ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転送速度」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「転送速度」に関する情報が集まったページです。

トランセンド、最大20Gbpsの転送速度を持つポータブルSSD「ESD410C」を発売
トランセンドジャパンは、ポータブルSSD「ESD410C」を2024年2月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は1TBモデルが1万9800円、2TBモデルが3万4800円、4TBモデルが6万4800円(いずれも税込み)(2024/2/5)

USB Type-C+USB Type-Aコネクター搭載のUSBメモリー(256GB)発売 エレコムから
エレコムは、USB Type-CとUSB Type-Aコネクターを搭載したUSBメモリー(256GB)を発売。読み込み時の最大データ転送速度200MB/sを実現し、パスワード自動認証機能付暗号化セキュリティソフトを使用できる。(2024/1/31)

マイクロン LPCAMM2:
LPDDR5Xベースの低消費電力メモリモジュール
マイクロンテクノロジーは、LPDDR5Xベースの低消費電力圧縮アタッチドメモリモジュール「LPCAMM2」を発表した。最大転送速度は、現行のDDR5 SODIMMの5600Mビット/秒を上回る9600Mビット/秒を達成している。(2024/1/30)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
Windows 10「なぜか遅い」はあれが原因だった?
「Windows 10」搭載PCを使用していると、起動速度やデータ転送速度の低下といったパフォーマンスの問題が発生することがある。Windows 10が遅くなる5つの原因と、その解決策を説明する。(2024/1/28)

USB4のスピードを実感! 読み書きともに毎秒3GB以上と高速なバッファローのUSB4対応ポータブルSSD「SSD-PEU4A」シリーズを試す
バッファローのUSB4対応ポータブルSSD「SSD-PEU4A」シリーズが発売された。転送速度は毎秒3GB超えだという。開発サンプル版をメーカーから借りることができたので、外観や実際に使ったレビューを紹介する。(2024/1/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
「SSD」徹底活用ガイド 障害を引き起こす原因は? “割安”で買う方法とは?
データ転送速度に強みを持つ「SSD」。その障害を引き起こす原因とは何なのか。少しでも安価にSSDを購入するためには、何に注意すればよいのか。SSDの活用ポイントを整理する。(2024/1/1)

USB Type-Cケーブルを最大3mに延長できるケーブル、エレコムから発売
エレコムは、USB Power Deliveryに対応したUSB Type-C延長ケーブルを発売。転送速度が最大480MbpsのUSB2.0対応モデルと、最大5GbpsのUSB3.2(Gen1)対応モデルの2種を発売する。(2023/12/19)

100円ショップのガジェットを試す:
ダイソーで220円の「リール式充電・通信ケーブル」を購入 充電速度や転送速度は?
ダイソーで110円〜1100円程度で購入できるケーブルやデバイスを購入し、実際の使用感を確かめてみる。今回はリール式で700mmまで伸ばせる「リール式充電・通信ケーブル」を使ってみる。(2023/11/19)

ウエスタンデジタル、USB 3.2外付けポータブルSSD「サンディスク ポータブルSSD」の新モデル 転送速度を最大800MB/sに高速化
ウエスタンデジタルは、サンディスクブランド製のUSB 3.2外付けポータブルSSD「サンディスク ポータブルSSD」の新モデルを発売した。(2023/11/9)

マイクロン 16GビットDDR5 DRAM:
転送速度が最大7200MT/秒、1βプロセス採用の16GビットDDR5 DRAM
マイクロンテクノロジーは、1βプロセスを採用した、16GビットのDDR5 DRAMを発表した。転送速度は4800〜7200MT/秒で、AIの学習や推論、生成AI、IMDBデータ分析などのアプリケーションの稼働を高いパフォーマンスで実行できる。(2023/11/9)

iPhone 15シリーズ付属のUSB Type-Cケーブルはどれだけ使える? 転送/充電速度を検証
iPhone 15シリーズでようやく「Lightning」端子から「USB Type-C(USB-C)」端子に置き換わった。記者はLightning端子を備えるiPhone 14 Pro MaxとUSB Type-C端子を備えるiPhone 15 Pro Maxを用意。iPhone 14 Pro MaxとiPhone 15 Pro Maxのデータ転送速度と充電速度を比較した。(2023/10/12)

