ニュース
» 2013年09月12日 07時44分 UPDATE

Office 2013の更新プログラムに不具合、Microsoftが配信停止

Office 2013の更新プログラムをインストールすると、Outlookのフォルダーペインが空になるという報告が一部ユーザーから寄せられた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは9月11日、米国時間の10日に公開したOffice 2013の更新プログラムについて一部ユーザーから不具合が報告されたことを受け、「Microsoft Update」を通じた同更新プログラムの配信を停止したことを明らかにした。

 問題が発生しているのはOffice 2013の安定性やパフォーマンスに関する不具合を修正する更新プログラム「KB2817630」で、月例セキュリティ更新プログラムと併せて9月10日に公開された

 しかし、これをインストールしたユーザーが、「Outlookのフォルダーペインが空になり、電子メールアカウントの一覧やフォルダやお気に入りなどが見えなくなった」という投稿をユーザーフォーラムに寄せ、同じ問題に見舞われているというコメントが相次いだ。

 この問題についてMicrosoftは11日のブログで、不具合の原因は更新ログラムによって、「outlook.exe」と「mso.dll」のバージョンに食い違いが生じたことに起因すると指摘した。これは、今回の9月の更新プログラムと、8月の累積的な更新プログラムのいずれか一方のみをインストールした場合に発生するという。

 影響を受けるのは「Office 2013 Standard」と「Office 2013 Professional Plus」で、企業などのボリュームライセンスで使われるMSIベースの展開で不具合が生じるという。一方、「Office 2013 Home & Student」「Office 2013 Home & Business」「Office 2013 Professional」などの製品は影響を受けないとしている。

ms01a.jpg Microsoftの告知

 不具合を修正するには、以下のような方法があるという。

  • 自動更新を有効にしている場合、「KB2817630」の更新プログラムをアンインストールする
  • 8月の累積的な更新プログラム「KB2817347」をインストールしていた場合、これをアンインストールする
  • 不具合はどちらか一方の更新プログラムのみをインストールした場合に発生する。従って、もし9月の更新プログラムをインストール済みの場合、8月の累積的な更新プログラム「KB2817347」をインストールしてもよい

 Microsoftは現在、mso.dllとoutlook.exeの両方について適切なバージョンが提供されるよう、9月の更新プログラムを再配布する準備を進めているという。

関連キーワード

Office 2013 | Microsoft | 不具合 | 月例パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -