ITmedia NEWS > STUDIO >

Google、Chromeブラウザに3つのAI機能 タブの自動グループ化など

» 2024年01月24日 07時29分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 米Googleは1月23日(現地時間)、WindowsおよびMac版のChromeブラウザに3つのAI機能を追加すると発表した。同日配信開始のバージョン121.0.6167.85/86で、米国から順次「実験的な生成AI機能を導入」していくとしている。

 本稿執筆現在、利用できるのはGoogleアカウントにログインした米国在住の18歳以上となっている。利用できるようになったら、Chromeの右上の縦[…]→[設定]に「Experimental AI」(日本語版での項目名はまだ不明)という選択肢が表示されるようになる。

AIタブオーガナイザーでタブの自動グループ化

 Chromeには2020年からタブグループ化機能がある。現在はユーザーが手動で関連するタブをグループ化する必要があるが、タブオーガナイザーを使えば、Chromeがタブの内容に基づいてグループを提案し、作成する。

 タブを右クリックして「Organaize Similar Tabs(類似したタブを整理)」を選択するか、左端の下向き[<]をクリックする。タブグループの名称と絵文字も提案する。

 tab タブオーガナイザー

Android 14と同様のAI生成テーマ

 Googleのスマートフォン「Pixel 8/8 Pro」では、「Android 14」の新機能として生成AIによる壁紙制作が可能になっている。同様の機能をChromeでも使えるようになる。

 自由なテキストで生成できるわけではなく、提示される「オーロラ」「穏やかな」「アニメーション」などの候補からイメージを選ぶ。

 wallpaper テーマのAIによる生成
 wallpaper 2 AIが生成したテーマの例

Gmailで提供済みの「Help me write」をブラウザでも

 Webでのレストランのレビューやサービスへの質問などの文章の作成を、生成AIがサポートする。Webサイトでテキストを入力する際、入力枠上で右クリックすると「Help me write」を選択できるようになり、書きたいことに含まれる単語をいくつか入力すると、AIが作文を開始する。

 help me write Help me write

 この機能は、昨年のGoogle I/OでGmailの新機能として発表されたもの。日本でも英語でなら使えるようになっている。

 Googleは、新たなAIモデル「Gemini」の統合など、ChromeへのAI導入を推進していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.