ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「転送速度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「転送速度」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

村田製作所 BLF03VKシリーズ:
5GHz帯ノイズ対策に特化したノイズフィルター
村田製作所は、5GHz帯のノイズ対策に特化した小型ノイズフィルター「BLF03VK」シリーズを発表した。Wi-Fi通信時に干渉する5GHz帯のノイズを除去し、データの処理能力や転送速度を向上する。(2019/8/15)

PCI-SIGが発表:
「PCIe 6.0」、最大データ伝送速度は64GT/秒
PCI技術の標準化団体であるPCI-SIG(PCI Special Interest Group)が、次世代バスインタフェース「PCI Express 6.0(PCIe 6.0)」を発表した。2021年に策定する予定だという。最大64GT/sの転送速度を実現する他、変調方式はPAM-4(4値パルス振幅変調)を採用する。既に使われている56G PAM-4が用いられている。(2019/6/25)

プラネックス、2.5Gbpsに対応したUSB外付け有線LANアダプター
プラネックスコミュニケーションズは、2.5Gbpsの転送速度を実現したUSB外付け有線LANアダプター「USB-LAN2500R」を発売する。(2019/5/31)

「USB4」発表 「Thunderbolt 3」ベースでデータ転送速度は40Gbps
USB Promoter Groupが次世代USB規格「USB4」を発表した。Intelの「Thunderbolt 3」に基づいており、データ転送速度は最大40Gbpsだ。(2019/3/5)

MWC19 Barcelona:
「microSD Express」は転送速度最高985MB/秒 スマホやドローンでの4K動画撮影などに
SD Associationが、新規格「microSD Express」を発表した。転送速度が最速985MB/秒で、スマホやドローンでの4K動画撮影、VRゲーム、IoTなど、高速で大容量データを扱う分野での活用を見込む。(2019/2/26)

ホワイトペーパー:
5GとIoTで変わる未来、企業が得られる恩恵は?
2020年に本格的な実用化が始まる第5世代移動通信システム(5G)は、高速な転送速度、堅牢なセキュリティ、広い帯域幅といった利点があり、さまざまな業種での活用が期待されている。(2018/10/12)

レノボ・ジャパン提供ebook
5GとIoTで変わる未来、企業が得られる恩恵は?
2020年に本格的な実用化が始まる第5世代移動通信システム(5G)は、高速な転送速度、堅牢なセキュリティ、広い帯域幅といった利点があり、さまざまな業種での活用が期待されている。(2018/8/24)

容量128TBの「SDUC」と転送速度985MB/秒の「SD Express」をSD Associationが発表
SD Associationが、転送速度985MB/秒の「SD Express」と容量128TBの大容量規格「SD Ultra Capacity(SDUC)」を発表した。(2018/6/28)

福田昭のデバイス通信(134) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(10):
技術講演の最終日午前(その3)、72Gサンプル/秒の8ビット超高速A-D変換回路
「ISSCC 2018」最終日午前の技術講演から、セッション21と22を紹介する。データ転送速度が10Gビット/秒で消費電力が150μWのシリコンフォトニクス送受信回路や、72Gサンプル/秒の8ビットSAR型A-D変換回路などについて、開発成果が披露される。(2018/1/25)

導入済みなら効果は期待できる
「フラッシュ有効活用」の視点でファイバーチャネルとイーサネットを比較する
Gen 6ファイバーチャネルはデータ転送速度のボトルネックを解消する可能性がある。だが、企業は急速に進化するイーサネットを選ぶ傾向があるという。ファイバーチャネルを取り巻く環境からその理由を探る。(2017/11/28)

MicrosoftとFacebookの大西洋横断海底ケーブル「MAREA」が完成
MicrosoftとFacebookが2016年に立ち上げた欧米を結ぶ高速海底ケーブル「MAREA」が完成した。従来の工法より3倍の速度だった。転送速度は160テラbps。(2017/9/25)

アンカー、USB 3.1(Gen2)に準拠したUSB Type-Cケーブル2種を発売
アンカー・ジャパンは、8月5日に最大データ転送速度10GbpsのUSB 3.1(Gen2)に対応したUSB Type-Cケーブルを2種類を発売。最大100Wの給電ができる「USB PD(Power Delivery)」規格も採用している。(2017/8/7)

