ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Samsung」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Samsung」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Samsung、「Galaxy Watch3」と無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」も発表
Samsungはオンラインイベント「Galaxy Unpacked」で、Tizen OS搭載の新スマートウォッチ「Galaxy Watch3」と、無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表した。前者は約5万5300円、後者は約2万4800円。(2020/8/6)

「Galaxy Tab S7/S7+」発表 5G対応で120Hzディスプレイ搭載、新Sペンが付属
Samsung Electronicsが8月5日、タブレットの新製品「Galaxy Tab S7」「Galaxy Tab S7+」を発表した。Snapdragon 865 Plusを搭載しており5Gにも対応する。ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応している。(2020/8/6)

Thom Browne Editionもあり:
折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold2」登場 詳細は9月1日発表
サムスンの折りたたみ(フォルダブル)スマートフォンの新モデルが登場する。現時点で分かっているのは、外観と一部のスペックのみで、詳細は9月1日に発表される予定だ。【更新】(2020/8/5)

サムスン、新型折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold2」発表 画面を大型化、片手でも使いやすく
韓国Samsung Electronicsが新型折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold2」を発表した。初代モデルの欠点を改善している。(2020/8/5)

5G対応「Galaxy Note20」「Galaxy Note20 Ultra」見参 Sペンの使い勝手をさらに高めて利便性を向上
Samsung Electronicsの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルが登場する。2つの画面サイズから選択可能で、Sペンのレイテンシー(遅延)を抑制することでより良い書き(描き)味を得たという。より大きな「Galaxy Note20 Ultra」はリフレッシュレート120Hzの超高速ディスプレイを搭載している。【更新】(2020/8/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
4TBで6万円切り!――サムスンSSD「870 QVO」が登場
サムスンから2.5インチSATA SSDの新シリーズ「870 QVO」が売り出され、世界999台限定のハイエンドマザー「Z490 AQUA」の展示も始まっている。最新の動向を追ってみた。(2020/8/3)

調査レポート:
4〜6月期の世界スマートフォン出荷、Huaweiが初のトップに──IDC、Canalys調べ
コロナ禍で世界のスマートフォン出荷台数が減少する中、中国本土で70%のシェアを持つHuaweiが世界シェアで初めてトップに立った。2位はSamsung、「iPhone SE」が好調のAppleが3位だ。(2020/8/3)

サムスン、QLC NANDを採用した2.5インチSATA SSD「870 QVO」 最大8TBモデルまで用意
ITGマーケティングは、日本サムスン製のQLC NAND採用2.5インチSATA SSD「870 QVO」の取り扱いを発表した。(2020/7/29)

「Galaxy Unpacked Event」の予告動画で新機種をチラ見せ Galaxy Foldの後継機も?
Samsungが、8月5日に開催するオンライン発表会の予告動画を公開。動画には新製品とおぼしきシルエットが表示される。Galaxy Noteだけでなく、Galaxy Foldの新機種も発表されるようだ。(2020/7/28)

Corning、先代よりキズに2倍強い「Gorilla Glass Victus」
Corningが2年ぶりに発表したモバイル向けディスプレイガラス「Gorilla Glass Victus」は、先代「Gorilla Glass 6」よりキズに2倍強く、2メートルの高さからの落下にも耐える。Samsungが8月5日に発表する新端末で最初に採用される見込みだ。(2020/7/24)

Samsung、折りたたみ「Galaxy Z Flip」の5G版発表 「Snapdragon 865 Plus」搭載
Samsungが2月に発表した折りたたみ端末「Galaxy Z Flip」の5G対応版を8月に米国で発売する。オリジナルより70ドル高い1450ドルで、色はブロンズとグレイの2色。(2020/7/23)

「ストレージクラスメモリ」の可能性と市場動向【後編】
次世代メモリ「SCM」に挑むMicron、キオクシア、Samsung Optaneを追うのは?
主要メモリベンダー各社が「ストレージクラスメモリ」(SCM)の開発を進めており、ストレージアレイやサーバへの採用も進む。市場はどう動くのか。(2020/7/23)

国によって動作が異なるスマホ
同機種でも国ごとにセキュリティが異なるAndroid、危険な国はやはり……
Huawei、Samsung、Xiaomiのスマートフォンは、同機種でも国によってセキュリティレベルが変化するという。ある国で安全だった端末を某国に持っていくと侵害される可能性が生じる。ここでもあの国の名前が挙がった。(2020/7/17)

Samsung、「Galaxy Note 20」(仮)発表イベントは8月5日にバーチャルで
Samsungが製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を8月5日にバーチャルで開催すると発表した。次期Galaxy Noteシリーズを発表するとみられる。日本時間では同日午後11時からSamsungのサイトで視聴できる。(2020/7/8)

auとUQ mobileの「Galaxy A41」が7月8日発売 税込みで約4万円
KDDIがau向けに、UQコミュニケーションズがUQ mobile向けにサムスン電子のスマートフォン「Galaxy A41」を7月8日に発売する。オンラインショップでの価格(税込み)はauが3万9660円、UQ mobileが3万9600円。(2020/7/2)

QLC SSDは第2世代でどう進化したか Samsung「870 QVO」を試す
次世代のQLC 3D NANDフラッシュメモリが登場した。8TBとさらなる大容量化を実現したSamsung「870 QVO」で、パフォーマンスをチェックしよう。(2020/7/2)

「世界初」のDQHDゲーミングモニター:
曲率1000Rの49インチQLEDディスプレイ、Samsung
Samsung Electronicsは2020年6月24日(韓国時間)、曲率1000Rの49型QLED(量子ドットLED)ディスプレイ「Odyssey G9」をグローバルで発売すると発表した。解像度はDQHDを実現しており、同社は、「深く没入感のある業界初の曲率1000Rを提供する、世界初のDQHDゲーミングモニターだ」としている。(2020/6/29)

ドコモの「Galaxy Feel2」がOSバージョンアップ Android 10に
NTTドコモが、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy Feel2 SC-02L」のOSバージョンアップを開始した。「ダークテーマ」など、Android 10で追加された機能を利用できるようになる。伝言メモが正しく動作しない場合がある不具合なども解消される。(2020/6/22)

Samsung、BTSコラボで紫の「Galaxy S20+」と「Galaxy Buds+」米国などで発売
Samsungが紫の「Galaxy S20+」と「Galaxy Buds+」を発表した。韓国の人気アイドルグループBTSとのコラボ製品で、BTSのロゴつき。韓国と米国でBTS ARMY記念日に発売の予定だ。(2020/6/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
SamsungがNVIDIAの7nm EUVを失注/5nmレースの行方
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年5月の業界動向の振り返りとして、SamsungがNVIDIAの7nm EUVを失注した話題と、5nmプロセスの各社動向など昨今のプロセス周りの話をお届けする。(2020/6/10)

「Galaxy Watch」で手を洗う習慣をサポートするアプリ「Hand Wash」
SamsungがGalaxy Watchなどの同社のスマートウォッチ向けアプリ「Hand Wash」を公開した。手を洗うタイミングにアラートを表示したり、正しい手洗いに必要とされる20秒をカウントダウンする機能がある。(2020/6/4)

組み込み開発ニュース:
「Cortex-A」を超える「Cortex-X」、サムスンが採用へ
Armは、アプリケーション処理用の「Cortex-A78」、グラフィックス処理用の「Mail-G78」、機械学習処理用の「Ethos-N78」などモバイルデバイス向けプロセッサコアIPの新プロダクトを発表。「Cortex-Aシリーズ」をカスタマイズ開発するプログラム「Cortex-X Custom」と、同プログラムで初めて開発された「Cortex-X1」も紹介した。(2020/5/28)

サムスン、リード1050MB/sを実現したUSB 3.2外付けポータブルSSD
ITGマーケティングは、高速転送に対応したUSB 3.2接続対応のポータブルSSD「Samsung Portable SSD T7」を発売する。(2020/5/26)

UQ mobileの夏モデル発表 「AQUOS sense3 basic」「OPPO Reno3 A」「Galaxy A41」の3機種
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の夏商戦向けスマートフォン新機種を6月中旬以降に発売する。ラインアップはシャープ製の「AQUOS sense3 basic」、OPPO製の「OPPO Reno3 A」、サムスン電子製の「Galaxy A41」。いずれもミッドレンジのスマートフォンだ。(2020/5/25)

Samsung、米国防総省向け特別仕様端末「Galaxy S20 Tactical Edition」発表
Samsung Electronics Americaが米国防総省のニーズに合わせた戦場仕様のスマートフォン「Galaxy S20 Tactical Edition(TE)」を発表した。ステルスモードやナイトビジョンモードを備え、NSA標準に基づくデータ暗号化機能「DualDAR」を搭載する。(2020/5/21)