日本航空電子工業 MA07:
車載USB3.2対応基板対ケーブルコネクター
日本航空電子工業は、USB3.2伝送に対応した車載向け基板対ケーブルコネクター「MA07」シリーズの販売を開始した。最大データ転送速度は20Gビット/秒となっている。(2023/9/29)

iPhone 15/15 Proで選ぶべきUSB Type-Cケーブル 付属品で十分?
iPhone 15シリーズが採用したUSB Type-Cには、さまざまな規格があります。iPhone 15と15 Proの違い、規格によって異なる転送速度を確認しておきましょう。結局、どのケーブルを選べばいいのでしょうか。(2023/9/22)

iPhone 15のUSB-C対応で何が変わる? メリットと注意点を整理する
iPhone 15/15 Proの仕様でユーザーに大きく影響するのが、LightningからUSB Type-C(USB-C)に変わったこと。標準モデルのiPhone 15/15 PlusはUSB 2仕様で転送速度は最大480Mbpsだが、ProモデルはUSB3で最大10Gbpsに対応する。Lightning対応の周辺機器が使えなくなるのは残念だが、救済措置もある。(2023/9/13)

テレダイン RapidWave4000:
最大48Gビット/秒に対応、自動高度ケーブルテスター
テレダイン・レクロイは、自動高度ケーブルテスター「RapidWave4000」を発表した。USB Type-CやHDMI 2.1、最大48Gビット/秒の転送速度を備えるケーブルの製造テスト要件に対応している。(2023/7/4)

組み込み開発ニュース:
最長4000mの通信に対応、資材管理向けの新型アクティブタグを発表
凸版印刷は、次世代ZETA規格「Advanced M-FSK変調方式」に対応する、資材管理向けアクティブタグ「ZETag」の新型3種を発表した。最長通信距離が従来品の2倍となり、感度や転送速度も向上している。(2023/7/3)

データ転送速度が8倍:
LPDDR4インタフェース搭載のNORフラッシュメモリ
インフィニオン テクノロジーズはLPDDR4インタフェース搭載のNORフラッシュ「SEMPER X1」を発表した。同社従来製品比でデータ転送速度が8倍、ランダム読み出し速度が20倍向上した。(2023/5/18)

組み込み開発ニュース:
車載NORフラッシュにLPDDR4インタフェース搭載、ソフトウェア定義型車両に対応
インフィニオン テクノロジーズが、業界で初めてLPDDR4インタフェースを搭載したNORフラッシュメモリ「SEMPER X1」について説明。ソフトウェア定義型車両に対応できるように、従来比でデータ転送速度8倍、ランダム読み出し速度20倍を実現したという。(2023/5/15)

トランセンド、USB Type-A/Type-Cで使えるポータブルSSD
トランセンドジャパンは、最大転送速度1050MB/s、USB 10Gbpsに対応し、USB Type-A/Type-Cのデュアルコネクタを搭載したポータブルSSD「ESD310C」シリーズを2023年5月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は1TBモデルの「TS1TESD310C」が1万1800円、500GBモデルの「TS500GESD310C」が7980円、256GBモデルの「TS256GESD310C」が5980円(いずれも税込み)。(2023/5/1)

カオスなUSBの規格表記を「Gbps」ベースに エレコムが23年発売の製品から
エレコムが、USB関連製品の対応規格表記を変更する。例えば、5Gbpsの転送速度を実現する規格として「USB 3.0」「USB 3.1 Gen1」「USB 3.2 Gen1」があるが、これを全て「USB 5Gbps」と表記する。(2023/3/3)

毎秒64GTの転送速度をサポート:
テレダイン・レクロイ、PCIe 6.0電気試験を支援
テレダイン・レクロイは、PCI Express 6.0(PCIe 6.0)規格に対応したシステムの電気試験と検証を行うためのソリューションを発表した。毎秒64GT(ギガトランスファー)というデータ転送速度をサポートしている。(2023/2/9)

トランセンド、PCIe Gen 4x4内蔵M.2 SSD
トランセンドは、PCIe Gen 4x4、最大転送速度7200MBのM.2 SSDを12月中旬に発売する。(2022/12/7)

組み込み開発ニュース:
Zen 3ベースの組み込みプロセッサ、CPU性能は従来比で最大124%向上
AMDは、最新プロセッサ「Ryzen Embedded V3000」シリーズを発表した。最大8コア16スレッドの「Zen 3」x86コアを搭載し、従来比でCPU性能は最大124%、メモリ転送速度は50%向上している。(2022/10/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10「なぜか遅い」はあれが原因だった?
「Windows 10」搭載PCを使用していると、起動速度やデータ転送速度の低下といったパフォーマンスの問題が発生することがある。Windows 10が遅くなる5つの原因と、その解決策を説明する。(2022/9/22)

英国で進む「教育・研究機関向けネットワーク刷新」の中身【後編】
教育機関に「100Gbps光ファイバー網」提供の意味は? 英国非営利組織に聞く
英国の非営利組織Jiscが教育・研究機関向けに最大データ転送速度100Gbpsの光ファイバーネットワークを用意する。その目的とは何なのか。関係者に聞いた。(2022/7/25)

PCI Express 7.0は2025年にリリース予定 現行5.0の4倍にあたる転送速度を実現
PCI-SIGが開発者会議「PCI-SIG Developers Conference 2022」において、次期PCIe仕様となるPCIe 7.0を2025年に仕様策定を完了する予定だと発表した。(2022/6/23)

組み込み開発ニュース:
TransferJet Xの規格化を完了、転送速度は13.1Gbpsに
TransferJet コンソーシアムは、60GHz帯を用いた転送速度13.1Gbpsの近接無線通信「TransferJet X」の規格化を完了した。通信距離は10cm以内を基本とするが、オプションにより10m以内まで対応可能となっている。(2022/6/15)

なぜNVMeストレージが台頭したのか【前編】
「SCSI」が衰退し「NVMe」「NVMe-oF」がストレージの主役に
ストレージのデータ転送速度やIOPSといったパフォーマンスを高めるために、企業は何に着目すべきなのか。ストレージインタフェースの違いやパフォーマンスを高めるためのポイントとは。(2022/6/7)

光ファイバーでできたUSBケーブル登場 転送速度10Gbps、最長15m
業務用映像機器メーカーのエーディテクノが、光ファイバーを使ったUSBケーブルを発売する。USB3.2 Gen2に対応し、データ転送速度は10Gbps。ケーブルの長さは最長15m。想定価格は3万円台。(2022/4/28)

Mac Studioの知られざる細部をチェックしてみた SDカードの転送速度は? Mac miniとどこが違う?
Mac Studio初代モデルの要所要所を細かくチェックして、分かったこと。(2022/3/18)

JEDECが「HBM3」の仕様書を公開 転送速度は毎秒819GBに
メモリの規格を策定する業界団体であるJEDECは1月27日(米国東部時間)、次世代のメモリである「HBM3(High Bandwidth Memory 3)」の仕様書を公開した。(2022/2/1)

PCI Express 6.0の仕様策定が完了 転送速度は16レーンで最大毎秒256GBに
PCI-SIGは1月11日、PCI Expressの次世代規格「PCI Express 6.0」の仕様策定が完了したと発表した。2019年5月に仕様が固まった「PCI Express 5.0」の後継となる。(2022/1/14)

「実はUSB Type-C端子には表裏がある」 Twitterで話題の豆知識、PC周辺機器メーカーに詳細を聞いた
どっちでも接続できるけど、たまに表か裏かで転送速度に差が出る場合が……?(2021/1/9)

テレダイン Summit T516:
PCIe Gen 5およびCXL対応のアナライザー
テレダイン・ジャパンは、PCIe 5.0およびCXL対応のプロトコルアナライザー「Summit T516」を発表した。転送速度は32GT/秒で、レーン幅は最大x16、バッファーメモリは256Gバイトとなっている。(2020/11/20)

アナログ回路設計講座(40):
PR:高速データコンバータ向け新規格「JESD204B」の概要と適合テストでの課題
高速、高分解能のデータコンバータ(A/Dコンバータ、D/Aコンバータ)向けに策定されたシリアルインターフェース規格「JESD204B」。最高12.5Gbpsのデータ転送速度を誇るこの新規格とはどのようなものか説明するとともに、JESD204Bに対応するデバイスの検証に必要なテストについて確認します。(2020/11/9)

テレワークのお勧めアイテム:
USB 3.2 Gen2x2対応の高級感あふれるポータブルSSD「FireCuda Gaming SSD」を試す
さまざまな外付けドライブを提供している日本シーゲイトだが、今回取り上げるゲーミングSSD「FireCuda Gaming SSD」は、高速な転送速度とデザイン性、質感にもこだわったユニークな製品だ。(2020/9/1)

サイプレス CCG6DF、CCG6SF:
PD対応のPC向け第6世代USB-Cコントローラー
サイプレス セミコンダクタは、ノートPCやデスクトップPC向けに、Power Deliveryに対応した「EZ-PD」シリーズの第6世代USB-Cコントローラー「CCG6DF」「CCG6SF」を発表した。データ転送速度を大幅に向上するUSB4規格にも対応する。(2020/3/30)

村田製作所 BLF03VKシリーズ:
5GHz帯ノイズ対策に特化したノイズフィルター
村田製作所は、5GHz帯のノイズ対策に特化した小型ノイズフィルター「BLF03VK」シリーズを発表した。Wi-Fi通信時に干渉する5GHz帯のノイズを除去し、データの処理能力や転送速度を向上する。(2019/8/15)

PCI-SIGが発表:
「PCIe 6.0」、最大データ伝送速度は64GT/秒
PCI技術の標準化団体であるPCI-SIG(PCI Special Interest Group)が、次世代バスインタフェース「PCI Express 6.0(PCIe 6.0)」を発表した。2021年に策定する予定だという。最大64GT/sの転送速度を実現する他、変調方式はPAM-4(4値パルス振幅変調)を採用する。既に使われている56G PAM-4が用いられている。(2019/6/25)

プラネックス、2.5Gbpsに対応したUSB外付け有線LANアダプター
プラネックスコミュニケーションズは、2.5Gbpsの転送速度を実現したUSB外付け有線LANアダプター「USB-LAN2500R」を発売する。(2019/5/31)

「USB4」発表 「Thunderbolt 3」ベースでデータ転送速度は40Gbps
USB Promoter Groupが次世代USB規格「USB4」を発表した。Intelの「Thunderbolt 3」に基づいており、データ転送速度は最大40Gbpsだ。(2019/3/5)

MWC19 Barcelona:
「microSD Express」は転送速度最高985MB/秒 スマホやドローンでの4K動画撮影などに
SD Associationが、新規格「microSD Express」を発表した。転送速度が最速985MB/秒で、スマホやドローンでの4K動画撮影、VRゲーム、IoTなど、高速で大容量データを扱う分野での活用を見込む。(2019/2/26)

ホワイトペーパー:
5GとIoTで変わる未来、企業が得られる恩恵は?
2020年に本格的な実用化が始まる第5世代移動通信システム(5G)は、高速な転送速度、堅牢なセキュリティ、広い帯域幅といった利点があり、さまざまな業種での活用が期待されている。(2018/10/12)

レノボ・ジャパン提供ebook
5GとIoTで変わる未来、企業が得られる恩恵は?
2020年に本格的な実用化が始まる第5世代移動通信システム(5G)は、高速な転送速度、堅牢なセキュリティ、広い帯域幅といった利点があり、さまざまな業種での活用が期待されている。(2018/8/24)

容量128TBの「SDUC」と転送速度985MB/秒の「SD Express」をSD Associationが発表
SD Associationが、転送速度985MB/秒の「SD Express」と容量128TBの大容量規格「SD Ultra Capacity(SDUC)」を発表した。(2018/6/28)

福田昭のデバイス通信(134) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(10):
技術講演の最終日午前(その3)、72Gサンプル/秒の8ビット超高速A-D変換回路
「ISSCC 2018」最終日午前の技術講演から、セッション21と22を紹介する。データ転送速度が10Gビット/秒で消費電力が150μWのシリコンフォトニクス送受信回路や、72Gサンプル/秒の8ビットSAR型A-D変換回路などについて、開発成果が披露される。(2018/1/25)

導入済みなら効果は期待できる
「フラッシュ有効活用」の視点でファイバーチャネルとイーサネットを比較する
Gen 6ファイバーチャネルはデータ転送速度のボトルネックを解消する可能性がある。だが、企業は急速に進化するイーサネットを選ぶ傾向があるという。ファイバーチャネルを取り巻く環境からその理由を探る。(2017/11/28)

MicrosoftとFacebookの大西洋横断海底ケーブル「MAREA」が完成
MicrosoftとFacebookが2016年に立ち上げた欧米を結ぶ高速海底ケーブル「MAREA」が完成した。従来の工法より3倍の速度だった。転送速度は160テラbps。(2017/9/25)

アンカー、USB 3.1(Gen2)に準拠したUSB Type-Cケーブル2種を発売
アンカー・ジャパンは、8月5日に最大データ転送速度10GbpsのUSB 3.1(Gen2)に対応したUSB Type-Cケーブルを2種類を発売。最大100Wの給電ができる「USB PD(Power Delivery)」規格も採用している。(2017/8/7)

クロマ 半導体テストソリューション:
1Gビット/秒の転送速度を持つSoCテストシステム
クロマは、IoT(モノのインターネット)市場とIC市場向けに各種半導体テストソリューションを発表した。最高1Gビット/秒のデータ転送速度を備えたSoC(Sytem on Chip)テストシステム「Chroma 3680」など、5製品をそろえた。(2017/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。