ニュース
» 2013年04月03日 18時07分 UPDATE

プロジェクト管理市場は安定成長、2012年度は68億円に ITR調べ

2012年度のプロジェクト管理市場は安定した伸びを示しており、今後も各分野ともに引き続き安定した成長を維持することをITRの市場調査レポートは予想している。

[ITmedia]

 調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は4月3日、「プロジェクト管理」、「要件定義/要件管理」、「モデリング」、「テスト支援」、「構成/変更管理」および「統合支援/ALM」の6つの分野を対象とした市場調査の結果と、プロジェクト管理市場の動向を発表した。

 調査によると、プロジェクト管理市場の動向として、2011年度実績で前年度比6.7%増の65億7000万円(出荷金額ベース)、2012年度は同3.7%増の68億1000万円と推定している。同市場は、SaaS型製品の販売を強化しているベンダーが増加し、これまで導入に消極的であった中小企業への導入が進むことで、引き続き安定した成長を維持すると予想している。

プロジェクト管理市場規模推移および予測(出典:ITR) プロジェクト管理市場規模推移および予測(出典:ITR)

 それぞれを具体的に見ていく。プロジェクト管理の分野は2012年度もマイクロソフトの優位性は変わらず、市場は安定した伸びを維持したとしている。要件定義/要件管理では、品質の向上や機能安全などの需要により、2012年度も9.4%増を見込んだ。モデリングは、2012年度は12.6%増と予測され、年平均成長率(CAGR)も8.4%と順調な伸びを見せている。テスト支援の分野でも、上位ベンダーが軒並み売り上げを伸ばし、2012年度は7.9%増となった。構成/変更管理では、IBMがトップシェアを維持し、2012年度も前年度と同じく6.7%増と堅調さを見せている。統合支援/ALMは、2012年度は6.7%増の見込みだが、リーダー不在で激しいシェア争いの様相としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