レビュー
» 2013年12月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ゴミ箱化したファイルサーバ、でも諦めるのはまだ早い? 〜ファイルサーバはそのままに、データベース化へ〜

単純な検索手法でファイルサーバを検索できるだけでよいだろうか。ファイルサーバの利点を活かしながらビジネス文書を整理し、整理後も効果的に利用し続ける方法とは。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 再利用性の高い情報を保存し必要に応じて簡単に取り出せるファイルサーバを活用する上では、目的の情報に近い内容をまとめて探す事を得意とするインタネット上のデータ検索とは異なり、企業内のビジネス文書を効果的に検索出来る必要がある。そして、フリーワード検索の様な単純な検索手法だけではなく人がものを探す時のプロセスの様に「ヒント」や「気づき」を通じて目的にたどり着けるようなルート(見える化)が不可欠と言える。

 しかし、整理されていない情報を単純に見える化するだけでは十分と言えずルートも多重化したままで、類似性の高い重複文書や有用性の低い期限切れ文書が多く見つかる頻度は減らせません。整理のルールを明確にできない限り、データを辿るルートの最適化が出来ずファイルサーバはジャングル化した巨大なゴミ箱に陥るのである。身近で便利であるゆえに体系化・構造化した運用が難しいファイルサーバのコンテンツを整理し、整理した後より有用に利用し続けられる方法はないのか。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -