ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「脅迫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脅迫」に関する情報が集まったページです。

「BreakingDown」“中指”立てて物議のレオ、殺害予告DMさらす “やりすぎ”主張も「誰だか特定してしばいたる」
大会CEOは「調子に乗りすぎ」としつつ「脅迫したり危害を加えてくるやつがいるなら、それは話が別」。(2024/2/20)

85%の組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払う:
復旧できるかどうか不安なのに、半数以上の企業が「復旧よりも予防」に投資 デル・テクノロジーズ
デル・テクノロジーズは、データ保護に関する調査の結果を発表した。過去12カ月以内にデータへのアクセスを阻害するサイバー攻撃を受けたと回答した人の割合は52%。85%の組織が、データにアクセスするために身代金を支払うことを余儀なくされた。(2024/1/22)

ランサムウェア攻撃集団Rhysidaの手口
英王室の医療情報を狙ったランサムウェア攻撃集団Rhysida 医療データを公開か
ランサムウェア攻撃集団Rhysidaが、英王室と縁の深い病院に攻撃を仕掛けた。報道によるとRhysidaは、王室の医療データと引き換えに身代金を要求している。被害の全容と攻撃の手口は。(2023/12/27)

久保建英を“投げ飛ばした”相手MF、「潰す気か」インスタ大荒れ 家族への中傷・脅迫まで届く事態に
悪質な行為で批判を浴びたカディスCFのルベン・アルカラス選手。(2023/12/23)

Cybersecurity Dive:
50カ国が賛同した“身代金支払いの拒否”の共同声明 だが専門家は影響を疑問視
CRIのメンバーである50カ国は「各国政府の権限の下にある機関は、ランサムウェアに関連する身代金を支払うべきではない」という共同声明を発表した。この誓約は、禁止に向けた第一歩になる可能性がある。(2023/12/9)

任天堂、脅迫行為受けイベントの延期・中止を発表 「スプラトゥーン甲子園」の全国決勝大会は延期、「Nintendo Live 2024 TOKYO」は中止に
脅迫行為がイベントの観客やスタッフを標的としたものに拡大したことを受けての対応です。(2023/12/7)

任天堂の音楽ライブ「Nintendo Live」が中止に 「社員や観客への脅迫行為を確認したため」
任天堂は、1月20〜21日に開催予定だったイベント「Nintendo Live 2024 TOKYO」の開催を中止すると発表した。(2023/12/7)

猫「さもないと、落としちゃうよ〜?」 ガラス製コップを人質に“選択”をせまる猫、「すごい顔面圧だ!」と140万再生突破!
電車で見たらアウト。(2023/12/1)

セキュリティニュースアラート:
LockBit 3.0が身代金交渉で新ルールを設定 実行者のスキル不足を補う狙いか
Analyst1はLockBit 3.0が身代金支払い確率を上げるため新たな交渉ルールを設定したと報じた。アフィリエイト(RaaS実行者)のスキル不足を補う狙いがあるとみられる。(2023/11/21)

サイバー犯罪対策「一人一人がセキュリティー意識を」 警視庁・田中俊恵副総監インタビュー
身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」の被害が後を絶たないことに加え、全国のインターネットバンキングで不正に口座から預金が引き出される被害など、深刻化するサイバー空間への対処について語った。(2023/10/10)

「暗号化しないランサムウェア攻撃」 その狙いは【後編】
ランサム新手口「ノーウェアランサム」の謎 暗号化なしでも身代金をなぜ払う?
「ノーウェアランサム」は、標的システムのデータを暗号化しないランサムウェア攻撃だ。それでもノーウェアランサムの被害組織は、かなりの金額の身代金を支払うという。それはなぜなのか。(2023/10/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
米カジノ運営元が「ランサムウェア」被害 20億円の身代金を支払って“しまった”理由
9月に入って、米ラスベガスのカジノ運営元が、相次ぎ「ランサムウェア」の被害を受けた。このうち、1社は身代金を支払ってしまったという。「身代金を支払わない」が基本対応にも関わらず、支払った背景には企業なりの理由があった。(2023/9/24)

「暗号化しないランサムウェア攻撃」 その狙いは【前編】
“身代金なんて払わない派”が主流に 「ランサムウェア攻撃」変化の真相
ランサムウェア攻撃の主要な手口は、データを暗号化してシステムを使用できなくすることだった。こうした“常識”が変わりつつある中、被害組織の行動にも変化が現れているという。何が起きているのか。(2023/9/22)

「殺されたいと思った事ない」 あびる優、不気味な脅迫文に心痛 8歳娘とも別居中で「いつまでも辛い」
家族写真も公開。(2023/8/31)

SNSで募集、個人情報を送らせて脅迫→捨て駒に 「闇バイト」勧誘の手口、警察庁が公開
警察庁は、社会問題化している「闇バイト」の傾向をまとめた事例集を公開した。(2023/8/23)

データ暗号化は“時代遅れ”? ランサムウェアグループの攻撃手法に起きた変化とは
Areteが2023年上半期のサイバーセキュリティ動向を報告した。身代金やランサムウェアグループ、攻撃手法などの変化を指摘し、講じるべき対策について解説した。(2023/8/22)

身代金の支払いについてもアドバイス:
「ランサムウェア攻撃にやられたらどうする」、Gartnerが説く組織としての効果的な備えとは
ランサムウェア対策では、防御やデータ保護のテクノロジーに注目が集まりがちだが、Gartnerはインシデント発生時の全社的な対応を明確化しなければならないと強調する。身代金の支払いについてのアドバイスもできる必要がある。セキュリティ担当アナリストに対策のポイントを聞いた。(2023/8/22)

LinkedInで大規模なハッキングキャンペーンが進行中 ユーザーは直ちに確認を
CyberintはLinkedInのアカウント窃取キャンペーンが進行中で多数のアカウントが影響を受けていると報告した。窃取されたアカウントは身代金要求や二次被害のリスクがある。(2023/8/21)

名門大学を襲うランサムウェア【中編】
絶対に身代金を支払わせたいランサムウェア攻撃集団の“試行錯誤”が生んだ変化
英国マンチェスター大学がランサムウェア攻撃を受けた。それに際して攻撃集団は、大学の学生と職員に複数回接触していたことが分かった。攻撃集団の手口とは。(2023/8/8)

X、Twitterでのヘイト増加を報じた非営利団体を提訴すると通告
オンラインでの人権と自由の保護を目的とする非営利団体CCDHは、「イーロン・マスク氏のXから、法的手段をとると脅迫する書簡を受け取った」と発表し、書簡を公開した。(2023/8/1)

バックアップデータが侵害されるケースも頻発:
PR:費用対効果の高い「ランサムウェア対策としてのバックアップ」を実現するための3要件とは
高度化、巧妙化するサイバー攻撃が頻発する中、データを暗号化して、金銭的脅迫をするランサムウェアが猛威を振るっている。従来はバックアップを取得することが対策の定石だったが、昨今はバックアップデータ自体が狙われることもある。現実的かつ費用対効果の高い施策を実施するにはどうすればよいのか。(2023/8/1)

ランサムウェア「二次攻撃」で英国人男性が有罪に【後編】
「振込先変更は完璧だった……」 身代金を着服しようとした人物の笑えないミス
ランサムウェア攻撃に便乗して自社から身代金をだまし取ろうとした男性が逮捕され、有罪になることが決まった。この犯罪の巧妙な手口が露呈してしまった、“残念な理由”とは。(2023/7/12)

Twitter、ThreadsをめぐってMetaを提訴すると脅迫──Semafor報道
TwitterがThreadsをめぐってMetaを提訴すると脅迫したと、マーク・ザッカーバーグCEO宛の書簡を入手したとしてSemaforが報じた。この書簡でTwitterはMetaが多数のTwitterの元従業員を雇用し、機密情報をThreadsの開発に利用したと主張。Metaの幹部はこれをThreads上で否定した。(2023/7/7)

サイバー保険から全く補償金が出なかったケースも:
数分でランサムウェア攻撃を検知しているのに75%が身代金を支払っているのはなぜ? フォーティネット
フォーティネットジャパンは、「2023年ランサムウェア グローバル調査レポート」を発表した。ランサムウェアによる被害が続いており、企業の半数が被害を受けていることが分かった。(2023/7/6)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
カスハラ防止に“革命”も! エッジAIマイク×ChatGPTが描く未来の接客
暴言、理不尽なクレーム、威嚇や脅迫まがいの言動など、顧客や取引先による接客時の迷惑行為「カスタマーハラスメント」。こうした課題は、エッジAIによって解決の糸口が見える可能性がある。と筆者は話す。(2023/6/29)

特集:中堅・中小企業が導入するEDRの現実解(1):
リソース不足の中堅・中小企業でもできるEDRの現実解とは?
ランサムウェア被害に遭えばデータの消失や漏えい、身代金の支払いを招き、最悪の場合、廃業のリスクもある。これを防ぐためにリソース不足の中堅・中小企業ができることは何か。(2023/6/29)

Cybersecurity Dive:
「圧強め」の身代金要求 新興攻撃グループRA Group その特徴
Cisco Talosの研究者は、新興のランサムウェアグループRA Groupを観測した。RA Groupは製造や金融、保険および製薬業界の組織を標的にしており、1週間で4件の“成果”を得た。(2023/6/25)

ITmedia Security Week 2023 夏:
身代金交渉の知られざる内幕 ランサムウェアグループのビジネスに迫る
サイバー犯罪者は何を考えているのか。身代金交渉の実態、拡大する犯罪グループの現状を紹介する。(2023/6/20)

Cybersecurity Dive:
大企業ほど高額の身代金を支払う? 支払い禁止を巡る「本音と建前」
身代金の支払いを禁止する措置の有効性について議論が再燃している。これは、ランサムウェアが世界の組織にもたらすコストと関連している。(2023/6/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
AI悪用で巧妙化する性的恐喝 存在しないわいせつ画像をでっち上げ 米国では自殺者も
AIを使って本物と見分けがつかないような偽コンテンツが簡単に作成できるようになり、一部の犯罪が悪質化している。SNS上の写真からディープフェイクのわいせつ画像をでっち上げ、脅迫に使う手口が横行していると米FBIが注意喚起している。(2023/6/15)

全店舗で専用カバー設置:
“ソフトクリーム直飲み”動画投稿で書類送検 「まねきねこ」運営元、民事訴訟も検討
ソフトクリーム製造機を使った迷惑動画をSNSに投稿したとして、埼玉県警が威力業務妨害の疑いで21歳の男女3人を書類送検。被害を受けた「まねきねこ」運営元は「今後の動向を見て民事訴訟も検討する」との方針を示している。(2023/6/8)

脅威アクターが攻撃をアウトソースする時代に:
身代金を支払うことはサイバー攻撃者を育てることにつながる WithSecure
WithSecureは、サイバー犯罪に関する調査レポートを発表した。サイバー攻撃はプロ化の傾向にあり、低いスキルや少ないリソースしか持たない脅威アクターでも、企業や団体を攻撃するための専門知識とリソースを利用しやすくなっているという。(2023/5/29)

サイバー攻撃の93%は「バックアップ狙い」 Veeamが調査
Veeamのグローバル調査によると、サイバー攻撃の93%はバックアップリポジトリを標的としている。攻撃者は身代金の支払いを強要するが、支払ったにもかかわらずデータを復旧できなかった企業もあることが分かった。(2023/5/26)

87%の日本企業が「身代金を支払った」と回答 そのうち全データを復旧できた割合は?
Rubrikはデータセキュリティに関する最新のグローバル調査結果を公開した。同調査から、ランサムウェア攻撃に対する企業の現状や課題が明らかになった。(2023/5/24)

高級自動車メーカーを襲うランサムウェア【後編】
フェラーリがランサムウェア攻撃への身代金支払いを拒否したことは“正解”か?
イタリアの自動車メーカーフェラーリが、ランサムウェア攻撃による身代金の支払い要求を受けた。同社が進めた“教科書通り”の対処とは。(2023/5/19)

3カ月に1回発生:
暴言に耐えかね「退職」も freeeの「カスハラ対策方針」が悪質クレームに示したこと
freeeは2月、不当・悪質なクレームについての対応方針を明らかにした。2022年夏にかかってきた脅迫電話がきっかけだったという。カスタマハラスメントによって休職・退職者が出るなど不利益を被ることが続き、対応方針公開に至った。それに至るプロセスや公開による反響などを取材した。(2023/5/18)

「身代金を支払った企業の復旧は長引く」ランサムウェア被害の意外な結果
Sophosは最新のランサムウェア攻撃動向をまとめた報告書を公開した。同調査から、企業を取り巻くランサムウェア被害の現状や身代金に関する情報、推奨される対策などが明らかになった。(2023/5/15)

