ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Chromium」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Chromium」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MicrosoftがEdgeの開発者向け新機能を紹介 WinUI 2/UWP向け WebView2やPWA対応の強化など
米Microsoftが公式ブログにて「Microsoft Edge」ブラウザの開発者向け新機能をいくつか紹介した。(2022/5/26)

JavaScriptエンジン「V8」が更新、実験的APIのfetchとWeb Streamsも利用可能に:
サーバサイドJavaScript実行環境の最新版「Node.js 18」が公開
サーバサイドJavaScript実行環境の最新バージョン「Node.js 18」が公開された。JavaScriptエンジン「V8」が10.1にアップデートされ、グローバルフェッチが既定で有効になり、コアテストランナーモジュールが追加されている。(2022/4/28)

Innovative Tech:
ビデオ会議中、マイクが“ミュート”でも音が取得されている問題 米国チームが検証
米University of Wisconsin-Madisonと米Loyola University Chicagoの研究チームは、一般的なビデオ会議アプリにおいて、マイクをミュートにしている状態であっても音を取得できる可能性を指摘した論文を発表した。(2022/4/21)

Google ChromeとMicrosoft Edgeに新版 ゼロデイ脆弱性を修正
米Googleは「Google Chrome」の新版である「バージョン100.0.4896.127」の配布を始めた。(2022/4/19)

CISAが脆弱性カタログに9個の脆弱性を追加 Chrome、VMware製品などが対象に
CISAは「既知の悪用された脆弱性カタログ」に新たに9個の脆弱性を追加した。追加された脆弱性を再度確認するとともに、必要に応じてアップデートや緩和策を適用することが望まれる。(2022/4/19)

2022年4月の累積更新プログラムが配信 複数のMicrosoftプロダクトが対象
Microsoftは2022年4月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートには深刻度「緊急」に分類される脆弱性の修正が含まれている他、既に悪用が確認されているゼロデイ脆弱性も含まれている。(2022/4/14)

あなどれないWindows標準アプリ:
Microsoft Edge入門 ―やればできる子なんです、Edgeは―
Windows 10/11に無料で付いてくるWebブラウザ「Microsoft Edge」。でも「オマケ」として扱うのはもったいない!? もっと便利に、もっと効率よくEdgeを使いこなすための各種機能を紹介する。(2022/4/6)

2012年のFlash Player脆弱性もいまだ現役? CISAが整備中の「既知の悪用された脆弱性カタログ」に32件が追加
CISAは「既知の悪用された脆弱性カタログ」に32個の脆弱性を追加した。これらの脆弱性は、サイバー攻撃で積極的に悪用されており注意が必要だ。迅速な確認および対処が望まれる。(2022/3/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(121):
旧バージョンのWindowsが存在しない、新しい世界に備えよう――Windows、IEのサポート終了を再確認
本連載でも繰り返しお伝えしていますが、今回はリマインダーとして、この先1年でサポート終了を迎えるWindowsのバージョンを再確認します。(2022/3/29)

昔の相棒PCを「Chrome OS Flex」で蘇生 仕事にどこまで使えるか、個人と組織視点でレビュー
「Chrome OS Flex」で、筆者がかつて使っていた“相棒PC”をChromebook化。どこまで仕事に使えるか試してみた。(2022/3/25)

PayPay銀行、Firefoxのサポートを3月25日で終了 「IEよりも先とは」と嘆きの声
IEも近日中に対象外となり、以後、Windowsでの推奨環境はEdgeとChromeのみとなります。(2022/3/18)

Microsoft、2022年3月の累積更新プログラムを配信 Exchange Serverの深刻度「緊急」への対応が含まれる
Microsoftは2022年3月の累積更新プログラムの配信を開始した。幾つかの脆弱性は深刻度が「緊急」(Critical)に分類されているため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/3/9)

ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 5000」が登場 Zen 3アーキテクチャを採用
AMDのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO」が、Zen 3アーキテクチャベースに移行する。最大で64コア128スレッド構成を用意しており、Lenovoの「ThinkStation P620」を皮切りに搭載製品が順次登場する見通しだ。(2022/3/8)

Apple、Google、Microsoft、MozillaがWeb改善「Interop 2022」で協力
Apple、Google、Microsoft、Mozillaは、Web改善の取り組み「Interop 2022」を発表した。昨年の「Compat 2021」にAppleが参加した形だ。同名のベンチマークでSafari、Chrome、Edge、FirefoxのWeb標準適応状態を評価する。(2022/3/6)