クロマ 半導体テストソリューション:
1Gビット/秒の転送速度を持つSoCテストシステム
クロマは、IoT(モノのインターネット)市場とIC市場向けに各種半導体テストソリューションを発表した。最高1Gビット/秒のデータ転送速度を備えたSoC(Sytem on Chip)テストシステム「Chroma 3680」など、5製品をそろえた。(2017/5/10)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
SSD導入の必勝法──復旧力と拡張性に注目するフラッシュアレイ選択術
基幹部分にもフラッシュストレージの導入が進むITシステムにおいて、「転送速度の速さ」だけで導入製品を評価して選択するのは危うい。業務に耐え得るフラッシュストレージを選ぶために真に重要な検討項目を考える。(2017/4/19)

組み込み開発ニュース:
UHS-III規格を発表、SDメモリーカードの転送速度が最大で毎秒624Mバイトに
SDアソシエーションは、SDメモリーカード転送速度を最大で624Mバイト/秒に倍速化する、UHS-III規格を発表した。速度が向上したことで、無線通信用に作成された大量のデータの移動が容易になる。(2017/3/14)

パナソニック 低伝送損失フレキシブル多層基板材料:
USB 3.1の高速伝送に対応する0.2mmの三層フレキシブル基板材料
パナソニックが0.2mmの厚みながら転送速度10Gbpsに対応するフレキシブル基板材料「低伝送損失フレキシブル多層基板材料」の生産を開始した。低温成形可能であり、常温での保存も可能と生産性に優れる。(2017/1/24)

テレダイン・レクロイ Sierra T244:
SAS 4.0規格に対応するプロトコルアナライザー
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、SAS 4.0規格に対応するプロトコルアナライザー「Sierra T244」を発表した。次世代スピードとなるデータ転送速度24Gビット/秒に対応できる。(2016/11/2)

コネクテッドカーだけではない、その恩恵
5Gが普及をするとあの業界がIoTで得をする仕組み
第5世代移動通信システム(5G)は、転送速度、堅牢なセキュリティ、幅広い帯域幅といった面で、IoT(モノのインターネット)の普及に大きく貢献する……と、彼らが力説する“業界的”な理由があった。(2016/11/1)

Synology、リード最大4937MB/sを実現した12ベイNAS「RS3617xs+」など3製品
Synologyは、同社製NAS最速の転送速度を実現したラックマウント型12ベイNAS「RackStation RS3617xs+」など計3モデルの発表を行った。(2016/9/9)

その性能は全てに置いて「1000倍」
SSDを過去に追いやる「次世代メモリ技術」がHDDの追い風になる
SSDはその転送速度と同様に企業システムでも導入が急速に進んでいるが、3D XPointや相変化メモリといったさらに高速なストレージ技術もSSDを超える性能を実現すべく、現在開発が進んでいる。(2016/7/14)

福田昭のデバイス通信 ARMが語る、最先端メモリに対する期待(12):
DDR4とHBMの長所と短所
今回は、HBM(High Bandwidth Memory)とDDR4 DRAMを、データ転送速度やパッケージングなどの点から比較してみる。後半は、埋め込みDRAM(eDRAM)の説明に入る。ARM ReserchのRob Aitken氏は、eDRAMが「ニッチな市場にとどまる」と予想しているが、それはなぜだろうか。(2016/3/29)

Synology、プロセッサ向上で処理能力を改善した2ベイNAS「DiskStation DS216j」
Synologyは、同社製2ベイNAS「DiskStation DS215j」の後継モデル「DS216j」を発表。転送速度向上などの改良がなされている。(2016/3/11)

実機を写真でチェック:
ゲームで勝つための通信環境を――ASUSが最大転送速度2167Mbpsの無線LANルーター最上位モデルなど計3製品を発表
ASUS JAPANが、ゲーミング用途に最適な無線LANルーターと34型湾曲ディスプレイ、さらにUSB Type-Cケーブル1本で接続できる15.6型モバイル液晶の計3製品を発表した。(2016/3/7)

Samsung、世界初15.36TBの2.5インチSSD「PM1633a」の出荷開始
Samsung Electronicsが2.5インチSSDとしては世界最大容量の15.36TBの「PM1633a」を発表した。V-NAND採用で、シーケンシャルな転送速度はSATA SSDの2倍以上としている。(2016/3/4)

富士通セミコンダクター MB85RQ4ML:
54Mbpsのデータ転送ができるクワッドSPI FRAM
富士通セミコンダクターは、4Mビット クワッドSPI FRAM「MB85RQ4ML」のサンプル提供を開始した。108MHz動作で54Mバイト/秒のデータ転送速度を可能にしている。(2016/3/4)