Samsung、ミッドレンジ「Galaxy A21s」発表 「A21」のカメラアップグレード版
Samsungがミッドレンジ「Aシリーズ」の新端末「Galaxy A21s」を6月に英国などで発売する。価格は179ポンド(約2万3000円)から。4台のアウトカメラや5000mAhのバッテリーを搭載し、生体認証は指紋と顔のダブルだ。(2020/5/19)

サムスン、スマホが不振 「歴代Galaxy Sシリーズで最悪」懸念も コロナ禍で反転攻勢に誤算
 韓国サムスン電子が狙う2020年の反転攻勢に誤算が生じ始めた。(2020/4/30)

Samsungのスマートウォッチと連携する血圧測定アプリ、まず韓国で利用可能に
Samsungが「Galaxy Watch Active 2」で血圧を測れるようにするアプリ「Samsung Health Monitor」が韓国当局の承認を得たと発表した。7〜9月期に韓国でリリースする。1カ月に1度程度カフタイプの血圧計での調整が必要だが、1タップで血圧が測れる。(2020/4/22)

世界規模の5G商用運用で連携:
サムスン、ザイリンクス製「Versal ACAP」を採用
Xilinx(ザイリンクス)によると、Samsung Electronics(サムスン電子)は第5世代移動通信(5G)商用製品に、Xilinx製マルチコアヘテロジニアス演算プラットフォーム「Versal ACAP」を採用した。(2020/4/17)

Googleが独自プロセッサ開発のうわさ 未来のPixelやChromebookに搭載か
Googleがオリジナル端末PixelやChromebook向けに独自のプロセッサを開発しているとAxiosが報じた。コードネーム「Whitechapel」の下、Samsungと協力しているという。(2020/4/15)

Samsung、ミッドレンジ「Galaxy A」シリーズの5G端末を500ドルで発売へ
Samsungが、ミッドレンジの「Galaxy A」シリーズで、2台の5Gサポート端末を米国で発売した。価格は499.99ドル(約5万4000円)から。(2020/4/9)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(43):
折り畳み、5G、1億画素…… 新たな挑戦を続けるGalaxy最新モデルを解剖
今回は、Samsung Electronicsの2020年モデルスマートフォン2機種を取り上げる。1つは、縦方向にディスプレイを折り畳める「Galaxy Flip」。もう1つは、第5世代移動通信(5G)に対応し、1億800万画素カメラを搭載する「Galaxy S20 Ultra 5G」だ。(2020/3/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ペンで手書きができるタブレット「Galaxy Tab A」 2万円台の安さが魅力
Samsungのペン対応タブレットには「Galaxy Tab S」シリーズがあり、最新モデルの「Galaxy Tab S6」は5Gモデルも販売されます。しかし高スペックなCPUも搭載しており価格は高く、万人向けといえる製品ではありません。そこで出てきたモデルが「Galaxy Tab A 8.0 & S Pen(2019)」です。(2020/3/25)

古田雄介のアキバPick UP!:
東芝から16TB HDDが登場! サムスンからはPCIeカード型1.6TB SSDも!!
先週は、NAS向け16TB HDD「MN-He MN08ACA16T」が登場した他、Xtrfyの“スーファミカラー”キーボードやSeasonicの電源ユニットもデビューしている。(2020/3/16)

車載情報機器:
ハーマンが自動車向けで3兆円の受注獲得、サムスングループの強みをフル活用で
サムスン傘下に入って3年のハーマンインターナショナルが、2025年に売上高200億ドル(約2兆1524億円)を達成するという目標に向けて動き出している。ハーマンインターナショナルは民生向けと自動車向けの両方でビジネスを展開しており、どちらも成長のけん引役と位置付けているが、売り上げの比率が大きいのは自動車向けだ。(2020/3/5)

NTTドコモの「Galaxy S9/S9+」がAndroid 10にバージョンアップ
NTTドコモがサムスン電子製スマートフォン「Galaxy S9 SC-02K」「Galaxy S9+ SC-03K」のOSバージョンアップを実施。ダークテーマやジェスチャーナビゲーションの追加、位置情報に関する強化などを行われる。(2020/3/3)

売れ筋Androidスマホ、「AQUOS sense3」と「Galaxy A20」はどちらが買い?
シャープの「AQUOS sense3」とサムスン電子の「Galaxy A20」が売れている。ともに低価格ながらも、普段使いには十分なミドルクラスCPUに加え、防水、おサイフケータイといった需要の高い機能を一通り搭載している。2モデルはどちらを選べばいいのか? 実際に触って使いながら検証していく。(2020/2/28)