「Google Chrome 99」の安定版公開 28件の脆弱性修正やダウンロードショートカットの移動など
Googleは、WebブラウザChromeの最後の2桁バージョン「99」をリリースした。28件の脆弱性に対処した。バージョン100へのアップデートは3月22日の予定だ。(2022/3/2)

中古PC活用:
GoogleのPC向け無料OS新版「Chrome OS Flex」をインストールしてみる
Windows PCやIntel Macで動作可能なChrome OS「Chrome OS Flex」がGoogleから提供された。Chrome OSは、起動が早く、障害発生時でも簡単に元の環境に戻せるなどの特徴がある。Chrome OS Flexは、USBメモリから起動可能で、簡単に試すことができる。そのインストール方法や初期設定方法を紹介しよう。(2022/2/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
マシンがときめく再生の魔法、なんでもChromebook化するGoogleメソッドってどう?
GoogleがPC/Mac向けOS「Chrome OS Flex」をテスト版を配布している。同社が買収したCloudReadyがベースだが、長らくWindowsやMacの代替になりそうで慣れなかったLinuxベースのOSが本格普及するかもしれない……?(2022/2/22)

小寺信良のIT大作戦:
起動しないMac miniをChromebook化して家庭円満に
Windows 11に見捨てられたPCをChromebook化して半年。CloudReadyが正式にChrome OSとなってまた試してみた。今度は起動しないMac miniを再生する。(2022/2/21)

Googleさん:
10年落ちMacBook AirをChrome OS Flexで現役Chromebookにしてみた
サポート対象外になり、休眠していた10年前の「MacBook Air」をChromebookにしてみました。Googleが発表した「Chrome OS Flex」の早期アクセス版で、簡単にできます。(2022/2/19)

CloudReadyの後継:
PCやMacにインストール可能 Googleが「Chrome OS Flex(早期アクセス版)」の提供を開始
Chromebook/Chromebox以外でChrome OSを使う手段として、Googleが開発会社ごと買収した「CloudReady」を「Chrome OS Flex」に一新して提供することになった。現時点では開発者向けの「早期アクセス版」という扱いで、特設サイトで申し込めば誰でも試用できるようになっている。(2022/2/16)

Tech TIPS:
サポート終了、知らずに使い続けると危ないMicrosoft製品主要リスト(2021年/2022年版)
Microsoftが提供する製品やサービスには、サポート期間が設定されており、サポート期間中は更新プログラムなどの提供が行われる。しかし、サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムの提供が止まり、使い続けることが危険な状態となる。サポート期間は製品ごとに設定されており、若干分かりにくい。そこで、2021年にサポートが終了した主な製品、2022年にサポートが終了する主な製品を一覧表にした。(2022/2/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(116):
Windows 10/11の「IEモード」のサイトリストをMicrosoft 365管理センターから集中管理する方法
Microsoftは2021年11月のMicrosoft Edge バージョン96のリリースと同時に、Microsoft 365管理センターで「IEモードのクラウドサイトリスト管理(Cloud Site List Management for IE mode)」機能がパブリックプレビューとして利用可能になったことを発表しました。この機能で配布されるサイトリストは、Microsoft Edge バージョン93以降で利用できますが、どのような機能なのか歴史的な背景を含めてレビューします。(2022/1/18)

Microsoftが2022年最初の累積更新プログラムを配信 「緊急」の脆弱性に対処
Microsoftは2022年1月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートでも深刻度が「緊急」(Critical)および「重要」(Important)に分類される複数の脆弱性に対処する。該当プロダクトを確認し、使用している場合には迅速にアップデートを適用したい。(2022/1/13)

約650gでRyzen搭載の超小型Windows PC「AYA NEO 2021」で錆びついたゲーム魂をよみがえらせる
これまで、超小型ゲーミングPCといえばIntelの一人舞台状態だったが、ついにAMDのRyzenプロセッサを搭載したモデルが一般市場でも手に入るようになった。約650gという軽量ボディーの「AYA NEO 2021」をチェックした。(2021/12/22)

問題が解決するまで専任の担当者が徹底支援:
PR:Windows 11移行時のアプリ互換性に不安があるなら絶対に利用したい無償の技術サポートサービス「App Assure(互換性支援サービス)」とは
「新しいOSへの移行」は企業システムにおける懸念事項の一つだ。「Windows 11」への移行でも、アプリやハードウェアの互換性が心配でなかなか踏み切れないということもあるだろう。そうしたOS移行にまつわる不安や懸念を解消してくれる無償の技術サポートサービスがあることはご存じだろうか。(2021/12/20)

「既定ブラウザを選択する権利」はどこに
「Edge」じゃないとリンクを開けない? Microsoftが“Edge推し”を極める理由
「Windows 11」で「Microsoft Edge」以外のWebブラウザを使ってリンクを開くことができなくなる可能性を巡り、IT専門家やユーザーの議論が白熱している。Microsoftは何を考えているのか。(2021/12/18)

Microsoft、Edgeのセキュリティを固める「Super Duper Secure Mode」を最新安定版に導入
Microsoftが、テストを続けていた同社のWebブラウザ「Microsoft Edge」の「Super Duper Secure Mode」を最新の安定版に導入した。(2021/11/24)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(112):
「Microsoft Edge」のリリースサイクル短縮と新しい拡張安定版チャネルが開始、企業への影響は?
Microsoftはこれまで、Chromium版Microsoft Edge安定版のメジャーバージョンを「6週間ごと」のサイクルでリリースしてきました。今後はそのサイクルを「4週間ごと」に短縮し、新たに「8週間ごと」の拡張安定版の提供を開始します。(2021/11/16)

Microsoftが2021年11月の累積更新プログラムを配信 迅速に確認と適用を
Microsoftは2021年11月の累積更新プログラムを配信した。深刻度が緊急(Critical)に分類される脆弱性が修正されており、該当プロダクトを使っている場合には迅速な対応が望まれる。(2021/11/12)

コンテンツ制作のデータ共有を円滑に:
「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βがスタート Webブラウザ版「Photoshop」「Illustrator」も登場
Adobeがイベント「Adobe MAX 2021」に合わせて新サービス「Adobe Creative Cloud Web」の招待制βを開始した。クラウドを介してコンテンツ制作のコラボレーションを円滑化することを目的としており、一般ユーザーには2022年から順次正式なサービスとしてリリースしていく予定だ。(2021/10/26)

Tech TIPS:
Windows 11で復活した「ウィジェット」 でも仕事用PCではボタンを非表示にすべき理由
Windows 11の新機能「ウィジェット」の設定方法を紹介しよう。Windows 10の「ニュースと関心事項」に相当する機能で、天気やニュースなどを素早く確認できる。表示する項目や内容などのカスタマイズも可能だ。(2021/10/18)

Microsoftが2021年10月の累積更新プログラムを配信 迅速にアップデートを
Microsoftは2021年10月の累積更新プログラムを配信した。「緊急」(Critical)に分類される脆弱性の修正が含まれるため、迅速なアップデート適用が望まれる。(2021/10/14)

Windows 11 Trends:
Windows 11登場! 11で変わること、思ったほど変わらないこと
新しいWindows OS「Windows 11」の正式出荷が2021年10月5日に開始された。Windows 10からの無償アップグレードが可能であるため、どのような新機能が実装されたのか気になる人も多いのではないだろうか。そこで、本稿ではWindows 11の新機能、削除された機能などを簡単にまとめてみた。(2021/10/11)

山市良のうぃんどうず日記(216):
迫るサポート終了の日! それでもまだIEを使いたい
MicrosoftはユーザーをレガシーなInternet ExplorerからモダンブラウザであるChromium版Microsoft Edgeに移行させるため、手を替え品を替え(とは言い過ぎかもしれませんが)、積極的に、時には強引に動いています。Windows 10におけるIEのサポートは「2022年6月15日」まで続くのですから、それまではそっとしておいてください……と言いたいです。(2021/10/6)

Microsoftが2021年9月の累積更新プログラムを公開 Windowsの37製品や機能に脆弱性
Microsoftは、2021年9月の累積更新プログラムを配信した。該当するプロダクトは37種にわたる。深刻度が重要(Important)に分類される脆弱性の修正も多数含まれるため、迅速なアップデートの適用が必要だ。(2021/9/16)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeのホームページを自分好みに設定する
Microsoft Edgeで起動時や[ホーム]ボタンなどを押して開くページを、よく利用するWebページに変更しよう。また、拡張機能を利用することで、「新しいタブ」ページを任意のWebページに変更することも可能だ。その方法を紹介する。(2021/9/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(192):
Windows 10の「機能更新プログラム(有効化パッケージ)」の秘密を暴く
2021年後半、Windows 11と同時期に、Windows 10の機能更新プログラム「バージョン21H2」のリリースが予定されています。大規模なアップグレードだったWindows 10 バージョン2004に対し、Windows 10 バージョン20H2、バージョン21H1と小規模なアップデートが続きましたが、次のバージョン21H2も小規模なアップデートになるようです。(2021/8/25)

山市良のうぃんどうず日記(213):
Windows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法(Microsoft公式情報)
Microsoft Edgeのバージョンを古いバージョンにロールバックするMicrosoft公式の方法が公開されていたので、以前の記事の補足として紹介します。(2021/8/18)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(106):
Windows 10クライアントのエディションやバージョン情報を収集する便利な方法
膨大な数のWindowsクライアントPCやWindows Serverを管理している企業や組織にとって、どのバージョンのOSが稼働しているのかを把握することは重要です。半期に一度、新しいバージョンが登場するWindows 10を導入した場合はなおさらです。(2021/8/17)

山市良のうぃんどうず日記(211):
本当にできるのか? Windows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法
2021年3月、Windows 10標準のブラウザだったEdgeHTML版の「Microsoft Edge」のサポートが終了し、4月以降、サポート期間中の半期チャネル(SAC)のWindows 10から削除され、Chromium版の新しいMicrosoft Edgeに置き換わりました(まだインストールされていなかった場合)。新しいMicrosoft Edgeは、常に最新バージョンに更新され、アンインストールはできません。通常の方法ではその通りなのですが、実は、アンインストールできなくもありません。(2021/7/21)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(104):
業務継続性確保のために、モダンブラウザ二刀流のススメ
2021年3月13日にレガシーなMicrosoft Edgeのサポートが終了し、2021年4月のセキュリティ更新までにアプリの削除と新しいMicrosoft Edgeへの置き換えが行われました。Internet Explorer 11のサポートも、1年後の2022年6月に終了することが発表されています。Microsoftが推奨するのは、新しいMicrosoft Edgeの安定版、最新バージョンということになりますが、モダンブラウザを新しいMicrosoft Edgeだけに頼るのは業務継続性の観点からお勧めできない事例に遭遇しました。(2021/7/20)

小寺信良のIT大作戦:
Windows 11に見捨てられたPCをChromebook化して幸せに
世代交代の波に飲み込まれてしまうオールドPC。だが、救いの手があった。(2021/7/6)

使われなくなった法人向けWindows PCをChromebookにして学習支援団体に寄付 北海道IT推進協会
北海道IT推進協会は、OSアップデートなどで使われなくなった法人向けWindows PCを「Chromium OS」ベースのOSに乗せ換え、子どもの教育を支援する非営利団体に寄付する取り組みを始めると発表。(2021/6/22)

テレワークが普及した今だからこそ 日本HPが注力する「エンドポイントセキュリティ」を解説
HPが、ビジネス向けPCにおけるエンドポイントセキュリティソリューションを「HP Wolf Security」というブランド名で訴求し始めた。なぜ今、エンドポイントセキュリティを強力に訴求するのか、日本HPが狙いを説明した。(2021/6/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(143):
次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能に
これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。(2021/6/10)

Windowsフロントライン:
IE11の終了に向けて知っておくべきこと
長年利用されてきた「Internet Explorer 11」が2022年6月15日でサポート終了を向かえる。日本マイクロソフトが記者発表会を行ったので、そこから見えてきたことをまとめた。(2021/6/7)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)で追加された機能、削除された機能まとめ
2021年5月21日に2021年の上期(春)の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。既にWindows Updateのオプションの更新プログラムとして多くのPCに提供されているようだ。そこで、このMay 2021 Updateで追加された機能、削除された機能についてまとめてみた。(2021/5/27)

山市良のうぃんどうず日記(207):
2021年初夏、懐かしの「Windows 8」を新規インストール&更新してみたら……
Windows 8は2016年1月にサポートが終了し、既に5年以上たちます。しかし、少し確認したいことがあって仮想マシン環境に新規インストールする機会がありました。ついでにWindows 8としての最新状態まで更新して仮想ハードディスクをアーカイブとして保管しておきたいと思います。(2021/5/26)

Windowsフロントライン:
IE11がついに2022年6月15日で終了へ 日本でのシェアは?
ついにInternet Explore 11のサポート終了日程が明らかにされた。その意味と今後の影響、日本におけるブラウザシェアから見えてきたことを考える。(2021/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。