ビッグデータ

新着記事

icon
特定分野・用途向け検索サービス【後編】:

業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。

(1月22日 10時00分)
icon
データベースのモダナイズ【後編】:

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

(1月8日 10時00分)
icon
クラウド対テープ【後編】:

クラウドストレージにはメリットもあるが、デメリットもあるので必ずしもベストな選択肢とはならない。テープの方が優れている場合もある。どちらを選ぶべきか、その判断の目安を紹介する。

(12月18日 10時00分)
icon

富士通と小樽観光協会などは、ニセコ・積丹・小樽エリアを含む後志地方と、札幌駅、新千歳空港で、Wi-Fiパケットセンサーを活用して観光客などの動きを可視化する共同実証を行う。人の数や流れ、混雑状況、移動ルートなどを分析し、今後の観光施策や各種事業の効果検証などに活用する。

(12月11日 10時00分)
icon
オンプレミスオブジェクトストレージという選択【後編】:

オブジェクトストレージを選ぶポイントとは何か。オブジェクトストレージに必須の要素とともに、主要サプライヤーとその製品の特徴を紹介する。

(12月4日 10時00分)
icon

DataRobotは、年商1000億円以下の中堅企業を対象に、AI活用支援プログラム「DataRobot Starter Program」を販売する。AIプロジェクトの成功ノウハウや教育プログラムを、中堅企業向けに最適化してプログラム化した。

(11月20日 13時48分)
icon
コンフィデンシャルコンピューティング始動【後編】:

ハードウェアベースのコンフィデンシャルコンピューティングの中核を成すのがIntel SGXだ。Intel SGXと専用ソフトウェアの組み合わせにより、処理中のデータも暗号化される。

(11月6日 10時00分)
icon
2020年にはAWS、Azure、GCPで利用可能に:

データ分析に“実際に使った分だけ”リソースの料金を支払う――そんな制度を、データ関連サービスを手掛けるTeradataがクラウドユーザー向けに発表した。事前チャージも後払いも可能だという、その仕組みとは。

(10月23日 11時15分)
icon
Oracle OpenWorld 2019:

Oracleはサンフランシスコで開催中の年次イベントで、「Oracle Exadata」の新製品を発表した。新技術を取り入れ、先代モデルから処理速度を強化した仕様だ。

(9月17日 11時19分)
icon
AIとストレージ【後編】:

AI用のストレージ要件はフェーズやユースケースによって変化する。要求される速度にも種類があり、場合によっては速度が重要ではないこともある。学習時と推論時でも要件は大きく異なる。

(8月21日 10時00分)
icon

エクイニクスが東京都内に開設した最新のデータセンター「TY11」を報道陣に公開。世界各地との高速接続をかなえる設備をはじめ、コスト効率から周辺環境へのメリットにまで配慮したという中身とは。

(7月25日 07時00分)
icon
Teradata スティーブン・ブロブストCTOインタビュー:

「データ活用」という言葉が定着した裏側で、それを支えるデータウェアハウスの技術や機能は変化し続けている。クラウドからAI、企業による購入モデルの変化まで、データウェアハウスの20年間を知る人物に聞いた。

(6月27日 07時00分)
icon
DataOpsの誕生【後編】:

データサイエンティストがDataOpsを実践するには、データを扱う環境が必要だ。都度IT部門と交渉して環境を整えてもらうようでは時間がかかり過ぎる。

(6月19日 10時00分)
icon
Cisco Live US 2019:

2019年6月10日、米国でCiscoの年次イベント「Cisco Live US 2019」が開幕した。同社が新製品や新機能発表で明かした「ネットワーク企業以上の存在」としてのスタンスとは何か。

(6月12日 11時50分)
icon
Amazon S3再入門【後編】:

S3は優れたサービスではあるが、活用する上では幾つかの注意点がある。ちょっとした使い方の違いで請求額が大きく異なる場合もある。

(6月5日 10時00分)
icon

ヤフーは、同社のサービスの利用実績から機械的に算出する「Yahoo!スコア」を、事業者向けに提供する。ユーザーに対する特典などの付与や、審査プロセスの簡略化、コンテンツの最適化、サービスの改善、広告の配信などに利用できる。

(6月5日 07時00分)
icon

公共交通オープンデータ協議会は、日本の公共交通機関のデータをサービス開発者に向けて提供する「公共交通オープンデータセンター」の運用を開始した。営利/非営利を問わず、時刻表や運行状況、在線位置情報などを利用できる。

(6月3日 13時00分)
icon

NECと産業技術総合研究所(産総研)は、発生率が低い事象を予測できる「希少事象発見技術」を強化し、生産プロセスや生産計画の事前評価に適用する実証実験を実施。多品種混流生産プロセスの設計・評価を効率化し、生産プロセスの早期構築や生産計画変更が可能になる。

(5月31日 14時00分)
icon

これらの10のトレンドが市場にもたらすデジタルディスラプション(破壊)は、膨大なデータやデータ環境の複雑化をもたらすと同時に、「新たな機会を創出する」という。

(5月31日 12時15分)
icon

NECは、AIを活用した創薬事業に参入。仏Transgeneと共同で、がん免疫療法の個別化医療として期待される「ネオアンチゲンワクチン」の開発に取り組む。頭頸部がんと卵巣がんを対象に、治験薬を共同開発し、2019年内に欧米で臨床試験を開始する。

(5月29日 07時00分)

注目のテーマ