レビュー
» 2013年09月12日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化の投資対効果を高めるには? 導入方法とライセンスの基本

初期費用が高いといわれるデスクトップ仮想化。だが、工夫次第では投資対効果 を高めることができる。また、仮想化のコストを考える上で重要なのが、ライセンスの賢い選択だ。主要仮想化ベンダーのライセンス方式も整理する。

[TechTargetジャパン運営事務局,PR/ITmedia]

 端末のセキュリティ対策や運用管理、従業員のワークライフバランス、事業継続性といった観点で、デスクトップ仮想化(VDI)が注目されている。その一方で、新たなシステム導入のために掛かる初期費用がVDI導入の壁になっていることも事実だ。

 ITプロジェクトでは誰もが確実なROI(投資対効果)を求める。しかし、VDIは必ずしも大幅なコスト削減を実現するものではない。それでも、VDIには導入規模や管理方式によってROIを高める工夫が可能なのだ。では、VDIのROIを高める方法とはどのようなものか。本コンテンツでは、リモートアクセス、サーバディスカウント、ストレージ統合など、コスト削減を推し進める幾つかの方法を紹介する。

 また、仮想化のROIを高める上で、ソフトウェアライセンスを賢く選択する方法は大きな関心事だ。本コンテンツの後半では、Citrix Systems、Microsoft、VMwareといった主要仮想化ベンダー3社のライセンス方式を整理した。プロセッサ単位とVM単位での違い、ベンダー間の微妙な差異、そして今後、ライセンス方式がどう変化するのかを知るのに役立つはずだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -