レビュー
» 2013年10月03日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Oracle DBトラブルの86%は未然防止可能という事実

データベース運用に潜むリスクを把握し、トラブルを未然に防止するにはどうすればいいか。大手システムインテグレーターのサポートセンターに寄せられたOracle DBトラブルのほとんどは未然防止が可能だったという。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 さまざまな企業システムの要として採用されている「Oracle Database」。その運用中にもし自社では解決できないシステムトラブルに見舞われた場合、自社の業務がストップするだけでなく、ビジネス機会の損失や顧客の信頼を失う恐れさえある。しかし、伊藤忠テクノソリューションズのサポートセンターに寄せられたOracle DBのトラブルのうち、実に86%は未然に防止が可能だったという。DB運用に潜むリスクを把握し、トラブルを未然に防止するにはどうすればいいか。

 この資料では、導入事例を交えながらサポートサービス利用の重要性を解説している。「導入してからパラメータの変更やパッチを適用したことがない」「継続的に不具合情報を調べていない」「パフォーマンスを改善したいが、チューニングの余地があるか分からない」。こうした項目に1つでも当てはまるDB担当者にぜひ読んでいただきたい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