ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google Chrome」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Chrome」に関する情報が集まったページです。

「Edge」と「Chrome」 企業が選ぶべきWebブラウザはどちらか【後編】
「Edge」と「Chrome」の“新・ブラウザ戦争”に勝者がいない理由
同じ「Chromium」ベースとなったWebブラウザ「Chrome」と「Microsoft Edge」。企業向け標準Webブラウザの地位を懸けた両者の争いは、何をもたらすのか。(2020/2/24)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】CookieのSameSite属性などをデベロッパーツールで確認する
Webサイト/アプリでよく使われている「Cookie」。トラブルが生じたらWeb担当者にとっては一大事です。ユーザーとしても不審なCookieがないか気になるところです。そこでGoogle ChromeのデベロッパーツールでCookieの状態を簡単に確認する方法を紹介します。(2020/2/19)

「Google Chrome 80」リリース、新しいCookieの分類システムを導入
Chrome 80では新しいCookieの分類システムを導入。多数の脆弱性に対処し、通知許可のリクエストを目立たせないUIを採用してユーザーのプライバシー保護を強化した。(2020/2/7)

Google Chromeも採用へ:
動画再生中の迷惑広告排除へ、業界団体が新基準 “アウト”な広告の3条件とは
Google Chromeでは2020年8月5日以降、こうした迷惑広告が表示されないようにする。(2020/2/6)

Cookieをデフォルトで安全な状態に:
Google、「Chrome 80」で導入した新しいCookie分類システムについて解説
Googleは、2020年2月4日にリリースされた「Google Chrome 80」ブラウザについて注意喚起を行った。新しいCookie分類システムの導入が始まったからだ。Cookieの設定を変更しないと、不具合が発生する可能性がある。(2020/2/6)

Chromeアプリ、Windows、Mac、Linux向けは2020年12月にサポート終了
Googleが、2013年から提供してきた「Chromeアプリ」のサポート完全終了までのスケジュールを発表した。今年12月にはWindows、Mac、Linux版が終了し、Chrome OS版も2022年6月に終了する。(2020/1/16)

Webサイトの通知許可リクエストは“ユーザーにとって迷惑”? Google ChromeやMozilla Firefoxがブロックへ
Googleは通知許可のリクエスト表示を目立ちにくくした新しいユーザーインタフェース(UI)を「Chrome 80」から導入する(2020/1/9)

CES 2020:
Chromebook、ASUS、Lenovo、Samsungから新モデル登場
ASUS、Lenovo、Samsungが、Googleの「Chrome OS」搭載Chromebookの新モデルを発表した。約3万円のエントリーモデルから約10万円のハイエンドまでがそろった。(2020/1/7)

CES 2020:
Samsung、ハイエンド「Galaxy Chromebook」を1000ドルで
Samsungが、Googleの「Chrome OS」搭載の「Galaxy Chromebook」を発表した。13.3インチの4K有機ELディスプレイでスタイラスが付属し、第10世代Intel Core i5搭載。米国では第1四半期中に999.99ドル(約10万円)で発売する。(2020/1/7)

Tech TIPS:
コアエンジンが一新される新版Edgeへの自動更新をブロックする
2020年1月のWindows Updateで、新しいGoogle Chrome互換(Chromium版)のMicrosoft Edgeの配信が開始される。Windows Updateにより、自動的に更新されると、互換性の問題などから混乱が生じる可能性もある。そこで、Windows Updateによる意図しない自動更新をブロックする方法を紹介する。(2019/12/27)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeを「ダークモード」に切り替えて省電力や眼の負担軽減(Android/iPhone編)
最近スマホやPCで話題になる「ダークモード」とは? その意味や効果をコンパクトにまとめつつ、Android/iPhone版Google Chromeでのダークモード有効化の手順について説明します。(2019/12/25)

ポインタ圧縮の効果が大きい:
オープンソースのJavaScript/WebAssemblyエンジン「V8 release v8.0」が公開
オープンソースのJavaScript/WebAssemblyエンジンの最新版「V8 release v8.0」が公開された。数週間後に正式リリース予定のWebブラウザ「Chrome 80」に搭載される。メモリ消費量が減ったために高速動作する他、プログラマーがバグを作り込みにくい仕組みを取り入れた。(2019/12/23)

Google Chrome完全ガイド:
Chromeを「ダークモード」に切り替えて省電力や眼の負担軽減(Windows/Mac編)
最近PCやスマホで話題になる「ダークモード」とは? その意味や効果をコンパクトにまとめつつ、Google Chromeでのダークモード有効化の手順について説明します。(2019/12/19)

「Chrome 79」の安定版公開 フィッシング対策や37件の脆弱性修正など
GoogleがWebブラウザ「Chrome」のバージョン79を公開した。パスワード保護、フィッシング対策、複数アカウント利用のUI改善、多数の脆弱性対策などが行われた。(2019/12/11)

Google Chrome完全ガイド:
意図しない音声再生で周囲をびっくりさせないためのChrome設定
Webサイトを見ていたら、意図せず音声がオフィス内に流れてしまった、という経験はありませんか? Google Chromeなら全面的にサイトからの音声再生を禁止したり、特定サイトのみ音声再生を許可したりできます。(2019/12/11)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】タブのホバー情報をシンプルな表示に戻す
Google Chromeのタブにマウスカーソルを乗せたときに表示されるポップアップが妙に大きくなったと感じていませんか? 以前のバージョンのように小さな表示に変える設定手順を紹介します。(2019/12/4)

エイサー、AMD製APUを採用した2in1設計の11.6型Chromebook
日本エイサーは、Chrome OSを搭載した11.6型2in1ノートPC「R721T-N14N」を発売する。(2019/11/28)

Bluetoothなどの脆弱性に対処 Googleが「Chrome 78」をアップデート
デスクトップ向けの更新版Google Chromeでは外部の研究者から報告されたBluetoothの脆弱性2件を含め、5件のセキュリティ問題を修正した。(2019/11/20)

Google、Chromeブラウザで低速サイトに不名誉なバッジ表示を検討中
Web高速化に取り組むGoogleが、将来のChromeブラウザでは読み込みの遅いWebサイトにはそうと分かるバッジを表示する計画を発表した。スピードアップすればこのバッジを返上できる。(2019/11/12)

連載:Windowsフロントライン:
「Windows 10X」の正体は? Chrome OSの対抗? ほぼ無償? 2020年1月?
Microsoftが発表したWindows 10ファミリーの「Windows 10 X」。その正体は何かを、リーク情報や開発コード名の変遷を踏まえて考察してみた。(2019/10/28)

Google Chrome 78の安定版、デスクトップとAndroid向けに公開
デスクトップ向け最新バージョンの「Chrome 78.0.3904.70」では計37件のセキュリティ問題を修正した。(2019/10/23)

日本発売は未定:
Googleが手頃で持ち運びやすいChrome OSマシン「Pixelbook Go」を発売 649ドルから
Googleが、Chrome OSを搭載するノートPCを発表。従来のPixelbookシリーズよりも手頃な価格で、持ち運びやすさにも配慮しているという。(2019/10/16)

Google Chrome、「混合コンテンツ」一掃へ 段階的にブロック
安全なHTTPS接続で表示されているサイトの中で、動画などのサブリソースコンテンツがHTTP接続で読み込まれる「混合コンテンツ」に警告を表示、段階的にブロックする。(2019/10/4)

Google Chrome、今後の新バージョンでTLS 1.0または1.1を使い続けるサイトに警告表示
2020年1月にリリースされる「Chrome 79」からは、TLS 1.0または1.1を使っているWebサイトについてはアドレスバーに「Not Secure」(安全でない)という文字を表示する。(2019/10/2)

「Latitude 5400」「Latitude 5300 2-in-1」の2モデル
10万円超えChromebookの中身は? 「Chromebook Enterprise」第1弾はLatitude
「Latitude 5400 Chromebook Enterprise」と「Latitude 5300 2-in-1 Chromebook Enterprise」は、「Latitude」シリーズのハードウェアに「Chrome OS」を備えた、ビジネスユーザー向け「Chromebook」だ。(2019/9/29)

