ニュース
» 2013年10月18日 12時58分 UPDATE

Wyse、デュアルコアのシンクライアント端末を発売

「Wyse D10Dシンクライアント」ではデュアルコアのAMD Gシリーズを搭載し、高解像度のマルチメディアデータの再生などが可能になった。

[ITmedia]
wyse01.jpg D10D

 ワイズテクノロジーは10月18日、初のデュアルコアモデルとなるシンクライアント端末の新製品「Wyse D10Dシンクライアント」を発売した。

 新製品は、デュアルコアAMD Gシリーズ(1.4GHz)を搭載し、ローカルのハードウェアコーデックやCPUの性能を生かした3D CADアプリケーションや高精細ビデオなどの高解像度マルチメディアデータのスムーズな操作を可能にした。ネットワークでは無線LANで802.11a/b/g/nをサポートし、最大300Mbpsの通信が行える。消費電力は約12ワット。

 OSには最新版の「Wyse ThinOS 8」を採用、箱から取り出してすぐに利用できる点も特徴という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -