レビュー
» 2013年11月29日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:増え続ける仮想サーバと運用コスト。仮想環境の運用管理自動化は可能か?

ITに携わる全ての人にとっての課題である「運用管理コストの削減」。特に仮想化が一般化した今、企業のデータセンター環境は一層複雑化している。仮想環境の運用管理をもし自動化できれば、コストは劇的に削減できる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ITを新たに購入するためのサーバ支出はこの10年以上ほとんど変わっていないが、運用管理費には多大なコストを掛けているのが現状だ。また、実際に動いている物理サーバよりも論理サーバ(仮想マシン)の数が劇的に増えていることも、運用管理費増大の大きな要因となっている。この課題を解決するためには、運用管理の自動化がカギになる。

 しかし、これまで技術者が現場で多くの手間をかけてきた作業をいかにして自動化するか。これはITに携わる全ての人にとっての課題となっている。Excelベースの台帳管理、ネットワーク設定変更のための部門間調整、Excelファイルを添付したメールによる申請・承認処理、ストレージ拡張を目的としたシステム全体の計画停止……。これらの作業が今、本当に必要なのかを考え直す時期に来ているのだ。

 このWebキャストでは、複雑化するITの利用開始までの時間を短縮し、自動化を促進することで運用管理を効率化、コスト削減へとつなげる「IBM PureFlex System」の特徴を解説。特にVMware vSphere環境で利用することで、仮想環境の運用管理コストを劇的に削減することができる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