ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「cookie」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Insider's Computer Dictionary [Cookie] − @IT

Computer Weeklyリバイバル
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie 攻撃」の仕組みと緩和策
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/22)

今日のリサーチ:
マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。(2022/1/19)

「オウンドプラットフォーム」が鍵
脱Cookie依存のコンテンツ&データ戦略 マーケターの仕事はこう変わる
サードパーティーCookieの廃止によって、顧客の心をつかむコンテンツとそれを適切に届けるためのデータ戦略の重要性がますます高まっている。これからのデジタルマーケティングが目指すべきゴールとは。(2021/12/28)

CTOに聞く:
Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。デジタル広告の近未来を占う上で、パフォーマンス広告の雄であるCriteoの次の一手は気になるところ。CTOに話を聞いた。(2021/12/3)

行動履歴使わずターゲティング広告配信 KDDI、脱Cookie進める
KDDIが、消費者のライフスタイルに合わせた広告を、行動履歴の追跡や収集なしに配信するプラットフォームを開発した。KDDIが同意を得て取得した情報を活用する。(2021/11/16)

「インサイトシグナル」で培った知見を活用:
脱サードパーティーCookie時代のデジタル広告効果測定&出稿計画支援サービス 野村総合研究所が提供
ファーストパーティーデータ(会員データ)やゼロパーティーデータ(生活者のアンケートデータ)などを活用。(2021/11/9)

やっと気付いた?
「Cookie同意ポップアップは有害」――英国がG7に見直しを提案
GDPRに基づいて始まった「Cookie同意ポップアップ」。これはユーザビリティーを低下させるだけでなく個人情報保護にとってむしろ逆効果だという。英国の呼び掛けによって改善に向かうのだろうか。(2021/11/5)

広告を掲載するWebページのコンテンツに連動して最適な広告を配信:
Criteo、Cookieレスで広告のパーソナライズを実現する「Criteoコンテクスチュアル広告」を提供開始
Cookieレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする新しい手法。(2021/10/29)

必要な対応は:
Cookie利用の行動ターゲティング広告 令和2年個人情報保護法改正でどう変わる?
Q: 令和2年改正個人情報保護法に伴い、自社のWebサイトで行動ターゲティング広告を行う場合、どのような対応をするべきでしょうか。(2021/10/28)

注意すべき点とは:
法改正に伴うCookie対応、BtoB企業はどこまで必要? 英語ページで変えるべき? 専門家に聞くQ&A
2022年4月に迫る個人情報保護法の改正に備え、自社のCookie対応などをどこまでするべきか迷っている担当者は少なくないだろう。「BtoB企業はどこまで対応すべきか?」「英語ページと日本語ページで対応を分けるべきなのか?」などの疑問に、弁護士・ニューヨーク州弁護士の石川智也氏が回答した。(2021/10/21)

22年4月に迫る個人情報保護法改正:
Cookie対応は「ポップアップを導入したから安心」ではない 改正法に備え、企業はどこまで対応すべきか
これまでCookieの扱いについては明確な指針が示されてこなかったが、22年4月より施行される改正個人情報保護法で、国内法としては初めて明確な規制が加わることになる。(2021/10/21)

SnowflakeのUnified ID 2.0サポートをどう見るか Cookieレス時代のデータ活用の行方
SnowflakeがUnified ID 2.0のサポートを表明した。「ファーストパーティーデータをより効果的に活用できるようになる」という。(2021/9/30)

顧客が選べるギフトに勝機あり:
PR:激変するマーケティングに「デジタルギフト」という一手 「贈って」顧客接点を作り、育む効果とは?
コロナが生んだ「会わない、触らない」という新常識、そしてサードパーティーCookieの規制による個人情報保護など、マーケティング業界は今、一大転換期を迎えている。今までの常識にとらわれることなく、顧客接点を拡大し、売り上げにつなげるためには何が必要なのか? 「デジタルギフト」という新しい切り口で多くの集客・販促施策を支援するギフティに聞いた。(2021/8/31)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
天気に合わせた広告配信 「weathermarketing.net」が目指す広告体験向上のためのデータ活用
脱サードパーティーCookieの流れが進む中、広告の「出し分け」があらためて課題になっている。そうした中、気象データの活用というアプローチを取るサービスが登場した。(2021/8/13)

暑い日に飲料の広告、雨の日は集客用クーポン:
天気にあわせて広告を表示 Cookie廃止で「位置情報×天気×広告」は盛り上がるか?
サードパーティーCookieの廃止に向け、広告業界が対応を模索する中、「天気に合わせた広告」を提供する動きが出てきている。天気に左右されやすい購買行動として、スーパーや飲料品の売り上げなどがある。こうしたニーズを、広告で解決できるか。(2021/8/4)