「ブラウザOS」の可能性と課題【後編】
Chromebook導入のハードルはもうない? 「ブラウザOS」の課題を整理する
「Chrome OS」をはじめとする「ブラウザOS」は、従来型OSとの違いから生じる課題に対処する必要があると考えられてきた。それらの課題は、今も課題のままなのか。専門家に聞いた。(2019/9/17)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】サイトのホスト名/IPアドレスを一覧表示して、ページ表示不良解消
担当しているWebサイトでページの表示不良が生じた場合、ブラウザから接続される全サーバのホスト名やIPアドレスを知りたくなることがあります。Google Chromeの拡張機能「IPvFoo」なら、そうした情報を簡単に一覧表示できます。(2019/9/11)

「ブラウザOS」の可能性と課題【前編】
Chromebookの「ブラウザOS」市場にApple、Microsoftが進出する?
Googleの「Chrome OS」は、Webブラウザを中心としたOSである「ブラウザOS」の市場を作り上げた。従来型OSのベンダーであるMicrosoftやAppleも、ブラウザOS市場への進出を狙っているはずだと専門家は語る。その真意とは。(2019/9/8)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】Webの性能やセキュリティなどをまとめて検証する(Lighthouse編)
Webページ/アプリの表示速度やセキュリティ、アクセシビリティといった項目を手軽に検証できる無償ツール「Lighthouse」を、Google Chrome上で実用的に使う方法と注意点について説明します。(2019/8/28)

「Chrome OS」、バージョン76でようやく仮想デスクトップをサポート
「Chrome OS」がバージョン76にアップデートし、仮想デスクトップ機能や複数タブを一元管理できるメディアコントロールパネルなどが追加された。(2019/8/19)

「Chrome 76」の安定版公開 FlashデフォルトブロックやPWAのインストールボタン
GoogleがWebブラウザ「Chrome 76」を公開した。2020年には完全にサポートを終了する予定のFlashのブロックをデフォルト化した。セキュリティ関連では43件の脆弱性に対処した。(2019/7/31)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】位置情報を変更してPCの現在地を自由自在に設定
Web版マップアプリやGoogle検索では、Webブラウザを実行している端末の現在地に応じて結果が変わります。でもPCでは、その位置情報が正しくないこともしばしば。デスクトップ版Google Chromeで位置情報を変更するための設定方法を紹介します。(2019/7/31)

Google Chrome完全ガイド:
【拡張機能不要】Chromeでスクロール必須の長いページ全体を1回でキャプチャする
Webブラウザで開いているWebページのスクリーンショットを撮るとき、スクロールするまで隠れている領域も含めてページ全体を保存するには? Google Chromeの標準機能だけでキャプチャーする方法を紹介します。(2019/7/24)

Google Chrome完全ガイド:
【Chrome拡張】不要なサイトをブラックリストに入れて検索結果からブロックする
Google検索でよくヒットするサイトの中に、ほとんど参照しないものが含まれていませんか? Google Chromeの拡張機能でそうした「不要な」サイトをブラックリスト化し、検索結果から除去する(ブロックする)方法を紹介します。(2019/7/17)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】終了時にCookieを自動削除して自動ログインを解除する
自分以外の人も操作できるPCでWebサイトへの自動ログインを設定しておくと、他人にログイン済みサイトを操作されて情報漏えいなどにつながる恐れがあります。そこで、Google Chromeの終了時に自動ログインを解除すべく、Cookieを自動削除する設定について説明します。(2019/7/3)

Google Chrome完全ガイド:
【緊急バグにも対応可】Google Chromeの自動更新を一時的に停止する
Google Chromeはデフォルトで最新版への更新が自動実行されます。しかし、まれに発生する最新版でのバグを回避する、といった理由から一時的にChromeの自動更新を止めたい場合もあります。その方法を紹介します。(2019/6/26)

Google、オリジナルタブレットから撤退し、Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に専念
Googleが、「Pixel Slate」を最後にオリジナルタブレットから撤退すると、Computerworldに語った。今後はノートPC型にフォーカスし、年内に「Pixelbook」の新モデルを発表する可能性をほのめかした。(2019/6/21)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】英語サイトの検索専用ブラウザを1クリックで起動する
ネット検索の際、英語に絞って情報を見つけたり、自社サイトの英語圏での表示を確認したりすることはないですか? Google Chromeでそうした英語検索専用のブラウズ環境を、普段の環境を変えることなく新規作成し、1クリックやダブルクリックで切り替えられるようにしましょう。(2019/6/19)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】ポリシーテンプレートで共有PCの勝手な設定変更を禁止する
共有PCのWebブラウザは、設定が勝手に追加・変更されることでトラブルにつながることがあります。そこでGoogle Chromeの「ポリシー」という仕組みを活用すれば、利用者には変更できないように設定を強制できます。Windows OS版を対象として最もシンプルな設定手順を説明します。(2019/6/12)

「Google Chrome 75」が安定版に 多数の脆弱性修正、Androidでは強いパスワード作成をサポート
デスクトップ向けのChrome 75では72件の脆弱(ぜいじゃく)性を修正。Androidでは内蔵のパスワードマネジャーを使って強いパスワードを作成できる機能などが盛り込まれた。(2019/6/6)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの「ユーザー」切り替え機能で共有パソコン利用のトラブルを回避する
共有PCのWebブラウザは、ブックマークや設定が勝手に追加・変更されることでトラブルにつながることがあります。Chromeで複数のユーザーを作成すれば、使い方あるいはスタッフごとにブックマークや設定などを分離して、スムーズに運用できます。(2019/6/5)

アクセシビリティーも向上
「Chrome OS 74」の注目機能とは? Android/Linuxアプリ利用がより快適に
Chrome OSバージョン74は、組織向け機能やアクセシビリティー、セキュリティなどを強化した。AndroidアプリとLinuxアプリ向けの機能を強化し、使い勝手の向上を図る。(2019/6/1)

Google、Chrome拡張機能とドライブAPIのプライバシーポリシー厳格化
Googleが、Chrome拡張機能とGoogle ドライブのAPIのプライバシーポリシーを改定し、ユーザーデータへのアクセスの透明性を向上させると発表した。開発者は改定までに対処する必要がある。(2019/5/31)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

エイサー、法人向けChrome OS搭載ミニPC「Acer Chromebox」にCore i5モデルを追加
日本エイサーは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したChrome OS搭載ミニPCのラインアップに第8世代Core i5モデルを追加した。(2019/5/15)

Google Chrome完全ガイド:
閉じても残るGoogle Chromeプロセスを完全終了させる
トラブルシューティングのためにGoogle Chromeを再起動しようとして、その全ウィンドウを閉じても、実はChromeが完全に終了されていない場合があることをご存じですか? 完全にChromeを終了させる手順と注意点を説明します。(2019/5/15)

Google I/O 2019:
これから発売のChromebookはすべてLinux対応に
Googleの「Chrome OS」搭載ノートPC「Chromebook」は昨年から一部のモデルがLinuxに対応していたが、同社はGoogle I/Oで、今後発売のすべてのモデルがLinuxをサポートすると発表した。(2019/5/13)

NTT-ATがWinActorをバージョンアップ、メール受信機能を備え画認識精度を向上
NTT-ATは「WinActor Ver.6.0」を5月31日に販売開始する。新たにメール受信機能を追加し、画像マッチングの精度を向上させた。Google Chromeでの操作の自動記録機能も備えた。(2019/5/10)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】設定画面で「組織によって管理されています」と表示される理由と消去する方法
Google Chromeバージョン73以降で、メニューや設定画面に「組織によって管理されています」と表示されるという現象が発生しています。筆者の実体験を基に、その原因と対策について説明します。(2019/4/24)

Google Chrome完全ガイド:
不要なタブ(ページ)を素早く閉じる3つの方法
Google Chromeでたくさん検索して多くのページを開いた後、不要になったタブを1つずつ閉じていくのは面倒ですよね? こうしたタブを1〜3ステップの操作で閉じる方法を幾つか紹介します。(2019/11/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。