ニュース
» 2013年03月29日 20時01分 UPDATE

東京書籍とマイクロソフトが協業 教育ソリューションを拡販へ

東京書籍と日本マイクロソフトが小、中、高校のIT利用推進に向け協業。Windows 8端末やクラウドサービスを使った教育ソリューションを、教育機関などに訴求する。

[ITmedia]

 東京書籍と日本マイクロソフトは3月29日、小、中、高校のIT利用推進に向けて協業すると発表した。Windows 8やクラウドサービスを使った教育ソリューションを、自治体や教育委員会、教育機関に訴求する。

 第1弾として、東京書籍が7月にリリースするWindows 8用学校生活支援アプリ「スクールパレット」をWindows 8ストアで無償公開し、両社やパートナー企業とともに全国の教育現場に展開する。

 スクールパレットは、時間割や電子教科書配信、教員向けの校務支援機能を備えたアプリ。東京書籍の電子教科書だけでなく、他社のコンテンツと連携するなどコンテンツの充実をはかる。

 スクールパレットのコンテンツは、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」上で管理・保管。マイクロソフトは教科書会社などに対し、コンテンツのデジタル化やクラウド配信、アプリ開発などの技術支援を行う。

 マイクロソフトのオフィスに設置した教育ソリューションのコンセプトルームなどを通じ、全国の教育機関・教育委員会に対して「スクールパレット」とWindows 8デバイス、クラウドサービスの総合的な活用提案を行っていく。

 スクールパレットは和歌山市教育委員会などでの試験導入が決まっており、今後、全国の教育機関への導入を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -