ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脅迫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脅迫」に関する情報が集まったページです。

ランサムウェア身代金の支払い推奨に「ノー」【前編】
「ランサムウェア被害者は身代金を払って」と弁護士が推奨? その“謎”の理由
英国の情報セキュリティ機関は、ランサムウェア攻撃を受けた企業に身代金の支払いを推奨しないよう、弁護士の協力を得ることに注力している。その背景に何があるのか。(2022/8/8)

「身代金」以外にも注目を【後編】
ランサムウェア攻撃で「データは復元できるのに身代金を払う」組織が増えた理由
組織はランサムウェア攻撃に備え、暗号化されたデータを復元する対策を用意しているにもかかわらず、身代金を支払う例が散見される。なぜなのか。(2022/7/28)

医療業界を狙うランサムウェア攻撃、2倍近くに 身代金でデータが返ってきたのは2%のみ
医療業界を狙ったランサムウェア攻撃が2021年に前年より94%増えたとする国際調査の結果をソフォスが発表した。身代金を払った医療機関のうち、データを復旧できたのは2%という。(2022/7/26)

「多くの工数がかかりそう」「技術的に難しそう」な訓練、なぜできた?:
ランサムウェアがCEOを脅迫――経営層も巻き込んだリアルな「訓練」をfreeeが実施できた理由
「標的型攻撃で情報を盗まれ、本番環境のデータベースとシステムを破壊されて、CEOが脅迫される」という、リアルな「インシデント対応訓練」を行って話題となったfreee。「ITmedia Cloud Native Week 2022 夏」では、この訓練を指揮した、同社PSIRTマネージャーの、ただただし氏が、こうした訓練の実施を可能にしたクラウドネイティブな同社の業務環境や組織風土について講演した。(2022/7/22)

北朝鮮ハッカー「身代金」を押収 米司法省、「中国で資金洗浄」明かす
米司法省のモナコ司法副長官は7月19日、北朝鮮のハッカーにサイバー攻撃を受けた米国内の病院が、ハッカーに支払った身代金50万ドル(約6900万円)を押収したと発表した。北朝鮮のハッカーらを手助けする中国のマネーロンダリング(資金洗浄)業者が存在することも明らかにした。(2022/7/21)

「身代金」以外にも注目を【前編】
ランサムウェア被害で“身代金”より「高くつくコスト」とは?
ランサムウェア攻撃は、暗号化されたデータを復号するための身代金に注目が集まりがちだ。だが調査によると、身代金はランサムウェア攻撃による被害の一部にすぎない。(2022/7/20)

巧妙化する攻撃にバックアップで対抗【前編】
「3-2-1」の基本はもう古い? ランサムウェア対策に足りないバックアップは?
データを暗号化して身代金を要求するランサムウェアの脅威が広がる中、バックアップに新たな対策が求められている。ベンダー各社が推奨する手法を基に、重要性が高まる対策を紹介する。(2022/7/29)

福岡みなみ、“セクハラDM”騒動で脅迫を受ける 「家ドア壊して入ります」「整形ブス」と度を超えた誹謗中傷も
福岡さん「ヤバいやつは顧問弁護士に託します」(2022/7/15)

「ごちうさ展」巡り複数の市に脅迫メール、開催中止を要求 名古屋や境港、秩父、館山など
漫画「ご注文はうさぎですか?」の展示イベントの開催を巡り、複数の市に脅迫メールが届いていることが分かった。メールでは、16日に名古屋市で開催する同イベントの中止を求めており、中止しなければ爆弾や毒物の設置、子どもの誘拐などを行う脅迫としている。(2022/7/14)

脅威トレンドは「脅迫」に移行している:
ランサムDDoS攻撃が過去最高に Cloudflareが2022年第2四半期の傾向データを発表
Cloudflareは2022年第2四半期における分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の傾向データを公開した。2022年6月には、Webプロパティやネットワークの破壊と引き換えに金銭を要求する「身代金DDoS攻撃」が過去最高数となった。(2022/7/9)

ランサムウェア対策の常識・非常識【第1回】
ランサムウェア攻撃で身代金を“絶対に払ってはいけない理由”はこれだ
ランサムウェア攻撃を受けて身代金要求に応じた企業の約8割は、攻撃を再度受けていることがCybereasonの調査で分かった。身代金を支払うことのデメリットはこれだけではない。(2022/7/7)

5社中1社が身代金を「支払った」か「支払おうとした」 タレスがデータセキュリティ脅威に関する調査結果を発表
タレスが実施した世界17カ国を対象に実施したデータセキュリティ脅威に関する調査によると、データ侵害の件数は高止まり状態で、約3分の1の企業が過去12カ月にデータ侵害を経験し、5社中1社が身代金を「支払った」か「支払おうとした」。こうした事態の中で、企業はセキュリティ戦略のどこを見直すべきなのか。(2022/7/8)

バックアップしていても使わない!?
ランサムウェア被害者が、自力で復旧できるのに身代金を払うワケ
調査の結果、ランサムウェア攻撃を受けて身代金を支払った企業の4分の1は、バックアップなどの復旧手段を持っていた。彼らはなぜあえて高額な身代金を払ったのだろうか。(2022/6/30)

「サイバーテロリスト志願者の技術的参入障壁が下がっている」:
ランサムウェアによる身代金支払額が100万ドル到達間近 3〜4時間に1社が被害の実態とは
Palo Alto Networksは、2022年のランサムウェアによる身代金支払額が平均92万ドルを超えたことをブログで明らかにした。(2022/6/13)

リモートデスクトップ経由で侵入か 人事システムにランサムウェア攻撃 社員の給与情報など暗号化
DM発送事業などを手掛けるヴィアックスの勤怠・人事給与管理システムにランサムウェア攻撃。従業員1871人分、退職者2167人分などの情報が暗号化されたと発表した。攻撃者に身代金を要求されたという。(2022/6/2)

ランサムウェア対策、“バックアップだけ”はバックアップにあらず 米セキュリティ企業が考える最新対策法
企業データを盗み取り、身代金を要求する「ランサムウェア」への対策は、単なるバックアップだけでは足りない。いまのランサムウェアに対する正しい対策方法を、情報セキュリティ企業・米RubrikのCEOが語った。(2022/5/30)

“自社DB破壊&身代金要求”に直面してfreee経営層が気付いた3つの課題 佐々木CEOに聞く
「自社のDBを破壊し、CEOに身代金を要求する」訓練を実施し話題を集めたfreee。全社を巻き込んだ訓練で、経営層は当時どんな教訓を得たのか。同社の佐々木大輔CEOに聞く。(2022/5/30)

“暗号化しない”ランサムウェア攻撃集団
コカ・コーラに身代金を要求した親ロ派ランサムウェア集団Stormousの狙いとは?
ランサムウェア攻撃集団「Stormous」はCoca-Colaのシステムに入り込んだと主張している。データを暗号化しないとみられるStormousは、この攻撃によって何を狙っているのか。(2022/5/24)

「こわいって!」神崎紗衣、連日の脅迫DMに悲鳴 “徹底的に潰したる”に法的措置の進言多数「冗談でしたは通用しない時代」
ひたすら脅迫と暴言が続くDM。(2022/5/18)

「3分の2が身代金支払った」 サイバー攻撃、中小も対策強化を
サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃では、中小企業など防御策が手薄な企業から侵入され、関連する親会社や取引先の機密情報が盗まれるリスクが高まっている。コストがかかるため対策を講じられなかった中小もセキュリティ強化を図っている。(2022/5/10)

ファンタビ俳優エズラ・ミラー、保釈後に夫婦の寝室侵入し脅迫「お前と尻軽妻を埋めてやる」
ファンタビ最新作はいまのところ延期の発表はなし。(2022/4/1)

自社のDB破壊しCEOに身代金要求、freeeが本当にやったクラウド障害訓練の舞台裏 「従業員はトラウマに」
AWS上のDBからデータを盗み出し、自社のCEOに社内SNSを通して身代金を要求する障害訓練を行ったfreee。従業員にトラウマを与えたというこの訓練には、どんな目的があったのか。キーパーソンに実施の背景や効果を聞く。(2022/3/18)

中国のAI/GPU競合の利益となる可能性:
NVIDIAのハッキング被害は、「国家規模の災害」
NVIDIAは、ハッカー集団にデータを盗まれ、データ身代金を要求される被害にあったことを明らかにした。米国ワシントンD.C.の研究グループによると、その脅威アクターはまだ特定されていないが、中国国内のNVIDIAの競合メーカーを支援している可能性があるという。(2022/3/15)

Apple Storeで人質立てこもり オランダ・アムステルダムで
数時間後に地元警察により犯人は逮捕され、人質も解放されたという。(2022/2/24)

サイバー攻撃の被害者が通報したがらない理由【前編】
「ランサムウェア」逮捕者続出の裏で深刻化する「企業が被害を報告しない」問題
法執行機関によるサイバー攻撃捜査は一定の成果を上げており、身代金を押収した事例もある。他方でサイバー攻撃被害を通報したがらない企業も一定数ある。そうした企業に米政府が勧告した内容とは。(2022/2/24)

TechTarget発 世界のITニュース
仮想通貨取引のBTC-ALPHAにランサムウェア攻撃 競合他社とのトラブルが原因か
攻撃者は身代金の移動に暗号資産取引所を使うことがある。その取引所の一つが、ランサムウェア攻撃の標的になった。英国のBTC-ALPHAだ。競合他社とのトラブル説が浮上しているが、何があったのか。(2022/2/14)

身代金価格に合意しても機密情報を暴露 ランサムウェア攻撃による身代金交渉の実情とは
トレンドマイクロは、ランサムウェア攻撃後の身代金交渉の実情を解説した。身代金交渉のためにチャットサイトを利用する手口や、攻撃者の交渉時の口調の変化などを明らかにし、インシデント対応のヒントも示した。(2022/2/3)

感染リスクを組織の内面と外面から可視化:
PR:セキュリティをレベルアップさせる脅威インテリジェンス
ランサムウェア攻撃の猛威は続いており、二重脅迫型という新しい攻撃手法も登場した。膨大な脅威情報の中から必要な情報を選別する脅威インテリジェンスサービスの有効性とは。(2022/1/28)

身代金を払った組織の80%が再び攻撃された
多発するランサムウェア攻撃、経営者が知るべき「数字」と「対策」
最新のランサムウェアは複数の手段で身代金を要求する「多重脅迫型」が主流となり、かつ一度身代金を支払った組織には再び攻撃を仕掛けているという。悪質なサイバー攻撃から組織を守るためには、どのような対策が有効なのだろうか。(2021/12/27)

二重脅迫がさらに進化
ランサムウェア集団に広がる「脅迫の多様性」
バックアップの普及によって、データを暗号化しただけでは身代金が取れなくなった。ランサムウェア集団は二重脅迫の手口をさらに凶悪化させてきた。彼らが使う手口とは?(2021/12/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェア身代金、“どうしても”のときの値切り方 13億円超の要求額を1.7億円に減額させた交渉術
データを人質に取って身代金を要求するランサムウェアの被害では、やむを得ず要求に応じる企業も少なくない。その際、交渉次第では犯行グループが身代金の減額に応じることもあるという。(2021/12/14)

Gartner Insights Pickup(236):
ランサムウェア攻撃を受けたら、あなたの会社は身代金を支払うべきか
ランサムウェア攻撃を受けたら、あなたの会社はどうするか。データを取り戻すために身代金を支払うべきか。難しい判断を迫られるが、準備が物を言う。(2021/12/10)

Twitter、個人の写真・動画の無断投稿を禁じるポリシー変更
Twitterが「個人情報に関するポリシー」を更新し、当人の同意なしの写真・動画の投稿を禁じた。報告があった場合、投稿を削除するなどの措置を行う。個人情報を嫌がらせや脅迫のツールとして悪用することへの懸念が高まっているためとしている。(2021/12/1)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【中編】
ランサムウェア身代金「払う、払わない」の“正解”は? Gartnerの識者が議論
ランサムウェア攻撃を受けた企業は、身代金の要求に応じるかどうかを判断する必要がある。Gartnerのアナリストが、判断の基準や是非について持論を語る。(2021/11/24)

ランサムウェア攻撃の身代金は支払うべきか【第3回】
「ランサムウェア攻撃の身代金支払いは、いずれ違法になる」と専門家が考える訳
ランサムウェア攻撃を受けた場合、身代金を支払うかどうかは被害企業が判断すればよい。ただし今後は、身代金の支払いを法律で制限する動きが出てくると専門家は予測する。それはなぜなのか。(2021/11/24)

ハリポタ作者、トランスジェンダー活動家に住所をさらされ脅迫 前年の発言が“差別的”と炎上しターゲットに
トランスフォビアな発言を批判されてきたJ.K.ローリング。(2021/11/23)

