ニュース
» 2013年10月24日 13時59分 UPDATE

iPhoneのメールに送信者プロフィールが自動挿入される「LinkedIn Intro」

未知の相手からのメールでも、相手がLinkedInユーザーであればプロフィールをメール上で確認できる「LinkedIn Intro」の英語版がiPhone向けに公開された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米LinkedInは10月23日(現地時間)、iPhoneのメールアプリで受信するメールに、送信者のLinkedInプロフィールのデータを自動的に挿入するサービス「LinkedIn Intro」を発表した。iPhoneで特設ページにアクセスするとインストールできる。

 iPhoneでLinkedIn Introにメールアドレスを登録すると、そのアドレスで受信したメールの送信者名の下にLinkedInのプロフィールが写真付きで表示される(送信者がLinkedInの会員である場合)。

 intro 1 Introのインストール前(左)とインストール後(右)

 このプロフィールをタップすると、メールの画面のままさらに詳しい情報を表示できる。また、送信者が自分のLinkedInに登録しているブログやTwitter、Facebookへのリンクも表示されるので、それをタップすればWebブラウザでそれらを開くことも可能だ。

 例えば未知の相手から仕事のオファーメールが届いた場合、LinkedInのプロフィールをその場で確認できれば便利だろう。

 送信者がプロフィールを変更すると、24時間前までの変更であればメールにも反映される。

 LinkedInによると、メールの半数以上はモバイル端末で読まれているという。Introは、現在はiPhoneで受信するGmail、Google Apps、Yahoo! Mail、AOL Mail、iCloudでのみ利用可能で、iPadでも利用できない。LinkedInは今後、対応プラットフォームを拡大していくとしている。

 設定方法は以下の通り。

  1. iPhoneのブラウザで特設ページを開き、[Get Intro]ボタンをタップ
  2. 表示されたページで「get started」をタップ
  3. 次のページでメールアドレスを入力して「continue」をタップ
  4. パスワードを入力して「continue」をタップ
  5. Install Introページが開くので[インストール]をタップ
 intro 2 左から、上記手順の1、2、3、5
 intro 3 Yahoo.comのアカウント宛てメールをiPhoneのメールアプリで受信した場合

 以上で、登録したアドレスで受信したメールを開くと、相手がLinkedInにプロフィールを公開している場合のみ、プロフィールが表示される。なお、同じメールをiPhone以外で開いた場合はプロフィールは表示されない。

 LinkedIn Introは、同社が昨年買収したRapportiveの技術と米Appleが提供している「Configuration Profile」を組み合わせて構築したという。GmailとGoogle Appsのアカウントで利用する場合はOAuthを経由する。同社はIntroの仕組みを公式ブログで説明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -