ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

「USB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Universal Serial Bus

関連キーワード

バッファローの周辺機器がメガドライブミニに公式対応 USBハブなどを利用可能
セガゲームスから発売予定の「メガドライブミニ」の特設ページにバッファロー製USBハブなど周辺機器として掲載されている。(2019/5/17)

スマホと本体をまとめて充電できる1万50mAhのモバイルバッテリー エレコムから
エレコムは、5月中旬に容量1万50mAhのモバイルバッテリー3モデルを発売。いずれもUSB Type-C端子搭載の充電ケーブル1本が付属し、充電用ケーブルを接続したままスマホとバッテリーを同時充電できる。Quick Charge 3.0規格対応モデル、2ポート仕様モデル、最大2.4Aの高出力モデルを用意する。(2019/5/14)

auの最新フィーチャーフォン「GRATINA KYF39」はUSB Type-C対応で5色展開【写真追加】
KDDIは、京セラ製のフィーチャーフォン「GRATINA KYF39」を発売する。キー配列を見直し、USB Type-Cの充電端子を備える。本体のカラバリも夏らしい薄水色、桜色、綿雪、紺碧、墨の5色を用意。(2019/5/13)

ディーフ、monCarbon高耐久USB Type-C Lightningケーブル3種を発売
ディーフは、monCarboneのUSB Type-C Lightningケーブル3種を順次発売。カーボン素材を使用したモデル、アルミ製ハウジンングを採用したモデル、柔軟で激しい使い方にも耐えるPVCシールドを施したモデルを用意する。価格は1680円〜3780円(税別)。(2019/5/9)

ベルキン、耐久性を向上させたLighting/USB Type-Cケーブル「DuraTek Plus」を発売
ベルキンは、従来製品よりも耐久性を向上させた「DuraTek Plus USB-A to ライトニング ケーブル」と「DuraTek Plus USB-A to USB-C ケーブル」を発売した。ケーブルの長さも1.2mに加え、1.8mと3mがある。本革のストラップが付属している。(2019/5/9)

Computer Weekly日本語版
USBメモリが落ちている。 →拾う →無視する →調べる
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/5/8)

バッファローが税別1万円の「うっかり削除の復元プラン」サービスを提供開始
バッファローが、誤操作によってファイル削除やフォーマットをしてしまった外付けHDD、USBメモリ、PCのデータを復元する「うっかり削除の復元プラン」の提供を開始した。(2019/5/7)

最大100W出力、USB PD対応の急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」発売
アンカー・ジャパンは同社初の最大100W出力を実現し、USB-Cを搭載した急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」を発売。USB PD対応のUSB Type-Cポートと独自の急速充電技術「PowerIQ」を備えたUSB Type-Aポートを2つずつ、計4ポートで同時充電できる。(2019/4/24)

FIDO2でパスワードレスが加速する:
PR:利便性と高セキュリティ性を備えたFIDO2対応デバイスとは?
認証に利用するパスワードの扱いがなかなか改善しない。覚えなければならないパスワードは増える一方であり、漏えいリスクも高まっている。この状況を改善できるのが、パスワードを使わず、面倒な操作が不要なFIDO/FIDO2認証だ。カード型やUSB型など用途に応じた製品を選択できる。(2019/4/23)

エレコム、USB外付けポータブルSSD計2シリーズに960GBモデルを追加
エレコムは、同社製のUSB外付けポータブルSSD「ESD-ED」「ESD-EC」シリーズのラインアップに960GBモデルを追加した。(2019/4/23)

断線してもハサミ1つで復活するUSBケーブル
クラウドファンディングサイト「Makuake」で断線してもハサミ1本で復活するUSBケーブル「RenewCable」が注目を集めている。Lightning、Micro USB、USB Type-Cの3種類。(2019/4/22)

ルネサス RTK-251-1PowerBank3、RTK-251-BuckBoosterConverter2:
USB PDとUSB-Cの充電設計開発キットを発表
ルネサス エレクトロニクスは、USB PDとUSB-Cのバッテリー充電設計に向けたレファレンスデザインキット「RTK-251-1PowerBank3」「RTK-251-BuckBoosterConverter2」を発表した。(2019/4/22)

COUGAR、形状カスタマイズやウェイト調節もできるハイスペックゲーミングマウス「COUGAR 700M EVO」
マイルストーンは、COUGARブランド製のUSB接続対応ゲーミングマウス「COUGAR 700M EVO」など2製品の取り扱いを開始する。(2019/4/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
組み込みAIからUSB Type-Cまで「embedded world 2019」レポート ―― 電子版2019年4月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2019年4月号を発行致しました。今回のCover Storyでは、2019年2月末にドイツで行われた組み込み技術の展示会「embedded world 2019」の現地レポートをお届けします。その他、お掃除ロボットの分解記事やサーミスタに関する解説記事などを掲載しています。電子版は【無料】でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。(2019/4/15)

ノートPCやスマホを3台同時に充電 出力100Wの2万7000mAhモバイルバッテリー
ロア・インターナショナルは、4月10日に「HyperJuice 27000mAh USB-C モバイルバッテリー」を先行発売した。最大100W/60WのUSB-C PDポートを2ポート、18WのUSB-A3.0ポートを搭載し、大型ノートPCなどを3台同時充電可能大型ノートPCなどを3台同時充電可能。(2019/4/11)

アイ・オー、手のひらサイズのUSB外付けポータブルSSD
アイ・オー・データ機器は、コンパクトボディーを採用したUSB接続対応ポータブルSSD「SSPH-UT」シリーズを発表した。(2019/4/10)

Windows 10最新版は「ハードウェアの安全な取り外し」しなくてもUSBメモリを抜ける
Windows 10のバージョン1809以降ではそのまま抜けるモードがデフォルトです。(2019/4/10)

センチュリー、耐衝撃バンパーを備えたタフネス仕様のType-C外付けポータブルHDD
センチュリーは、耐衝撃筐体を採用した外付けポータブルHDD「ineo」にUSB 3.1接続対応の新モデルを追加した。(2019/4/9)

「Windows 10」、USBメモリなどの取り外しポリシーの既定が「クイック削除」に
「Windows 10」でUSBメモリなどの外付けドライブを取り外す際のポリシーの既定が、これまでは「高パフォーマンス」だったところがビルド1809から「クイック削除」に変更になった。規定値のままなら取り外す際、「ハードウェアの安全な取り外し」のステップが不要だ。(2019/4/9)

純正MacBook用電源アダプターに取り付けてUSBポートを増やせるハブ
ロア・インターナショナルは、4月8日に純正MacBook用電源アダプタ向け「HyperDrive Apple 61W/87W USB-C電源アダプタ用USB-C Hub」を発売。本製品を取り付けると、USB Type-Cポート1つとType-Aポートを2つ増やせる。完全に密着できるデザインとカラーで、61W用と87W用の2つを用意している。(2019/4/8)

マキシム MAX77860:
3A充電の高集積USB-Cバックチャージャー
Maxim Integrated Productsは、他社競合製品より30%小型化した、USB Type-C(USB-C)バックチャージャー「MAX77860」を発表した。USB-Cコンフィギュレーションチャンネル(CC)ポート検出機能などを3.9×4.0mmのパッケージに集積している。(2019/4/5)

ネック型のワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」発表 Huaweiスマホと簡単にペアリング
Huaweiがネックバンド型のイヤフォンを発表した。USB Type-Cを搭載しており、スマートフォンからの充電も可能。5分の充電で4時間の音楽再生ができる急速充電にも対応する。日本での発売については明かされていない。(2019/3/27)

Mostly Harmless:
拾ったUSBメモリをPCに挿す人は何割いる?
企業のセキュリティ対策が進んだ昨今、あえて、アナログな方法ともいえる「ソーシャルエンジニアリング」で人間の“脆弱性”を狙う手口が増えているとか。その危険性をおさらいしましょう。(2019/3/27)

充電ケーブル断線問題を解消 頑丈なケーブルはコレだ
常日頃から使うスマートフォンのケーブルには断線が付き物だ。そこで今回は、丈夫なケーブルを幾つか紹介する。スマホのケーブルは数種類あり、「Micro USB」「USB Type-C」「Lightning(ライトニング)」が主流だ。(2019/3/24)

USB PD対応の1万mAhモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」発売
アンカー・ジャパンは、3月22日に「Anker PowerCore 10000 PD」を発売。入出力ともUSB PD(Power Delivery)に対応したコンパクトなモバイルバッテリー。横幅は約52mm、重量は約192gとポケットに収納できるサイズに仕上げた。(2019/3/22)

最新プロトコルを早期に活用:
ケイデンス、USB4向けの検証IPを提供
Cadence Design Systems(以下、ケイデンス)は、USB4規格に対応する検証IPの提供を始める。(2019/3/18)

TP-Link、大型ハイパワーアンテナを備える11ac対応のUSB無線LANアダプター
ティーピーリンクジャパンは、USB接続対応の無線LANアダプター「Archer T2U Plus」を発売する。(2019/3/14)

工場、ビルのIoTや、IoT見守りサービスの保守を効率化――IoTデバイスを一元管理する「JP1 for IoT」 日立から
日立は、IoTシステムの効率的な運用管理を支援する製品群「JP1 for IoT」を発表。第1弾として、IoT機器の稼働状況やセキュリティ対策状況を一元管理する「JP1 for IoT - デバイス管理」、USBやデバイスの不正接続を監視するアプライアンス2製品を提供する。(2019/3/14)

玄人志向、USB 3.1ポートを増設できるPCI Exress拡張カード
玄人志向は、PCI Exress接続対応のUSB 3.1ポート増設カード計2製品の販売を開始する。(2019/3/13)

SilverStone、アナログD-Sub+HDMIの同時出力も可能なUSB Type-C外付けアダプターなど2製品
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のUSB Type-C接続対応アダプター「EP16」など2製品の取り扱いを開始する。(2019/3/12)

WD、2mの落下にも耐えるUSB外付け型の1TB SSD「My Passport Go」
ウエスタンデジタルは、耐衝撃筐体を採用したUSB接続対応の外付け型SSD「My Passport Go」シリーズを発売する。(2019/3/12)

円形デザインのアルミ合金製3ポートUSBハブ
サードウェーブは、USB 3.0対応の3ポートUSBハブ「DN-915683」の取り扱いを開始した。(2019/3/7)

汎用マイコンでUSB Type‐C対応:
ST、STM32Cubeエコシステムに新機能を追加
STマイクロエレクトロニクスは、汎用マイコン「STM32G0シリーズ」で認証済みUSB Type‐CとPower Delivery(PD)3.0プロトコルを活用するための新たなツールと機能を「STM32Cubeエコシステム」に追加した。(2019/3/6)

USB 4がついに船出 Thunderbolt 3ベースで最大40Gbpsを実現
IntelやHP、Appleなどで構成されるUSB推進団体「USB Promoter Group」が、3月4日に次世代USBアーキテクチャ「USB 4」の仕様を発表した。USBの帯域幅が現行のUSB 3.2の2倍になる他、細かい仕様は2019年半ばに公表される見込みだ。(2019/3/5)

「USB4」発表 「Thunderbolt 3」ベースでデータ転送速度は40Gbps
USB Promoter Groupが次世代USB規格「USB4」を発表した。Intelの「Thunderbolt 3」に基づいており、データ転送速度は最大40Gbpsだ。(2019/3/5)

高さ90センチの壁寄せスマホ充電スタンド サンワサプライから
サンワサプライは、3月1日にUSB充電器などを背面に収納できる壁寄せタイプのスタンドを発売。スマートフォンやタブレットを見やすく設置できるスタンド機能も備え、機器に触れる部分はフェルト生地で加工している。本体はスチール製で、天板にはインテリアにも自然に馴染む天然木を使用した。(2019/3/1)

アンカー、auコラボ第4弾となる3in1ケーブルを発売 Micro USB、USB-C、Lightningに対応
アンカー・ジャパンが、auコラボとしたアクセサリーの第4弾を発売。Micro USB・USB Type-C・LightningのコネクターがまとまったUSBケーブルで、Lightningコネクタは「MFi認証」を取得。頑丈な上に持ち運びに便利な専用ポーチも付属する。(2019/2/28)

センチュリーのポータブル液晶がUSBバスパワー非対応に仕様変更
センチュリーは2月27日、「11.6インチHDMIマルチモニター plus one full HD」(LCD-11600FHD2)の仕様変更を発表した。USBバスパワー非対応になって発売時期は3月中旬頃に延期された。(2019/2/28)

USB PD出入力対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」発売 USBハブ機能も
アンカー・ジャパンは、2月27日に入出力ともUSB PD(Power Delivery)へ対応した容量19200mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を発売。最大27W出力が可能なUSB Type-Cと最大15W出力のUSB Type-Aのほか、Ankerのモバイルバッテリーとして初となるUSBハブ機能を備えている。(2019/2/27)

何種類ものアダプターは不要に!:
機器に搭載するだけで、給電方式がUSB Type-C PDに
Cypress Semiconductor(以下、Cypress)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催中の組み込み技術の展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日)で、さまざまな電化製品に使われている電源アダプターから、USB Type-C PD(Power Delivery)による給電方式へと変換するポートコントローラー「EZ-PD Barrel Connector Replacement(BCR)」のデモを展示した。(2019/2/27)

エレコム、アンテナ付きで通信安定性を高めたUSB外付け型11ac無線LANアダプター
エレコムは、USB接続に対応したIEEE 802.11ac接続対応の無線LANアダプター「WDC-433DU2H2-B」を発売する。(2019/2/26)

アザラシのフンからUSBメモリが発見される珍事 写っていたのはアシカの親子と研究機関が報告
そんなことってある?(2019/2/26)

日本モレックス OptoHD、OptoDP、OptoUSB:
最長100m伝送できる光ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、最長100mの長距離伝送を可能にし、高解像度の非圧縮データを伝送できる「アクティブ光ケーブルアセンブリ」を発表した。インタフェース別に、「OptoHD」「OptoDP」「OptoUSB」の3種類をそろえた。(2019/2/26)

AUKEY、USB PDに対応した2ポート搭載小型ACアダプターを20%オフで提供
AUKEYが、USB Type-C端子(USB Power Delivery対応)とType-A端子を1つずつ備えるに小型ACアダプターのセールを実施。コンパクトに持ち運びできる折り畳み式プラグを備えているため、持ち運びもしやすい。(2019/2/21)

AUKEY、窒化ガリウム「GaNFast」採用の急速充電器発売
AUKEYは、窒化ガリウム採用24W USB2ポート急速充電器「PA-U50」を発売した。(2019/2/21)

アンカー製窒化ガリウム急速充電器の実力
アンカー・ジャパンが、窒化ガリウムを採用した超コンパクト30W USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」を販売開始している。(2019/2/19)

サンコー、スマホを置くだけで固定できる車載ホルダー
サンコーは、2月15日にスマートフォンを置くだけで自動的にホールドするセンサーを備えたホルダーを発売。約1時間のUSB充電で7日前後稼働し、外す際は本体上部のタッチセンサーに触れると自動でストッパーが開くため片手で簡単に外すことができる。(2019/2/18)

ギフトショー春2019:
「光る」Lightning充電ケーブル USB-Cも光る
エアージェイが、Lightningコネクタが光り、夜の車内でも探しやすいLightningケーブルなどを展示していた。(2019/2/15)

E-ink搭載の13.3型Androidタブレット「Boox Max2 Pro」発売 8万9800円
SKTは、電子ペーパー「E-ink」パネルを搭載したOnyx InternatinalのAndroidタブレット「Boox Max2 Pro」を発売。筆圧感知と傾き検知機能を持つワコムスタイラスの採用した。価格はミヤピックスのノングレア保護フィルム、RAVPowerのUSBチャージャーがセットで8万9800円(税別)。(2019/2/15)

プリンストン、4K対応HDMI出力も使えるUSB Type-C外付け拡張ドック
プリンストンは、USB Type-C接続時対応した外付け型拡張ドック「USB Type-C ドッキングステーションミニ」を発売する。(2019/2/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。