ニュース
» 2014年01月08日 07時32分 UPDATE

身代金要求のマルウェアに「新製品」発売の動き

ファイルを人質に取って身代金を要求するランサムウェアの新製品を発売する予告が見つかった。「流通すれば深刻な損害が発生するのは必至」だという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 コンピュータ上のファイルを人質に取ってユーザーを脅迫するランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の「新製品」を売り出そうとする動きがあるとして、セキュリティ研究者でつくるマルウェア対策啓発ブログ「Malware Must Die!」が各国の捜査機関などに対応を促している。

 それによると、Windowsを標的とする新手のランサムウェアの発売予告メッセージは2013年11月から12月にかけて、サイバー犯罪者が利用するハッカーフォーラムなどに掲載された。

 同ブログに掲載されたスクリーンショットによれば、この「新製品」はシステムに常駐してWindowsキーやエスケープキーを無効にさせ、タスクマネージャやコマンドプロンプトなどのWindowsユーティリティをブロックする機能を持つ。HDDや共有ドライブ上にあるファイルは全て暗号化して、ユーザーに身代金を要求するという。

mmd01.jpg ランサムウェアの発売予告(Malware Must Die!より)

 2013年には「CryptoLocker」と呼ばれるランサムウェアが猛威を振るったが、今回のランサムウェアは「Prison Locker」「Power Locker」などの名称で呼ばれている。既に開発はほぼ完了した段階で、チュートリアルやQ&Aも存在するという。

 Malware Must Die!ではこのマルウェアについて、「地下フォーラムでは犯罪者らが高い関心を寄せており、流通すれば深刻な損害が発生するのは必至」と指摘。作者の特定につながりそうな情報のスクリーンショットも公開し、流通を食い止めるために国際刑事警察機構(インターポール)や米連邦捜査局(FBI)など世界の捜査機関が捜査に乗り出すよう呼び掛けている。

関連キーワード

脅迫 | ランサムウェア | 犯罪


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