ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「cookie」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Insider's Computer Dictionary [Cookie] − @IT

配信の仕組みは?:
ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオウンドメディアだけでなくドコモ外の主要広告メディアに、ターゲティング広告配信・効果計測が可能な手法を開発した。(2024/4/19)

ポストCookie総まとめ:
Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後の対策についてまとめる。(2024/4/17)

今日のリサーチ:
Web広告担当者が実施してみて分かった最適な「Cookie規制」対策の第1位は?
イルグルムがWeb広告担当者214人を対象にCookie規制対策の実態調査を実施。効果のあった対策や実施の障壁について質問しました。(2024/4/11)

ポストCookie総まとめ:
あらためて知りたい「プライバシーサンドボックス」とは? 配信事例を交えて解説
GoogleがサードパーティーCookieの代替ソリューションとして提唱する「プライバシーサンドボックス」。具体的な機能や配信事例を踏まえながら、マーケターや広告主はどう対応すべきか解説する。(2024/4/10)

ポストCookie総まとめ:
共通IDソリューションが導くポストCookie時代のマーケティング戦略
Google ChromeのサードパーティーCookie廃止が目前に迫り、広告業界は大きな変革期を迎えている。従来のユーザー追跡方法が制限される中、新たな顧客体験とマーケティング戦略を実現するために注目を集める技術が「共通IDソリューション」である。(2024/4/3)

新規集客から顧客LTV最大化まで:
ポストCookie1兆円市場を見据えてマイクロアドがUNCOVER TRUTHを連結子会社化
マイクロアドがUNCOVER TRUTHを連結子会社化。ポストCookie時代における新しいマーケティングの実現を目指す。(2024/3/30)

Marketing Dive:
Googleがプライバシー重視の測定ツール「Meridian」を提供 マーケターにとってのメリットは?
GoogleによるサードパーティCookieの廃止が長年の戦術を覆し、MMMが注目を集めている。そして今、満を持して「Meridian」が登場する。(2024/3/27)

ポストCookie総まとめ:
Cookie廃止が迫る今、再度注目を集める「コンテクスチュアルターゲティング」とは?
サードパーティーCookieの廃止が迫る今、あらためて注目を集めるのが「コンテクスチュアルターゲティング」だ。具体的にはどのような技術なのか。マーケター視点でパフォーマンスへの影響を解説する。(2024/3/27)

2つの試練がマーケターを直撃【後編】
「サードパーティーCookie」が廃止になっても“あれ”を使えば大丈夫
GoogleはChromeのサードパーティーCookieを廃止する。既に他のブラウザでもサードパーティーCookieのブロックは始まっている。こうした変化を受けて、新しいマーケティング手法に注目が集まっている。(2024/3/22)

今日のリサーチ:
Web広告のプロの約6割がサードパーティーCookie廃止に向けた対策を「すぐに必要」と回答――イルグルム調査
イルグルムは、Googleが2024年後半にChromeにおけるサードパーティーCookie廃止を公表していることを受け、広告代理店などのWeb広告担当者を対象に意識調査をしました。(2024/3/21)

ポストCookie総まとめ:
サードパーティーCookie廃止のXデーは? 訪れる変化と、今マーケターが取り組むべき対応
Googleは2024年後半からサードパーティーCookieのサポートを段階的に終了する。まずはそれまでのロードマップと、今後訪れる変化にマーケターがどう対応すべきかを解説する。(2024/3/21)

規制が進む「Cookie」問題【後編】
Chrome「サードパーティーCookie」廃止後に使える“2大代替手段”はこれだ
プライバシーの観点から、“脱サードパーティーCookie”の流れが加速する見込みだ。GoogleはChromeにおけるサードパーティーCookie廃止に乗り出した。代替手段はあるのか。(2024/3/18)

規制が進む「Cookie」問題【前編】
Googleの「サードパーティーCookie廃止」がWeb市場を“激震”させる予感
Googleはプライバシーの懸念に対処するため、ChromeのサードパーティーCookie廃止に踏み切る。これによってどのような影響があるのか。今後の同社の計画とは。(2024/3/11)

「Protected Audience API」入門:
ポストCookieの新手法を試すのは今が好機 広告主のための5つのステップ
最終回となる今回は、サードパーティーCookieの廃止が広告主やパブリッシャーなどに与える影響と、Cookieレス時代に向けて今からできる対策について言及する。(2024/3/6)

「Protected Audience API」入門:
テストして分かった「Protected Audience API(旧FLEDGE)」 Cookieよりも期待できそうなこととは?
プライバシー保護を前提としつつ、Web上の行動追跡手段をどう確保するか。GoogleがサードパーティーCookie代替技術として提唱する「プライバシーサンドボックス」の一つである「Protected Audience API」について、詳しく解説する。(2024/2/28)

「Protected Audience API」入門:
Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを終了する。その代替案としてGoogleが取り組む「プライバシーサンドボックス」の現況について、あらためて解説する。(2024/2/21)

Marketing Dive:
Googleが広告業界の救世主になると勝手に期待してはいけない理由
GoogleによるサードパーティーCookie廃止を目前に控え、広告業界はターゲティングや計測の課題を解決する方法を模索している。マーケターが現実的に取り得る手段とはどのようなものか。(2024/2/19)

Marketing Dive:
2024年、米国ではデータドリブンマーケティングへの投資が360億ドル超え 活気づく広告市場に死角はないか?
Cookieの廃止とコネクテッドコマースの台頭により、マーケターは戦略の転換に本腰を入れようとしている。(2024/2/14)

Marketing Dive:
生成AIでポストCookieの課題を乗り越えるために必要な3つのこと
Cookieの死が目前に迫って、マーケターはデータをより適切に管理する必要が生じている。だが、このタスクはAIで処理できる可能性がある。(2024/2/12)

Maketing Dive:
Cookieレスと生成AIでマーケターの未来は明るい? 真っ暗?――「Marketing Dive」の8つの予言【7】【8】
「Maketing Dive」が予言する2024年のトレンドの7つ目「透明性へのアプローチが変わる」と8つ目「AIに対する目はますます厳しくなる」について詳しく紹介する。(2024/2/10)

顧客データ収集から広告配信までワンストップで提供:
Cookie不要のリターゲティング広告サービス インティメート・マージャーとログラフが共同開発
両者の技術を掛け合わせることで、CookieレスでもWebサイト訪問者の囲い込みや興味属性による広告配信を実現し、高品質なPDCAサイクルが実行可能になる。(2024/2/9)

Marketing Dive:
サードパーティーCookieが本当に廃止される2024年、生き残りたいマーケターが必ずやるべきこと3選
PCH Mediaのティム・ブラズ氏によれば、ゼロパーティーデータとファーストパーティーデータを優先し、消費者にフォーカスすることが重要だ。(2024/2/8)

テストユーザーに選ばれるかどうかはランダムに決まる:
Google、一部のChromeユーザー向けにサードパーティーCookieを制限するテストを開始
Googleは、一部のChromeユーザーを対象に、WebサイトのサードパーティーCookieへのアクセスをデフォルトで制限するテストを開始した。(2024/1/9)

ユーザーの1%が対象:
サードパーティーCookie廃止は次の段階へ GoogleがChromeのトラッキング保護機能のテストを開始
Googleは、Webブラウザ「Chrome」を通じてWebサイトへアクセスする際、サードパーティーCookie制限をデフォルトとするテストを、一部のユーザーに対するクロスサイトトラッキングの制限をついに開始する。(2023/12/19)

Google、Chromeでのトラッキング防止機能テストを1月4日からユーザーの1%で開始へ
Googleは、2024年末までにサードパーティCookieを廃止するという目標に向けて、2024年1月4日からトラッキング保護機能のテストを開始すると発表した。ユーザーの約1%を対象とする計画。(2023/12/15)

引き続きターゲティングと効果測定を可能にするために:
動き出すサードパーティーCookie廃止、GoogleがGroupMと立ち上げた準備プログラムの中身とは?
GroupMは、GoogleのWebブラウザ「Chrome」において2024年下半期に予定されているサードパーティーCookie廃止を見据え、Googleと共同で、プライバシーサンドボックスAPIを使用した業界初の準備プログラムを開始すると発表した。(2023/12/13)

今日のリサーチ:
「AI規制法案」を日本のマーケターの87%が注視、サードパーティーCookie廃止後もAI活用に期待――Criteo調査
Criteoが発表した「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」の結果です。(2023/12/8)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】デジタル広告
サードパーティーCookie廃止でデジタル広告はどうなる?(2023/9/30)

Google、サードパーティCookie廃止に向けて「関連性と測定API」一般提供開始
Googleは、2024年末のサードパーティCookie廃止に向けて、「関連性と測定API」の一般提供を開始した。また、ユーザー向けに新しい広告プライバシーコントロールもリリースした。(2023/9/8)

プレイバック注目コンテンツ:
「サードパーティーCookie廃止」が今度こそ現実に 準備はできている……よね?
Googleが明らかにしたサードパーティーCookie廃止の詳細なスケジュールと、事前のテスト計画とは ?(2023/9/3)

Tech Basics/Keyword:
「Cookie(クッキー)」を受け入れるとどうなるの?
Webブラウザでページを開いた際、ページに「このサイトでは、Cookieを使用してコンピュータに情報を保存しています」といった表示を見かけたことはないだろうか。この「Cookie」とは何なのだろうか。Cookieとはどのような仕組みなのか、いまさらながら解説しよう。(2023/7/28)

AIがマーケティングに貢献できること:
AIとファーストパーティーデータのコンビネーションがデジタル広告の未来を切り開く――Appier CEOに聞く
GoogleによるサードパーティーCookieのサポート停止を目前に、デジタル広告の在り方が大きく変わろうとしている。今後の鍵を握ると考えられるのがAI。台湾発のAIテクノロジー企業AppierのCEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2023/7/14)