日本マイクロソフト、Miracast対応ディスプレイアダプタ「Microsoft Wireless Display Adapter」新モデルを発表
日本マイクロソフトは、同社製Miracast対応ディスプレイアダプタ「Microsoft Wireless Display Adapter」の新モデルを発表。本体の小型化と転送速度の改善が行われている。(2016/2/26)

防滴/防じん性を備えた製品も:
サンディスク、850MB/秒のポータブルSSDを発表
サンディスク(SanDisk)は、2種類のポータブルSSDを発表した。1つ目は、「ポータブルSSDとして世界最速の850Mバイト/秒を実現」(同社)した製品。2つ目は最大430Mバイト/秒の転送速度で、IP55に対応した防滴/防じん性を備えたポータブルSSDである。(2016/1/19)

機器から生み出される超多量データを利活用する基本技術:
従来の理論限界の2倍、100Gビットネットワークを使い切れるTCP通信技術「LFTCP」
東京大学と科学技術振興機構は、伝送速度が100Gbpsのネットワークを高効率利用するTCP通信技術を確立したと発表した。日米間の100Gビットネットワークで、73Gbpsという、従来の理論限界の2倍以上のデータ転送速度を得た。(2015/12/15)

PCIe 3.0 x4+MVMeのM.2 SSDで新時代へ:
私のリード速度は毎秒2Gバイト超です――爆速SSD「950 PRO」を徹底レビュー
Serial ATA 6Gbps SSDはどんなに高速な製品でも、毎秒600Mバイトの転送速度を超えることはない。その壁をやすやすと超える、毎秒2Gバイト超という爆速のSSD「950 PRO」が登場した。PCIe 3.0 x4、NVMe、M.2と最新仕様を網羅した待望の新世代モデルだ。(2015/11/6)

通信技術:
ファイル共有サーバへのアクセス、ソフトウェア追加で最大20倍高速化
富士通研究所は、ファイルアクセスを高速化するデータ転送技術を開発した。開発したソフトウェアをサーバとクライアントにインストールするだけで、ファイル転送速度を最大20倍高速化することができるという。(2015/6/23)

「CA」対「4x4MIMO」:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第1回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。その高速化では異なる方式を採用する。その使い勝手と転送速度に違いがあるのか検証する。(2015/5/1)

ビジネスニュース 企業動向:
ストレージのフラッシュ化でFC事業好調のQLogic、高速イーサネット市場でも高シェア奪取へ
QLogicは、ストレージ機器でのフラッシュメモリ採用の流れを受け、FCアダプター市場でのシェアを拡大するとともに、2014年にBroadcomから買収した転送速度10Gビットを超える高速イーサネットアダプター/コントローラLSI事業の強化を図っている。(2015/4/10)

無線通信技術 Bluetooth:
IoTの標準無線技術へ向かう「Bluetooth4.2」、IPv6でネット接続可能に
短距離無線通信規格であるBluetooth技術が、IoT(モノのインタネット)を実現する技術基盤として進化を遂げる。新たに策定されたコア仕様「Bluetooth4.2」は、プライバシー保護の強化や転送速度の高速化、IPv6への対応などを図った。(2015/1/26)

無線通信技術:
最新規格「Bluetooth 4.2」発表、セキュリティと転送速度が向上
Bluetooth SIGは、Bluetoothの最新仕様となる「Bluetooth 4.2」を発表した。プライバシー保護の強化、転送速度の高速化を実現している他、インターネットに直接、接続できるようになる。(2014/12/4)

UQ、WiMAX 2+の転送速度を最大220Mbpsに向上させる“キャリアアグリゲーション”を来春に導入
UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+サービスへのキャリアアグリゲーション技術の導入を発表。来春より実施が開始される。(2014/10/27)

ASUS、11n転送速度を高める“TurboQAM”にも対応した11ac無線LANルータ
ASUSTeKは、IEEE802.11ac接続対応の無線LANルータ「RT-AC87U」を発売する。アンテナ4本を備えた高速転送対応モデルだ。(2014/9/26)

FAニュース:
横河電機、組み込みコントローラ用「CANインタフェースモジュール」を発売
CAN通信プロトコルに対応し、プロトコル変換器を介さずに、CANインタフェースを持つ機器とコントローラを直接接続できる。また、これを組み込みコントローラ「e-RT3」のCPUモジュールとPCIバスで接続し、データ転送速度を高めた。(2014/6/30)

