ニュース
» 2013年08月20日 17時16分 UPDATE

2012年のシステム/ネットワーク管理ソフト市場は5%以上成長 IDC

IDC Japanは、2012年における国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場規模実績と2017年までの予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは8月20日、2012年における国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場規模実績と2017年までの予測を発表した。これによると、2012年の国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場規模は、前年比5.1%増の2913億1200万円となった。

国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場 売り上げ額予測:2012年〜2017年(出典:IDC Japan) 国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場 売り上げ額予測:2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

 2012年の国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場は、企業のシステム更改や仮想化の導入に伴う運用管理プロセスの見直しが進み、システム/ネットワーク管理ソフトウェアの刷新や新規導入への投資が増えたことで、2008年以来となる前年比5%以上の成長を記録した。市場構成比で4分の1以上を占めるワークロードスケジューリング/オートメーションソフトウェア市場が前年比7.0%増となり、市場成長をけん引した。同市場の大部分を占めるジョブスケジューリングの売上が堅調に伸びたことに加え、プロビジョニングオートメーションやランブックオートメーションなどの運用自動化ソフトウェアがデータセンターサービス事業者とサービスプロバイダーを中心に売り上げを伸ばしている。

 また、IT資産管理を含むシステム変更/構成管理ソフトウェアも前年比7.0%増と好調だった。仮想化の導入に伴い、IT資産管理やシステム構成管理の見直しを図る企業が増え、ソフトウェア売り上げの増加につながったという。

 ベンダー別の売り上げ額シェアでは、日立製作所が2011年に引き続き首位を堅持、次いで富士通、NEC、IBMと続いている。シェア10位以内で2012年に高い成長を達成したベンダーとして、マイクロソフトとVMwareが20%以上、HPが10%以上の売り上げを伸ばしている。

 2013年の国内システム/ネットワーク管理ソフトウェア市場は前年比5.2%増になり、2012年と同水準で成長するとIDCは予測している。システム更改や仮想化の導入に伴う運用管理プロセスの見直し、大規模データセンターにおける運用自動化に対する需要が、2012年に続いて見込まれるという。

 2012〜2017年の年間平均成長率は4.0%となり、2017年には3551億円に達するとIDCでは予測する。仮想化の進展とともに多くの企業や事業者で運用の自動化が進むとみられ、ワークロードスケジューリング/オートメーションソフトウェア市場の年間平均成長率は6.2%と予測されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -