ニュース
» 2021年08月30日 07時00分 公開

マネーロンダリング対策にAI、金融機関で投資が拡大――SAS調査

マネーロンダリング対策技術に関する調査の結果から、金融機関の間で機械学習を含むAIの導入が拡大していることが明らかになった。これらの採用が進む要因とは。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAS Institute(以下、SAS)は2021年8月27日、金融機関の間でマネーロンダリング対策(AML)を目的にしたIT導入が進み、中でもAI(人工知能)への投資が加速しているとの調査結果を発表した。

 同社の発表は、SASがKPMG、AML対策の専門家でつくる組織ACAMS(Association of Certified Anti-Money Laundering Specialists)と共同で実施した調査をまとめたレポート「Acceleration Through Adversity:The State of AI and Machine Learning Adoption in Anti-Money Laundering Compliance(逆境を通じた加速:マネーロンダリング対策コンプライアンスへのAIと機械学習の導入状況)」に基づく。

コロナ禍で消費者の行動に変化 マネーロンダリング対策に求められる変化とは

 今回の調査は、ACAMSメンバーの所属企業がマネーロンダリングの検出にITを利用しているかどうかについて聞いた。ACAMSは調査結果から、実際に同目的に利用されているITの規模について「毎年8000億〜2兆ドル」と推定した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