マイクロン、リード550Mバイト/秒を実現したSSD「Crucial M550 SSD」
マイクロンジャパンは、転送速度を重視した新型SSD「Crucial M550 SSD」シリーズを発表。2.5インチモデルのほかmSATA/M.2モデルも用意される。(2014/3/19)

アイ・オー、高速転送に対応したUSB 3.0対応USBメモリ
アイ・オー・データ機器は、転送速度を高速化したUSB 3.0対応USBメモリ「U3-MAX」シリーズを発売する。(2014/2/19)

KDDI、外洋航海で使える(これまでより)高速なデータ通信サービス
KDDは、1月29日に衛星通信を利用した「KDDI Optima Marineサービス」の提供を開始した。転送速度は最大で上り512Kbps、下り1024Kbps。(2014/1/29)

マルチスレッド化などで高速化:
10万行のフローテーブルで10Gbpsの転送速度、NTTがSDNソフトスイッチを開発
日本電信電話(NTT)は2013年12月9日、ワイヤレートで10Gbpsの転送速度を実現するSDN/OpenFlow対応ソフトウェアスイッチのプロトタイプを開発したことを発表した。(2013/12/10)

ビジネスニュース 企業動向:
サンディスクが256GBのCFカード発表、読み取り速度は最大160Mバイト/秒
サンディスクは、読み取り転送速度が最大160Mバイト/秒と高速で、記憶容量が256Gバイトのコンパクトフラッシュ(CF)カードを開発した。2013年12月より出荷を始める。フルHD(1920×1080画素)や4k(4096×2160画素)動画など、映像の高品質化が進む中で、メディアに要求される高いデータレートと大容量化に対応した。新製品の発売に合わせ、それ以外のCFカードについても転送速度の高速化を図った。(2013/11/11)

NEC、中小規模の仮想化向けサーバやストレージを発売
バックアップ転送速度が向上したExpress5800シリーズのエントーサーバや、HDD容量を増やしたiStorage NSシリーズを発売する。(2013/10/16)

DDR4の実動デモやIris Pro搭載NUCも:
「Thunderbolt 2」と「USB 3.1」で現行2倍の転送速度へ――IDF 2013の注目技術展示
IDF 2013で話題の中心になったのは次期タブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズだが、それ以外にも今後の重要なアップデートがある。注目の技術展示を紹介しよう。(2013/9/18)

高速シリアルインタフェース技術:
HDMI規格バージョン2.0が公開――コネクタ/ケーブルはそのまま
HDMIフォーラムは、HDMI規格バージョン2.0の公開開始を発表した。従来のHDMI規格(バージョン1.4)に比べ、大幅に帯域を拡張し最大18Gビット/秒の転送速度を実現した。旧バージョンとの上位互換性も備える。(2013/9/4)

メモリ/ストレージ技術:
サムスン電子、DDR4メモリの量産を開始
Samsung Electronics(サムスン電子)は、4GビットDRAMをベースにしたDDR4メモリモジュールの量産を開始した。20nmのプロセスを適用していて、2.667Gビット/秒の転送速度を実現している。(2013/9/3)

高速シリアルインタフェース技術:
転送速度10Gビット/秒の「USB 3.1」仕様策定が完了
USB Implementers Forumは、最大転送速度10Gビット/秒を実現するUSB最新仕様「USB 3.1」の仕様策定が完了したと発表した。(2013/8/6)

デスクトップ仮想化で初めてGPUを仮想化
モバイル向け機能を強化、シンプルになったXenDesktop 7の見どころ
2013年7月10日にXenDesktopの新しいバージョン「Citrix XenDesktop 7」が提供開始された。画面転送速度の向上や、VDIでは初めて成功したGPUの仮想化機能など、モバイルを意識した数々の強化が施されている。その一部を紹介しよう。(2013/8/6)

無線LAN搭載SDカード「FlashAir」に16GBモデル 転送速度も高速化
東芝は無線LAN搭載SDメモリーカード「FlashAir」の16Gバイトモデル(SD-WC016G)を発売する。(2013/7/4)

東芝 FlashAir:
無線LAN機能搭載SDHCカードで16Gバイト容量品を発売
東芝は無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」の新製品として容量16Gバイトの「FlashAir W-02」を発表した。従来品に比べ無線通信による転送速度を約30%高速化するなどしている。(2013/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。