ニュース
» 2013年12月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Wikipediaのビッグデータ分析を支えるITインフラ

多くの企業が、ビッグデータの膨大な量と多様さに対応できるインフラの整備に知恵を絞っている。データセンターのインフラを見直し、システムを刷新したWikipediaなどの事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したEPUB形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

裾野が広がるビッグデータ利用

 「ビッグデータ」という表現は、米Facebookの「Inboxサーチエンジン」や米Googleの「MapReduce」から生まれたものだが、さまざまな業界の企業が事業拡大の戦略としてビッグデータ分析技術を利用するようになった。本コンテンツではWikipediaをはじめとするビッグデータの最新事例を紹介する。

当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化し、EPUB/Kindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。

※当ページにて提供しているEPUB/Kindle(mobi)形式のコンテンツの利用法は、EPUB/MOBIコンテンツの閲覧方法をご覧ください。

Wikipediaのビッグデータ分析を支えるITインフラ:EPUB版

Wikipediaのビッグデータ分析を支えるITインフラ:Kindle版

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -