ニュース
» 2013年08月30日 13時18分 UPDATE

インターコム、大規模EDI環境向けの統合管理ソフトを発表

取引量の多い大規模なEDIのシステムを統合管理する「Biware EDI Station Professional」を開発した。

[ITmedia]

 インターコムは8月30日、取引量の多い大規模なEDI(電子データ交換)環境向けの運用管理ソフトウェアの新製品「Biware EDI Station Professional」を発表した。9月2日に発売する。

 新製品は運用管理ソフトウェア「Biware EDI Station」シリーズの最上位版。インターネットEDIで最大48同時接続、レガシーEDIで同64回線の回線増設に対応し、取引量に応じた通信回線規模を確保できる。EDIサーバが処理する取引データの通信やメッセージ変換など複数台の分散処理できるようにした。

 また、システム障害に備えたフェールオーバー機能を搭載するほか、クラスタリングソフトを利用して冗長化も行える。併せて同社では仮想サーバでもレガシーEDIによる通信を行うための専用ハードウェア「Biware シリアルデバイスユニット」も提供する。

 価格は120万7500円から(インターネットEDI最大6同時接続、レガシーEDIが最大8回線まで)。有償の追加オプションを複数用意している。

関連キーワード

EDI | インターコム | 運用管理ツール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