トラッカーブロック、暗号化など:
DuckDuckGoのWindows用Webブラウザが登場、プライバシー保護機能を搭載
DuckDuckGoは、Windows用ブラウザのパブリックβ版を公開した。DuckDuckGo for Windowsにはトラッカーブロック、Cookieポップアップ管理機能などが追加された。(2023/7/14)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
Googleは今度こそサードパーティーCookieを廃止する? GoogleのAI「Bard」に聞いてみた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「GoogleのサードパーティーCookie廃止」です。(2023/7/1)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
Cookieレスでも成果を出すターゲティング広告、準備はできている?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、仮想ユーザーIDを用いたクッキーに依存しないターゲティング広告などに注目する。(2023/6/30)

Marketing Dive:
本当に動き出すGoogleの「サードパーティーCookie廃止」 具体的な計画は?
2020年に発表されたものの延期が続いていた「Google Chrome」のサードパーティーCookie廃止計画がついに動き出すようだ。Googleが明らかにした詳細なスケジュールと、事前のテスト計画とは。(2023/6/15)

Google、サードパーティCookie完全廃止に向けて2024年Q1にChromeユーザーの1%で無効に
Googleは、2024年第1四半期にChromeユーザーの1%のサードパーティcookieを無効にすると発表した。また、Chrome 115で、開発者がより広範な規模でプライバシーサンドボックス対応のテストを行えるようにする。Googleは2024年後半のサードパーティcookie完全廃止を目指している。(2023/5/19)

今日のリサーチ:
「買い控え」「ブランド乗り換え」「Cookie利用への不信感」など――「2023消費者トレンドインデックス」
世界の消費者意識と傾向に関する調査レポートです。(2023/3/9)

6媒体横断の連携を実現:
オプトの統合データ活用プラットフォーム「ONE’s Data」がTikTokと連携
ポストCookie時代に対応。(2023/2/28)

新メニュー「docomo Ad Network +L」を提供開始:
docomo Ad Networkに新メニュー ドコモのデータを活用した広告配信をドコモのメディア以外でも実現
ドコモの会員基盤に基づく高精度のターゲティングで脱サードパーティーCookie対策。(2023/2/13)

今日のリサーチ:
CDP市場、2021年度は前年度比18.7%増 2026年まで年平均15.2%成長で推移の見込み――ITR調査
サードパーティーCookieを活用した広告配信が制限を受ける中、ファーストパーティーデータの活用がますます注目されているようです。(2023/2/2)

“Cookieを有効にするクッキー”のカプセルトイ登場 個包装で本物のお菓子みたい!
「企画デザイン2時」による「cookieを有効にするクッキー型」を使って焼き上げたクッキーがモデル。(2023/1/3)

全5プラットフォームでサーバサイド計測:
Cookieに依存しない計測基盤「X-Stack Connect」がLINE、Twitter、TikTokとも連携
プライバシー保護と計測環境の維持を高いレベルで両立させる「X-Stack Connect」が日本における主要5プラットフォームと連携。(2022/12/23)

今日のリサーチ:
脱サードパーティーCookie対策の現状は?――Salesforce「マーケティング最新事情」(第8版)
ポストCookieへの備え、Web3への取り組みなど、世界35か国6000人以上への調査とSalesforceプラットフォームを使用して送信された数兆件のメッセージ分析から、世界のマーケターの最新トレンドをまとめています。(2022/12/15)

Marketing Dive:
P&Gも支持を表明 ポストサードパーティーCookieの本命「Unified ID 2.0」とは何か?
The Trade Deskなどが推進する「Unified ID 2.0」について、P&Gなど著名な企業が続々と支持を表明している。同技術は、サードパーティーCookieの有力な代替手段になるのだろうか。(2022/10/3)

脱サードパーティーcookie後の「DMP」の未来【第4回】
DMPは「脱サードパーティーcookie」でこう変わる
「DMP」は「脱サードパーティーcookie」の動きに対処するために、どう変化すべきなのか。DMPの今後を占う上で重要になる、主要なトレンドを整理する。(2022/9/15)

脱サードパーティーcookie後の「DMP」の未来【第3回】
サードパーティーcookieが使えないなら「ファーストパーティーデータ」を使おう
「脱サードパーティーcookie」の動きを踏まえて、「DMP」は変化しつつある。その一つが「ファーストパーティーデータ」の活用だ。具体的に何がどう変わるのか。(2022/9/8)

Marketing Dive:
Cookieレスの未来でマーケターが生きる道 専門家のアドバイスは?
GoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポート廃止を2024年に再延期。長くなった猶予期間にマーケターは何をすべきか。(2022/9/7)

脱サードパーティーcookie後の「DMP」の未来【第2回】
いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の謎 なぜ使ってはいけないのか?
マーケティングに不可欠な「DMP」は、これまで「サードパーティーcookie」に依存してきた。そのサードパーティーcookieの利用を廃止する動きが広がっている。そもそもサードパーティーcookieの何が問題なのか。(2022/9/1)

Marketing Dive:
GoogleがサードパーティーCookie廃止を2024年後半に再延期 それでも広告主が日和ってはいけない理由
Googleが何度計画を変更しようとも、広告主はCookieのない未来を開発し、実装する計画を遅らせるべきではない。(2022/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。