歴史で分かる「ランサムウェアの進化」と対策【第5回】
二重脅迫にサプライチェーン攻撃 ランサムウェア攻撃“要警戒の手口”と対策は
ランサムウェアは進化を続けており、もはやデータを暗号化するだけのマルウェアではなくなってきている。具体的にはどのような攻撃があるのか。有力な対処法とは。(2023/4/26)

Cybereasonがセキュリティオペレーションセンターに関する調査結果を発表:
約1200人のセキュリティ担当者に聞いた、「今、ランサムウェア対策するならどの部分から?」
Cybereasonは、セキュリティオペレーションセンターに関する調査の結果を発表した。最大の脅威として身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」を挙げた人が49%を占め、30%以上が「ランサムウェアの脅威に対処するために、より多くの人材やサービスが必要」と回答した。(2023/4/24)

地下アイドルグループ、“メンバーへの脅迫”で半数以上クビに 裏切り&客への嫌がらせも発覚し「非常に遺憾」
15日の公演は残りの2人で行うことに。(2023/4/7)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
次のサイバー攻撃は「鉄道」や「水道」などの重要インフラを狙う
重要インフラはサイバー防衛が進んでいない部分がある上に社会的な影響度が高いため、身代金を吊り上げやすく、さまざまな個人情報が集まっているためにそれを詐取しようとする攻撃も加わる。本ブックレットは、サイバー攻撃に対する備えが薄い組織は何をすればよいのか、どのような危険性があるのかを解説する。(2023/4/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「サプライチェーン」を人質に取るようになったランサム攻撃 ――ラックの西本氏が語る、万一への備え
サイバー攻撃から企業の重要資産である「データ」をどう守ればいいのか。ランサムウェアが経営に与える本当の被害とは。その実態と対策のポイントを語った。(2023/4/5)

産業制御システムのセキュリティ:
7割が“人質”経験済み、ランサムウェアが猛威を振るう工場セキュリティの今
産業制御システム向けのセキュリティを展開するTXOne Networksは、2022年版の「OTサイバーセキュリティレポート」を発表した。(2023/3/31)

ランサムウェアとバックアップの攻防史【第5回】
貪欲に身代金を狙う「ランサムウェア攻撃」に負けないバックアップ対策は?
ランサムウェア攻撃は、さまざまな手法で標的となる組織のシステムへの侵入を試みます。それを受けて、防御やバックアップの対策は変わってきました。本稿はバックアップ対策の変化を中心に紹介します。(2023/4/11)

教育機関に狙いを定めるランサムウェア【第4回】
ランサムウェア犯罪者への身代金支払い「禁止法」は学校にとって“逆効果”か?
教育機関を狙うランサムウェア攻撃が後を絶たない。米国では、一部の州政府が法制度による身代金支払いの規制に乗り出している。こうした取り組みに対しては「逆効果だ」との専門家の声がある。なぜなのか。(2023/3/20)

対応策は:
「カスハラ」の被害はいくらなのか? オペレーターが辞めた場合を計算した
顧客からの暴言や脅迫など、いわゆる“カスハラ”被害に悩んでいる企業は多い。どうすれば被害を抑えることができるのか。(2023/3/15)

ランサムウェアとバックアップの攻防史【第4回】
ランサムウェアの“裏工作”「権限掌握」と「横展開」とは? 何に警戒すべきなのか
ランサムウェアは企業に身代金を支払わせるために、システム内部でひそかに準備を進めることがあります。特に注意が必要なのは「権限掌握」と「横展開」です。これによって引き起こされるリスクを解説します。(2023/3/21)

教育機関に狙いを定めるランサムウェア【第2回】
学校がランサムウェア犯罪者の身代金要求に応じない“納得の理由”
セキュリティ専門家によると、教育機関はランサムウェア攻撃を受けても、身代金の要求に応じることはまれだ。それはなぜなのか。(2023/3/6)

ランサムウェアとバックアップの攻防史【第3回】
侵入しても「暗号化に着手しないランサムウェア」も その狙いとは?
企業がバックアップをはじめとしたランサムウェア対策を強化する一方で、攻撃者は標的の企業に身代金を支払わせるために、攻撃の手口を変化させています。どのような手口に注意が必要なのでしょうか。(2023/3/15)

6社に1社が身代金に応じる今、中堅・中小企業はランサムウェアにどう立ち向かうか
トレンドマイクロはアンダーグラウンド調査からランサムウェアグループの活動の実態を解説した。ランサムウェアグループの標的の傾向や身代金の支払率、悪用されやすい脆弱性などが判明した。(2023/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。