「Galaxy S20」には「Titan M」のようなセキュリティチップ「S3K250AF」を搭載
Samsungがセキュリティチップ「S3K250AF」とターンキーソリューション「Secure Elemet(SE)」を発表した。まずは「Galaxy S20」シリーズで採用する。GoogleのPixelシリーズの「Titan M」のように隔離したデータストレージでプライベートなデータを保護する。(2020/2/27)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
縦折スマホ「Galaxy Z Flip」と「razr」は何が違う? 実機写真で比べてみた
2020年はディスプレイを縦にたたむスマートフォンが増えそう。モトローラの「razr」に続き、サムスンが「Galaxy Z Flip」を発売しました。2機種を見て、触れた筆者が違いを比較してみました。(2020/2/27)

auの「Galaxy Note9/S9/S9+」がAndroid 10にバージョンアップ
auが、サムスン電子製「Galaxy Note9 SCV40」「Galaxy S9 SCV38」「Galaxy S9+ SCV39」のOSバージョンアップを実施。「Androidの設定」に関する通知やカメラの機能追加、アプリフォルダのデザイン変更などが行われる。(2020/2/26)

auの「Galaxy Z Flip」、初日販売分の予約が終了
サムスン電子のスマートフォン「Galaxy Z Flip」の、発売日に引き渡す分の予約受付が2月25日に終了した。発売日は2月28日を予定しており、価格は17万9360円(税込み)。(2020/2/25)

Samsung、「Galaxy Z Flip」の超薄ガラス「UTG」を他社に販売へ
Samsungが折りたたみ端末「Galaxy Z Flip」のディスプレイに採用した超薄ガラス「UTG」が商用化された。「今後様々な折りたたみ端末に採用される予定」としている。(2020/2/20)

サムスンの完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」、日本で3月12日発売
サムスン電子は、3月12日に完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」を発売。本体単体で最大11時間、充電ケースの併用で最大22時間の連続音楽再生が可能となる。2wayダイナミックスピーカーを採用し、ワイヤレス充電も対応する。(2020/2/18)

KDDI、縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売 税込17万9360円
KDDIが「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売すると発表。価格は税込17万9360円。18日午前9時から、au取扱店と「au Online Shop」で予約受付を始める。同端末は、韓国Samsung Electronicsが開発した、縦に折りたためるAndroidスマホ。(2020/2/17)

「Galaxy Z Flip」の超薄ガラスディスプレイ、YouTuberがツメで傷つける動画
Samsungが2月14日に米国などで発売した縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」。人気YouTuberのザック・ネルソン氏が定番のディスプレイスクラッチテストを行ったところ、ガラス製というディスプレイにツメで傷がついた。Samsungは、ガラスの上に「Galaxy Fold」同様の保護層が載っているとコメントした。(2020/2/17)

「Galaxy Chromebook」より安い
10万円以下でQLEDディスプレイ搭載の2-in-1「Galaxy Book Flex α」の中身は?
Samsung Electronicsの2-in-1デバイス「Galaxy Book Flex α」は、自社製テレビのハイエンドモデルに搭載する「QLED」ディスプレイを搭載しながら、構成要素を必要最小限に絞り込んで価格を抑えた。その中身とは。(2020/2/16)

積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【後編】
メモリセル300層超えへ Samsung「V-NAND」でストレージ大容量化が進むか
Samsung Electronicsの3次元NAND型フラッシュメモリ「V-NAND」はメモリセルの積層数を増やすことで大容量化を進め、ついに100層を突破した。フラッシュストレージの大容量化にどのような影響があるのだろうか。(2020/2/13)

サムスン、新たな折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」発表 タテ折り仕様で「ゲームボーイアドバンスSP」っぽい
前に出た「Galaxy Fold」は本のような横開きでしたが、今回は縦折りに。(2020/2/12)

「Galaxy Z Flip」の実機に触れる 縦長+小型だけがメリットじゃない
Samsungが、縦に折りたためるスマートフォン「Galaxy Z Flip」を発表。開くと縦長の6.7型ディスプレイが現れ、閉じると正方形に近いコンパクトな形状になる。Galaxy UNPACKED 2020のイベント会場に展示されていた実機を写真とともにお伝えする。(2020/2/12)

縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」発表 日本ではKDDIが独占販売
Samsungが、縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を発表。手のひらサイズに折りたためる。日本ではKDDIが2月下旬に発売する予定。(2020/2/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。