ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脅迫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脅迫」に関する情報が集まったページです。

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由
食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。(2021/7/16)

”質の高い”ランサムウェアが大企業を襲う マカフィーが2021年第1四半期の脅威動向と今後の予測を発表
マカフィーは、2021年第1四半期の脅威動向を発表した。「二重の脅迫」や「RaaS」などランサムウェアがますます高度化する中、企業はどのような対策を講じればいいのだろうか。過去のトレンドを振り返り対策につなげていく。(2021/7/14)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【中編】
身代金は払わない ランサムウェア被害のCIOが安心した「バックアップ」の効果
米カリフォルニア州のユバ郡がランサムウェア攻撃から迅速に復旧できた背景には、バックアップ製品の活用があった。同郡はバックアップ製品を使ってどう備え、どう攻撃に対処したのか。(2021/6/30)

TechTarget発 世界のITニュース
「ランサムウェア」が全攻撃の8割に、特定のポイントとは? Sophosの調査から
セキュリティベンダーのSophosがまとめた報告書によれば、大多数の攻撃は身代金を要求するランサムウェアに関するものだった。ランサムウェア攻撃を特定するためのポイントは何か。(2021/6/24)

“二重で脅す”ランサムウェア、さらに手口が巧妙化した新種も システムの正しい守り方を専門家に聞く
企業の内部データを暗号化し、身代金を要求する「ランサムウェア」に企業はどう対策するべきなのか。最新の事例なども踏まえ、専門家に聞く。(2021/6/11)

ランサムウェア攻撃を受けたJBS、約12億円の身代金をビットコインで支払い
食肉加工メーカーJBS USAは、ランサムウェア攻撃の身代金1100万ドル相当を支払ったと発表した。支払いはビットコインで行われたと報じられている。調査は続いているが、情報流出はなかったとしている。(2021/6/10)

TechTarget発 世界のITニュース
米防衛関連企業がランサムウェア「Conti」に感染 身代金の要求額は?
ランサムウェア「Conti」に米国の防衛関連企業BlueForceが感染した。BlueForceとの交渉の中で、攻撃者は身代金をいくら要求したのか。(2021/6/9)

ユピテル、40万人分の会員情報流出 不正アクセス確認から3年以上報告せず、脅迫メール受信で公開
自動車用品などを手掛けるユピテルは2017年10月にサーバが不正アクセスを受け、同社が運営する会員サイト「My Yupiteru」に登録する約40万人分の個人情報が外部に流出したと発表。クレジットカード情報は含まれておらず、個人情報の悪用も確認されていない。(2021/6/8)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
今そこにある 分業制「サイバー脅迫エコノミー」 企業を狙うマルウェア、脆弱性の放置は格好の標的に
サイバー犯罪の分業システムという、嫌な経済圏が既に動いているようだ。(2021/6/7)

世界最大級の食肉加工メーカーJBSにサイバー攻撃でライン停止 ロシア関与と米連邦政府
世界最大級の食肉加工メーカーJBSがサイバー攻撃を受けたと発表。米連邦政府は「身代金要求がロシアに拠点を置くと思われる犯罪組織からのものであるとの報告を受けた」と語った。(2021/6/2)

身代金対策だけでは不十分
凶悪化するランサムウェアへの対策 「二重脅迫を面で捉える」
データを人質に取り、高額な身代金を要求するランサムウェア。被害は年々広がっており、対策は重要課題となっている。自社の貴重な情報資産を守るにはどうすればいいのか。(2021/6/2)

新庄剛志、脅迫DMさらし説教「人間として情けない!!」 週刊誌報道も早々にネタ扱いで“新庄伝説”に新たな1ページ
同日に温泉デートが報じられていました。(2021/6/1)

Boseがランサムウェア攻撃被害も、身代金ゼロで復旧に成功
米当局に提出された情報漏えいの通知書によって、音響機器メーカーのBoseが高度なサイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。公表資料から、対策の鮮やかさに注目が集まっている。(2021/5/27)

サイバー攻撃「標的型」に 巧妙な手口で防御困難に 東京五輪での被害も懸念
ハッカー集団「ダークサイド」が米最大級のパイプラインを対象に主導したサイバー攻撃のような、「身代金」目的の攻撃による被害は国内でも増加している。五輪の開催を控える日本は標的になりやすい状況だとも指摘され、対策強化が急務だ。(2021/5/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
石油パイプラインを停止させた「ダークサイド」のパワー 身代金目当てに大企業を揺さぶる二重三重の脅し
(2021/5/17)

「シン・エヴァ」関係者への脅迫に「強く抗議」 カラー「海外でも通報する」
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」について、作品関係者個人への誹謗中傷や脅迫を確認しているとして、カラーが「強く抗議する」との声明。犯罪行為に当たる場合、海外でも法的措置を取るとしている。(2021/5/14)

ランサムウェア攻撃を受けたColonial、500万ドルの身代金を支払ったとの報道
ランサムウェア攻撃を受けた米Colonialは既に身代金をおよそ500万ドル(約5億5000万円)支払ったと報じられた。米連邦政府は「一般に身代金支払いは犯罪を助長する」と懸念を表明した。(2021/5/14)

カラー、「シン・エヴァ」制作関係者への脅迫・誹謗中傷について声明 悪質な場合は法的措置も
ネットでは「負けないで」とカラーを応援する声も。(2021/5/13)

TechTarget発 世界のITニュース
Acerへのランサムウェア攻撃をダークWebで暴露 “身代金5000万ドル”は本当か
台湾のPCベンダーAcerがランサムウェアに感染した疑いがある。同社は「異常な状況を観察し、関連する法執行機関に報告した」ことを認めた。(2021/5/13)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェア被害は深刻化の一途、撲滅目指し官民が連携 3分の1は身代金払ってもデータ取り戻せず
既に企業が単独で対応できるレベルではなくなってきているランサムウェアの実態。(2021/5/6)

ランサムウェア攻撃は外部委託の時代に 2021年の脅威トレンドから対策を考える
コロナ禍でのテレワークの急増に伴い、サイバー攻撃も日々進化を遂げている。BlackBerryが公開した脅威レポートでは、近年活発な脅威アクターの実情や前年から引き続き注目を集める「二重の脅迫」の実態が明らかになった。(2021/4/26)

次期MacBook Pro(SDスロット、MagSafe復活)設計図が流出 製造元Quantaに侵入し身代金要求
発表されたばかりの24インチiMacの設計図も含まれている。(2021/4/22)

BlackBerryが2021年版 脅威レポートを発表:
コロナ禍のセキュリティ侵害、20%がテレワーク経由 2021年に警戒すべき3つの脅威とは
BlackBerry Japanは2020年のセキュリティ侵害の特徴や傾向などを分析した「脅威レポート2021」を発表。身代金を要求する二重脅迫型ランサムウェアが増加していると指摘した。(2021/4/22)

防御策を破られたときの対応、考えていますか?:
PR:高度化するランサムウェア 適切な投資で被害を最小限に抑えるには
国内外でランサムウェア被害が急増している。ランサムウェア感染が原因で数日間から週単位で業務を停止してしまったケースもある。“標的型ランサムウェア”や“二重の脅迫”などの高度化する手口に対応するにはどうすればいいのだろうか。(2021/4/28)

オンライン教育を脅かす攻撃【前編】
「ランサムウェア」攻撃を受けた学校は身代金を払うべきなのか? 実例から学ぶ
教育機関を狙うランサムウェア攻撃が活発化している。実際にランサムウェア攻撃を受けた米ネバダ州のクラーク郡学区は、どう対処したのか。それに対する専門家の見解とは。(2021/4/5)

EoL間近のファイル転送アプライアンスがサイバー攻撃に使われている
そろそろEoLに達するレガシーなファイル転送アプライアンスにゼロデイの脆弱性が発見された。攻撃者が企業内データを窃取して、データ公開と引き換えに身代金を要求する脅迫も確認されている。(2021/2/24)

「サイバーパンク2077」開発元にサイバー攻撃 データ奪われ脅迫される
「サイバーパンク2077」などを開発するポーランドのCD PROJECTは、社内システムの一部がサイバー攻撃を受け、データの一部を奪われたり暗号化されたと発表した。(2021/2/12)

「サイバーパンク2077」の開発社がサイバー攻撃被害で身代金を要求される ファンからは「リアルサイバーパンク」の声
よりによってここが狙われるとは……。(2021/2/9)

マカフィー、2021年における6つのセキュリティ脅威動向予測を発表
マカフィーは2021年1月26日、2021年の脅威動向予測を発表した。2020年の脅威動向予測はディープフェイクやランサムウェアの2段階脅迫への移行、APIへの攻撃などだった。コロナ禍により1年でどのようにアップデートされたのだろうか。(2021/2/1)

データを意図的に漏えいさせる「ハックアンドリーク」が増加:
ランサムウェアが収益性の高い攻撃モデルの台頭を後押し アクセンチュアが調査レポートを発表
アクセンチュアは、セキュリティに関する年次レポート「2020 Cyber Threatscape Report」を発表した。サイバー犯罪グループは、オープンソースの攻撃ツールを駆使して企業の電子メールシステムに侵入し、企業に身代金を強要する動きを活発化させている。(2020/12/25)

Microsoft、McAfee、Citrixなど、ランサムウェア対策タスクフォース「RTF」結成
MicrosoftやMcAfeeなどの19組織が、企業のPCのデータを人質にとり、身代金を請求する悪質なランサムウェアの標準的な対策を構築する目的で、「Ransomware Task Force」(RTF)を結成した。(2020/12/23)

この頃、セキュリティ界隈で:
新型コロナ便乗やランサムウェアの脅迫、2021年はさらに激化も セキュリティ企業が予測
(2020/12/14)

CT撮影を邪魔された 福島医大病院、過去のランサムウェア被害を公表 情報流出は確認されず
福島県立医科大学附属病院が2017年に業務用PCや医療機器がランサムウェアに感染し、患者の写真を再撮影する事態になっていたことなどを公表した。身代金の要求やデータの流出は確認していないという。(2020/12/2)

犯罪者の資金源を遮断
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金&制裁対象に
米国政府は、金融機関や保険会社などがランサムウェアの身代金支払いを支援した場合、罰金を科したり刑事告発したりする可能性があると警告した。(2020/11/23)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/11/18)

クレジットカード情報は流出せず:
カプコン、最大35万件情報流出の可能性 “身代金要求”のサイバー攻撃被害
カプコンは、第三者からの不正アクセス攻撃による個人情報流出を確認したと発表。11月16日時点で、従業員の個人情報などの流出を確認したほか、顧客や取引先などの個人情報最大約35万件が流出した可能性がある。(2020/11/16)

カプコンに不正アクセス被害 犯罪グループから機密情報公開の脅迫、取引期限は11月11日8時
カプコンは4日に不正アクセスがあったことを公表していました。(2020/11/9)

二重脅迫ランサムウェアの脅威【後編】
バックアップだけでは不可 二重脅迫ランサムウェアに対抗する方法
二重脅迫ランサムウェアは、盗み出したデータを「ネットにさらす」ことをネタにするためファイルをリストアするだけでは対抗できない。だが、二重脅迫ランサムウェアに対抗する効果的な方法がある。(2020/11/9)

二重脅迫ランサムウェアの脅威【後編】:
バックアップだけでは不可 二重脅迫ランサムウェアに対抗する方法
二重脅迫ランサムウェアは、盗み出したデータを「ネットにさらす」ことをネタにするためファイルをリストアするだけでは対抗できない。だが、二重脅迫ランサムウェアに対抗する効果的な方法がある。(2020/11/4)

IT基礎英語:
氾濫する悪徳ウェア 身代金要求のransomwareからスパイ、迷惑広告まで
ランサムウェアという言葉が身近になってきた。被害は大きく、死者も出ている。(2020/11/2)

二重脅迫ランサムウェアの脅威【前編】
二重脅迫ランサムウェアの恐るべき手口
ランサムウェアを使った「二重脅迫」が増えているという。「データの公開」をネタにさらに脅迫されるため、バックアップからデータを復元したとしても回避できない。(2020/10/30)

学生や従業員32万人分の個人情報が公開状態に
ランサムウェアの被害を受け、身代金の支払いを拒否したクラーク郡学区の公立学校に所属する学生や従業員の個人情報が公開された。(2020/10/1)

別名「ransom DDoS」:
「仮想通貨を支払わなければDDoS攻撃を実行する」と脅す“DDoS脅迫”に注意 JPCERT/CC
JPCERT/CCは、DDoS脅迫について注意を喚起した。DDoS攻撃の影響を受ける恐れのあるシステムの特定とリスク評価、攻撃の検知と防御などの対策状況の確認を推奨している。(2020/9/9)

起きない飼い主に“ゴハン出せ脅迫” 愛猫と飼い主の攻防漫画が面白い
賢いとほめていいものか?(2020/7/7)

eBay元従業員、批判した記者への嫌がらせで起訴される 脅迫メッセージや生きたゴキブリの送りつけ
eBayの従業員6人が同社を批判した記者に匿名の脅迫メッセージを送ったり、生きたゴキブリや血まみれのブタマスクを送りつけるなどの嫌がらせをしたとして起訴された。eBayは法執行機関から通知を受けた段階で従業員らを解雇し、企業としての行動ではなかったとしている。(2020/6/16)

企業が準備すべきなのはデータの保護とバックアップ:
「攻撃を受けた企業のCEOは罰金を支払うべきだ」は35%、ベリタスがランサムウェアに関する調査
ベリタステクノロジーズが実施したランサムウェアに関する調査によると、多くの消費者が「企業は身代金の支払いを拒否すべきだ」と考えている半面、自身のデータが侵害された場合は「攻撃者に身代金を支払って対処してほしい」と望んでいることが分かった。(2020/6/12)

この頃、セキュリティ界隈で:
ますます卑劣化するランサムウェア 窮状に付け込み二重の脅迫
重要なデータを人質に取るランサムウェア。盗んだ機密情報をオークションにかけてさらに脅しをかける手口が浮上している。(2020/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。