暗号化したように見せかける偽のランサムウェア流行中 WordPressユーザーは要注意
WordPressで構築したWebサイトを標的にしたランサムウェアが流行している。このランサムウェアは、暗号化したように見せかけて身代金支払いを要求する巧妙な手段を取るため注意してほしい。(2021/11/18)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【前編】
Gartnerが明かす「ランサムウェア」の“本当の怖さ”とは?
データを暗号化して企業に身代金を要求するランサムウェアは、企業にとって大きな脅威となる。それはなぜなのか。Gartnerのアナリストがランサムウェアの危険性を解説する。(2021/11/17)

ランサムウェア攻撃の身代金は支払うべきか【第2回】
「ランサムウェア攻撃」を受けても身代金を払ってはいけない4つの理由
ランサムウェア攻撃に遭った企業は「身代金を支払う方がよい」と判断をすることがある。だがセキュリティ関連団体や専門家は、身代金の支払いを推奨していない。その理由は。(2021/11/17)

ランサムウェア攻撃の身代金は支払うべきか【第1回】
「ランサムウェア攻撃」に遭った企業が身代金を払いたくなる4つの理由
企業がランサムウェア攻撃に遭うのは時間の問題だ。攻撃者に身代金を求められた企業は、どのような心理状態に陥って支払いに応じるのか。(2021/11/10)

Robinhood、700万人分の顧客データ流出(金銭的損失はない)
株取引アプリのRobinhood Marketsは700万人分の顧客データが盗まれたと発表した。攻撃者から身代金支払いを要求されたが当局に通報した。顧客に金銭的損失はないとしている。(2021/11/9)

CIO Dive:
身代金の支払いは五分五分で「あり」? 米国企業のランサムウェア対策事情
急増したランサムウェアに対し、日本だけでなく世界中の企業が対応を迫られている。米国企業の取締役会はこれを深刻な事業継続リスクと捉え、対策に本腰を入れ始めた。ランサムウェア対策に向け、米国企業内部ではどのような変化が起きているのか。(2021/11/8)

ランサムウェア「Hello Kitty」が活発化 標的にされる脆弱性は?
FBIは2021年1月に観測されたランサムウェア「Hello Kitty」に関する民間企業通知を発行した。これを利用する脅威アクターは「二重の脅迫」とDDoS攻撃を組み合わせてくるとし、注意を促している。(2021/11/3)

狙われる教育機関、サイバー攻撃を防ぐためには【後編】
ランサムウェア攻撃者が「学校は身代金を払う」と考える“おぞましい根拠”
攻撃者が教育機関を標的にすることが目立ってきた。その背景には何があるのか。実害を招かないために、教育機関はどのように対処すればよいのか。セキュリティの専門家の話から、その答えを探る。(2021/10/27)

中川翔子、中傷被害は「我慢しないで警察にちゃんと相談して」 弁護士から脅迫罪などについて学ぶ
YouTubeチャンネル登録者数72万人の岡野武志弁護士が登場。(2021/10/14)

中川翔子、自身を侮辱・脅迫した疑いで男が書類送検され「ため息しか出ない」 過去には警察への相談を告白
20代の男性が書類送検されたとのこと。(2021/10/7)

PR:スマホ紛失は業務用PC紛失と同じ危険度 個人情報漏えい、ブランド失墜、身代金要求…… まずは正しい認識を
(2021/9/30)

セキュリティの敵「アクションバイアス」の正体と回避策【前編】
ランサムウェア被害の企業が、バックアップを取っていても身代金を払ってしまう“心理的理由”
企業はサイバー攻撃の発覚後、即座に行動しようとする。ただし迅速に動き過ぎることはかえって適切な対処の妨げになる。どういうことなのか。理解の鍵を握るのが「アクションバイアス」だ。(2021/9/13)

2021年上半期のインシデントのトップは「不正アクセス」:
下半期は「二重脅迫ランサムウェア」に注意 デジタルアーツが2021年上半期のセキュリティレポートを公開
デジタルアーツは、2021年上半期のサイバーセキュリティに関するインシデントの集計とランサムウェアの手口の考察に関するレポートを公開した。ランサムウェアによる被害が増加傾向にあるだけでなく、「二重脅迫」が流行している。(2021/9/7)

「namimonogatari」出演アーティストが“家族への脅迫”を告白 妻や子どもへの「死ねや、殺すぞに関してはとても残念」
MC TYSONさん「一緒に歌ってくれた皆を心の底から愛してるよ」(2021/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。