ウェザーニューズ、Cookieに頼らない「天気連動型動画広告」 CTRは従来比40%向上
ウェザーニューズ社は、スマホアプリ「ウェザーニュース」内でCookieに頼らずユーザーの好みに合う広告を配信する「天気連動型動画広告」の提供を始めた。アプリの利用情報とユーザーの位置情報、気象情報を活用する。(2021/7/19)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第4回】
ファーストパーティーデータ強化で“脱サードパーティーcookie”する5つの方法
サードパーティーcookie廃止に備え、IT部門はデータ管理を見直しつつファーストパーティーデータを増強する必要がある。具体的に考えられる5つの方法を紹介する。(2021/7/1)

これからどうなる?:
Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期 アドテク各社がコメント
GoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポート完全廃止を2023年後半まで延期と発表。広告プラットフォーム各社が発信したメッセージをまとめた。(2021/6/28)

Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期
Googleが、ChromeブラウザでのサードパーティーCookie完全廃止の目標日程を延期した。2023年後半を目標とする。「正しく行うにはエコシステム全体でより多くの時間が必要であることが明らかになった」としている。(2021/6/25)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第3回】
“脱サードパーティーcookie”に向けてIT部門が準備すべき2つのこと
サードパーティーcookieの廃止をスムーズに進めるために、IT部門はどのような準備をすればよいのか。主要な2点を説明する。(2021/6/24)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第2回】
個人を特定しない「コンテキスト広告」はどこまで使えるか?
サードパーティーcookieに代わる、デジタル広告のための新しい手段には何があるのか。現在考えられる主な手段のうち、「匿名セグメントによるターゲティング」「個人を特定しないターゲティング」を紹介する。(2021/6/17)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第1回】
“脱サードパーティーcookie”でデジタル広告はどう変わる?
サードパーティーcookieの使用を禁止する動きが始まった。競争力を維持したい企業は、顧客を識別するための新しく強力な手段の検討を迫られている。(2021/6/10)

Computer Weekly日本語版
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie 攻撃」の仕組みと緩和策
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/7)

「Firefox 89」で大幅デザイン変更 タブや通知が見やすく
Webブラウザ「Firefox」がバージョン89にアップデート。大幅なデザイン更新で、アイコンやフォントが変わり、タブが大きくなった。Cookie規制も強化された。(2021/6/2)

今日のリサーチ:
サードパーティーCookie利用制限 6割超のデジタルマーケターは詳細を理解せず――LiveRamp Japan調査
LiveRamp Japanは、広告主のデジタルマーケターと日本人ネットユーザーを対象に、業界の変化への対策やプライバシー意識に関する調査を実施しました。(2021/5/28)

PR:チャンスか、破滅か Cookieの終焉がパブリッシャーにもたらす影響とは
(2021/5/27)

Tech Basics/Keyword:
「サードパーティークッキー(3rd Party Cookie)」って何?
多くのWebブラウザが「サードパーティークッキー」を段階的に廃止するという。この「サードパーティークッキー」とは何なのか、エンドユーザーにとって何が問題なのかについて解説していく。(2021/5/10)

サードパーティーCookieを使わずに顧客の属性や行動を管理、アドビが「Real-Time CDP」を発表
Adobeは、CDPの新製品「Real-Time CDP」を発表した。企業がさまざまな種類のファーストパーティーデータを集約し顧客像を形成するための一元化されたハブとして機能する。(2021/4/30)

ファーストパーティーデータの活用で顧客体験強化:
「Adobe Real-Time CDP」がCookieレス時代のマーケターにもたらすもの
Adobeがファーストパーティデータ指向型の次世代型CDPを発表。あるべき脱Cookie戦略についてAdobeの考え方をまとめた。(2021/4/28)

Pass-the-cookie攻撃の脅威【後編】
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie攻撃」の緩和策
Pass-the-cookie攻撃を完全に防ぐ方法はないが、緩和することはできる。組織やユーザーを守るために何ができるのか。(2021/3/15)

Pass-the-cookie攻撃対策【前編】
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie攻撃」の仕組み
多要素認証は、Pass-the-cookie攻撃によって迂回される可能性がある。攻撃に成功すると、サイバー犯罪者は正規ユーザーになりすましてシステムを利用することができる。(2021/3/8)

Chrome「サードパーティーCookie廃止後に別のトラッキング技術は採用しない」
Googleは今回、サードパーティーCookieのサポート廃止後に現在広告業界が取り組みを進めているトラッキング技術を採用することはないと明言した。自社が進めるPrivacy Sandboxが広告業界にもユーザーにとってもメリットがあることを強調する狙いがあるものとみられる。(2021/3/6)

Google、サードパーティーCookie完全廃止に向けてFLoCのテスト開始
Googleが来年予定しているChromeでのサードパーティーcookie完全廃止に向けて、これに代わるプライバシー重視の代替技術「FLoC」のテスト開始を発表した。“他のプロバイダーのように”サードパーティーCookieの代わりにユーザーを一意に識別するような識別子を使うことはしないと強調した。(2021/3/4)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【後編】
個人情報不要の「コンテキストターゲティング」はデジタル広告を変えるか
サードパーティーcookieの利用が制限されたら、どのようにして広告をパーソナライズすればいいのか。主要な5つの代替策のうち3つを紹介する。(2021/2/1)

