ニュース
» 2013年12月24日 12時04分 UPDATE

国内の情報セキュリティ製品市場は年率4.5%で拡大――IDC予測

2013年の市場は、ソフトウェアで6.2%増となるが、SaaSやアプライアンス製品では2桁成長が見込まれる。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月24日、国内情報セキュリティ製品市場の2013年〜2017年予測を発表した。同市場の2012年〜2017年の年間平均成長率は4.5%で、市場規模は2012年の1906億円から2017年には2381億円に拡大すると予測している。

 同社によると、2013年の市場規模はソフトウェア製品で前年比6.2%増の2024億円としている。このうちSaaS(Software as a Services)型セキュリティソフトウェアは同18.8%増の105億円、セキュリティアプライアンス製品では同10.9%増の357億円を見込んでいる。アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティ、Webセキュリティの需要が高く、2014年以降はクラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、巧妙化が進む標的型攻撃の増加によって、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティ、セキュリティ/脆弱性管理への需要が拡大するとみられる。

 またSaaS型セキュリティソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理、エンドポイントセキュリティ、メッセージングセキュリティでの需要が高い。2014年以降は運用管理負荷の軽減や災害時の事業継続を目的とした需要が拡大するとみられ、同市場では2012年〜2017年に年間13.8%ペースで成長し、市場規模も2012年の88億円から2017年には168億円に拡大するとしている。

 セキュリティアプライアンス市場は、IDS/IPS(不正侵入検知/防御システムやUTM(統合脅威監視)での需要が高まっている。2014年以降は、モバイル機器の普及によるリモートアクセスネットワークのセキュリティ基盤強化と、未知の脆弱性を狙うゼロデイ攻撃などの先進的なマルウェア対策へのニーズの高まりから、ファイアウォール/VPNやUTM、IDS/IPSの需要が拡大するとみている。同市場は2017年までに年間6.3%ペースで成長を続け、市場規模は2012年の322億円から2017年には437億円に拡大すると予測する。

 ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏は、「ベンダーは、セキュリティイベント情報を収集/分析/監視するセキュリティインテリジェンス/イベント管理製品でのレポーティング機能の強化や評価/分析サービスの拡充を図り、ユーザー企業の潜在的なセキュリティ脅威の可視化を進めるべき。ユーザー企業はセキュリティ対策ソリューションの導入効果の可視化により、経営層に導入の必要性を提示することができる」と指摘している。

idc1224.gif 国内情報セキュリティ製品市場 セグメント別売上予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

セキュリティ | IDC | 市場規模


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -