる防水防塵設計のUSB外付けポータブルSSD「Samsung Portable SSD T7 Shield」の取り扱いを発表した。(2022/4/27)

小型で軽くてタフ! ポータブルSSDの新顔「Samsung Portable SSD T7 Shield」を試す
日本サムスンから、新型ポータブルSSD「Samsung Portable SSD T7 Shield」が発表された。5月上旬の発売を前に、実機を試してみた。(2022/4/27)

日欧はトップ10圏外に:
2021年の世界半導体売上高、Samsungが3年ぶり首位
米国の調査会社であるGartnerが発表した2021年の半導体ベンダートップ10で、Samsung Electronics(以下、Samsung)が3年ぶりに競合企業である米国のIntelを抜いて首位に輝いた。欧州企業は、前回に引き続きランキング圏外だった。(2022/4/26)

ふぉーんなハナシ:
Galaxy Z Fold3 5Gの「S Pen」を紛失 解決策をサムスン電子に聞いた
つい先日のことだが、「S Pen Fold Edition」を紛失してしまった。Galaxy Z Fold3 5Gからの検索はできるのか、再度購入する方法はあるのか気になる。サムスン電子ジャパン広報に聞いてみた。(2022/4/25)

各社の戦略を比較:
世界半導体生産能力、57%をトップ5社が占める
米国の市場調査会社Knometa Research(以下、Knometa)によると、Samsung Electronics(以下、Samsung)とTSMC、Micron Technology、SK hynix、キオクシア/Western Digital(以下、WD)の世界シリコンウエハー生産量のシェアは、2021年末までに合計57%に拡大したという。Knometaは報告書の中で、「業界がトップヘビー構造になっていることで、これら企業のシェアは2020年から1%増加した」と述べている。(2022/4/21)

「Galaxy Z Flip3」のポケモンエディション、韓国で発売へ
Samsung Electronicsは、韓国で「Galaxy Z Flip3」の“ポケモンエディション”を4月25日に発売する。本体が入るポケモンポーチやピカチュウキーホルダーなどが付属。価格はまだ不明だ。(2022/4/20)

石野純也のMobile Eye:
SIMフリー「Galaxy M23 5G」を試す サムスンがオープン市場で成功する鍵は?
サムスン電子が満を持してオープン市場に投入するのが、「Galaxy M23 5G」だ。4月21日の発売に先立ち、同モデルを一足先に試用できた。これまで培ってきたGalaxyの知名度やブランド力がどこまで通用するかが、成否を決める鍵になりそうだ。(2022/4/16)

Mobile Weekly Top10:
キャリアを介さず販売される「Galaxy」がついに登場 受け入れられるか?
サムスン電子ジャパンが、Galaxyブランドの新端末を発表しました。注目すべきは、キャリアを介さずに販売するスマートフォンやタブレットが新たに登場することです。(2022/4/16)

ドコモ版「Galaxy S22 Ultra」は18万3744円、「Galaxy S22」は12万2012円
NTTドコモが4月14日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy S22 Ultra SC-52C」「Galaxy S22 SC-51C」のドコモオンラインショップ価格(全て税込み)を案内した。Galaxy S22 Ultraは18万3744円、Galaxy S22は12万2012円。どちらも分割払いの最終月の残価を端末ごとに設定し、端末を返却すると、残価の支払いが免除される「いつでもカエドキプログラム」の対象となる。(2022/4/15)

房野麻子の「モバイルチェック」:
メーカーモデル拡大の契機? サムスン国内初のSIMフリーGalaxyスマホ投入のワケ
Sシリーズの性能はさすがの一言だが、今回、特に注目されているのはSIMフリーモデルのGalaxy M23 5Gだ。ディスプレイごと折りたためる「Galaxy Z Fold2」「Galaxy Z Flip」のThom Browne Editionなど、数量限定の特別モデルを除けば、Galaxy M23 5Gは国内で初のSIMフリーGalaxyスマホとなる。(2022/4/15)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向 ―― 電子版2022年4月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2022年4月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)は、『特許ポートフォリオを分析:TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向』です。(2022/4/15)

オープン市場向け「Galaxy M23 5G」、ヨドバシカメラとビックカメラのECサイトでも販売
サムスン電子は、4月21日に発売するSIMロックフリースマートフォン「Galaxy M23 5G」を、ヨドバシカメラとビックカメラのECサイトでも取り扱う。予約購入した全員へmicroSD(256GB)をプレゼントするキャンペーンも行う。(2022/4/14)

特許ポートフォリオを分析:
TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向
特許ポートフォリオの構築は、成功への道として試行錯誤が繰り返されているが、確実な成功を保証するわけではない。まずその特許の数が1つの目安となるが、 企業が出願し取得する特許の品質は、同じくらい重要である。では、どの半導体メーカーが賢明な特許ポートフォリオを構築し、どの半導体メーカーが単に目的のために特許ポートフォリオを蓄積しているだろうか。(2022/4/28)

これはNoteの新モデル? ペン内蔵の「Galaxy S22 Ultra」をじっくりと試す S22は小型で日本人向け
サムスン電子のフラグシップスマートフォン「Galaxy S22シリーズ」が日本でも発売されることになった。この記事では、発売に先駆けて国内投入される「Galaxy S22 Ultra」と「Galaxy S22」の魅力をレビューしていく。(2022/4/7)

サムスン電子が「Galaxy M23 5G」「Galaxy Tab S8+」「Galaxy Tab S8 Ultra」をオンライン限定販売
サムスン電子ジャパンが、SIMフリースマートフォンとWi-Fiタブレットをオンラインと「Galaxy Harajuku」限定で販売する。(2022/4/7)

Galaxy純正ワイヤレス充電器3種が発売 車載向けも
サムスン電子ジャパンはGalaxy純正の充電器を国内で発表。純正のワイヤレスチャージャー「Super Fast Wireless Charger」「Super Fast Wireless Charger Duo」を4月21日より、「Wireless Car Charger」「Car Charger Duo」を5月6日より、東京・原宿にある体験施設「Galaxy Harajuku」や全国の家電量販店、主要ECサイトなどにて順次販売する。Amazon.co.jpでは価格が案内されている。(2022/4/7)

4眼カメラのミドルハイスマホ「Galaxy A53 5G」が5月下旬に登場 ドコモとau/UQ mobileから
サムスン電子のミドルハイスマートフォン「Galaxy A53 5G」が、ドコモとau/UQ mobileから発売される。販売予約は既に受付を開始しているが、発売は5月下旬となる予定だ。【訂正】(2022/4/7)

Galaxy S22+は発売されず:
ドコモとauから「Galaxy S22」「Galaxy S22 Ultra」が登場 4月21日発売
サムスン電子の最新フラグシップスマホ「Galaxy S22シリーズ」がNTTドコモとauから発売される。シリーズの中間を担う「Galaxy S22+」は日本投入が見送られ、シリーズエントリーの「Galaxy S22」と最上位の「Galaxy S22 Ultra」の2本立てでの“勝負”となる。(2022/4/7)

Galaxy S22シリーズが日本上陸? 4月7日10時から「Galaxy新製品発表会」
サムスン電子ジャパンが、4月7日10時から「Galaxy新製品発表会」を開催する。添付されている画像を見る限り、Galaxy S22シリーズが発表される可能性が高そうだ。(2022/4/6)

Zoned StorageなどD2PF技術で:
SamsungとWD、次世代ストレージ技術標準化に向け協業
ソリッドステートストレージ大手のSamsung Electronics(以下、Samsung)とWestern Digital(以下、WD)が、複数のストレージ技術規格の統一に向けて協業すると明らかにした。まずは、Zoned Storageソリューションから着手するようだ。(2022/4/6)

モバイルデバイスでの仮想デスクトップ利用に取り組むSamsung
PCはもういらない? 「Galaxy」のサブディスプレイ化がVMware Horizonで可能に
Samsungは「Galaxy」シリーズと外付けディスプレイの組み合わせで、「VMware Horizon」の仮想デスクトップを利用可能にした。PCなしでのデュアルディスプレイを実現する、この機能の意味とは。(2022/4/6)

Samsung、リード400MB/sを実現する小型設計のType-C接続型USBメモリ
ITGマーケティングは、Samsung製となるUSB Type-C接続対応の小型USBメモリ「Samsung USBメモリ Type-C」の取り扱いを開始する。(2022/4/1)

高速化に向けて実験を重ねるSamsung Electronics
「5G」高速化がかなえる驚きの用途 “軍人AR訓練”から地下鉄高速ネットまで
Samsung Electronicsは「5G」のデータ伝送速度に向けて実験を重ねている。5Gによる超高速通信が可能になることで、どのような用途が現実味を帯びるのか。(2022/3/31)

Samsung、ミッドレンジ「Galaxy A53 5G」と「Galaxy A33 5G」を発表
Samsungは、ミッドレンジの「A」シリーズの新モデル「Galaxy A53 5G」と「Galaxy A33 5G」を発表した。いずれも5Gをサポートする6.5型端末だ。価格は369ユーロ(約4万8000円)から。(2022/3/18)

世界のスマートウォッチ出荷台数、2021年もトップは不動で2位にSamsung──Counterpoint Research調べ
Counterpoint Reserachが2021年通年の世界スマートウォッチ市場調査結果を報告した。総出荷台数はコロナ禍で低迷した前年から24%増と過去最高の増加率。トップは変わらずのAppleだがシェアを2.7ポイント落とした。(2022/3/15)

Samsung、3月17日にGalaxy Aシリーズの発表イベント開催へ
Samsungは3月17日にミッドレンジ「Galaxy A」シリーズの発表イベントを開催する。日本時間の午後11時から、公式YouTubeチャンネルで視聴できる。昨年の同日には、「A52」「A52 5G」「A72」を発表した。(2022/3/14)

製造マネジメントニュース:
キーサイトとサムスンが覚書を締結、6G技術の研究開発を推進
Keysight Technologiesは、次世代無線通信技術6G技術の研究開発を推進するための覚書を、Samsung Researchと締結した。(2022/3/14)

Googleが「Android 12L」を正式発表 フォルタブルとタブレットに最適化
米Googleが3月7日(現地時間)、「Android 12L」を正式発表した。Android 12をタブレットやフォルタブルに最適化した。年内にSamsung Electronics、Lenovo、Microsoftの端末でのアップデートが計画されているという。(2022/3/8)

Googleの折りたたみ・大画面向けモバイルOS「Android 12L」が正式版に SamsungやMicrosoftが採用へ
Googleは折りたたみ・大画面端末向け専用OS「Android 12L」の正式版をリリースした。Samsung、Lenovo、Microsoftの製品に年内に搭載される見込み。(2022/3/8)

Intelなど半導体大手、Google、Meta、Microsoftがチップレット推進で新標準「UCIe」のコンソーシアム結成
半導体大手や関連企業がチップレットエコシステム確立のための新標準「UCIe」立ち上げを発表した。参加するのはAdvanced Semiconductor Engineering(ASE)、AMD、Arm、Google Cloud、Intel、Meta、Microsoft、Qualcomm、Samsung、TSMC。(2022/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。