Supercookie型のアドテクもブロック Firefox 85が対策を実装
ユーザートラッキングはCookieだけの問題ではない。Cookie以外の機能を使ってユーザーをトラッキングする技術はSupercookie(スーパークッキー)と呼ばれるが、Firefoxはプライバシー保護を目的にSupercookieへの対策を強化する実装を打ち出した。(2021/1/27)

プライバシーとオンライン広告の行方は:
サードパーティーCookie廃止の代替案「Privacy SandBox」と新アルゴリズム「FloC」とは何か
GoogleはChromeのサードパーティーCookieのサポートを廃止する方向で取り組みを進めている。代替技術「Privacy Sandbox」は、2021年4月公開予定の「Chrome 90」からこの機能を試せるようになりそうだ。(2021/1/26)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【中編】
「ファーストパーティーデータ」はターゲティング広告に使えるか
企業は広告をパーソナライズする手段としてサードパーティーcookieを利用できなくなったら、他にどのような代替手段を持ち得るのか。主要な5つの代替策のうち、2つを紹介する。(2021/1/5)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【前編】
いまさら聞けない「cookieによるトラッキング」の基礎 なぜ制限されるのか?
サードパーティーcookieなしで顧客を追跡するのは心もとない――。そう考える企業は、サードパーティーcookieに代わる選択肢を考えなければならない。(2020/12/22)

GitHub、わずらわしいCookieバナー回避のため、必須Cookie以外をすべて削除
GitHubが、誰もが嫌うCookieバナーを表示させないために、必須以外のCookieをすべて削除し、今後も追加しないと発表した。(2020/12/18)

Cookieに依存しない広告配信ロジック、ログリーが開発 「嫌われない広告」実現へ
Cookieに依存しない広告配信ロジックをログリーが開発した。「嫌われない広告」実現を目指す。(2020/12/11)

今日のリサーチ:
Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」の2020年版の結果です。(2020/11/30)

新体制でスタート:
トレジャーデータの4つの新戦略 「D2C」や「脱Cookie」でCDPに期待されることとは?
新生トレジャーデータの新戦略キーワードは「APAC」「人材育成」「エコシステム」「カスタマーサクセス」の4つ。(2020/11/9)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
サードパーティーCookieの利用制限はデジタル広告にとって大きなチャンスでもある
2020年6月に国会で改正個人情報保護法が可決され、消費者のプライバシー保護の問題がますます注目を集めている。今後のデジタル広告はどうなっていくのか。(2020/11/5)

変わる「Cookie規制」 対応のポイントは【後編】:
欧米や日本でも進むCookie規制 グローバル対応をスムーズにする「3つのアドバイス」
個人データを巡り、欧米や日本でCookieに関する規制が厳格化している。Webサイトが多くの組織にとって不可欠になった今、各国の規制に無理なく対処する方法とは何か。欧州の動向を解説した前編に続き、後編では米国と日本の動向に触れ、対応のポイントを探る。(2020/9/18)

変わる「Cookie規制」 対応のポイントは【前編】:
欧米で厳格化するCookie規制はなぜ、日本企業にとって「人ごとでなくなる」のか
欧米を筆頭に、Webサイトからユーザーのブラウザ情報を収集するCookieを巡る規制が厳格化している。一見「対岸の出来事」に思えるかもしれないが、直ちに対応が必要な日本の組織もあるという。専門家が背景から「対応が必要な場合」の特徴を詳しく解説した。(2020/9/11)

さらに高度化したcookie追跡を阻止 Firefox 79「強化型トラッキング防止機能」配信へ
ETP 2.0では「リダイレクトトラッキング(別名バウンストラッキング)」と呼ばれるユーザー追跡のための高度なトラッキングの手口を阻止する。(2020/8/5)

「Chrome 84」の安定版公開 「SameSite Cookie」ラベル適用
GoogleがWebブラウザを「Chrome 84」にアップデートした。新型コロナ対策で一時ロールバックしていたサードパーティー製Cookie対策の「SameSite Cookie」ラベル適用を再開した。(2020/7/15)

「Chrome 83」の安定版公開 タブのグループ化、Cookie設定や安全性チェック、拡張機能管理の改善など
新型コロナの影響でChrome 82は欠番になり、Chrome 83の安定版が公開された。タブのグループ化、Cookieのサイトごとの設定機能、拡張機能まとめアイコンなど、多数の新機能が追加された。(2020/5/20)

データドリブンなデジタル広告はどこへ行くのか【後編】:
「ゼロパーティーデータ」が顧客との新しいつながり方を生む
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデータ活用の規制が進もうとしている。現状の課題を整理し、企業がこれから取るべき行動についてエキスパートがまとめた。(2020/4/17)

データドリブンなデジタル広告はどこへ行くのか【前編】:
Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデータ活用の規制が進もうとしている。現状の課題を整理し、企業がこれから取るべき行動についてエキスパートがまとめた。(2020/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。