ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「犯罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「犯罪」に関する情報が集まったページです。

槇原敬之さん逮捕で日本エンターテイナーライツ協会が声明 「本当に犯罪行為を行ったのか疑問が残る状況」「冷静かつ慎重な報道を」
過度な自粛により槇原さんの楽曲使用を控えることがないように、とも求めています。(2020/2/14)

米司法省、Huaweiと子会社を追起訴 RICO法違反や企業秘密窃盗罪で
Huaweiは、組織犯罪取り締まりを目的としたRICO法違反の共謀罪、米国企業の知的財産を不正に流用したとされる企業秘密窃盗罪、北朝鮮とイランへの商品やサービス輸出に関与した罪に問われている。(2020/2/14)

FBIが発表:
2019年のサイバー犯罪、米国で過去最高の被害額と通報件数を記録――最多の手口は?
メールを使って相手をだまそうとする手口はますます巧妙化し、被害者が不審に気付いて本物と偽物を見分けることは一層難しくなっている。(2020/2/13)

痴漢をスマホアプリで通報 車掌が車内放送で撃退 埼京線で実験
JR東日本がスマホアプリを活用し、列車内での痴漢被害を抑える実験を埼京線で行う。乗客がスマホアプリで車掌に通報し、車掌が車内放送で注意を促す。(2020/2/5)

JR東日本、“痴漢防止対策”の実証実験を埼京線で実施 スマホアプリで車掌に通報するシステム
2ステップに分けて実証実験を行います。(2020/2/4)

専門家のイロメガネ:
報酬5億円でゴーンの暴走を放置した西川前社長の責任(中編)
メディアでは一斉にゴーン批判の嵐が巻き起こったが、仮に暴走していたのであればそれをとめる役目を負うのは役員であり、その最高責任者は日産の代表取締役社長兼CEOの西川氏にほかならない。ゴーン氏が犯罪を行って逮捕・起訴されたのであれば、西川氏もセットで逮捕されるべきで、西川氏が逮捕されないのであればゴーン氏の逮捕もあり得ないはずだ。(2020/1/30)

開発者に優しいセキュリティを目指す:
クラウドはセキュリティ上「最も弱い鎖」? Check Pointが指摘
Check Pointがイベント「CPX360 2020」を開催。創業者兼CEOを務めるギル・シュエッド氏が基調講演の中で、サイバー犯罪を巡る5つのトレンドを指摘した。(2020/1/23)

犯罪に応じて“緩やかな集団”を形成:
ミシガン州立大などの研究チーム、サイバー犯罪ネットワークの特徴を解明
ミシガン州立大学などの研究チームがサイバー犯罪ネットワークの一般的な属性を特定し、こうしたグループがどのように活動し、連携しているのかを明らかにした。(2020/1/21)

半径300メートルのIT:
ユーザー側には対策不可能!? ECサイトを狙う「Eスキミング」の怖さ
巧妙化が続く、サイバー犯罪。2019年は従来の「セキュリティの常識」がことごとく覆される1年でした。今後さらに問題になりそうなのが、カード決済システムの隙を狙う「Eスキミング」。なんと、利用者にできる対策が「ない」というのです。(2020/1/14)

世界のナベアツと書かれた千円札が「大量に出てきた」 お札を故意に汚すのは犯罪?→日本銀行と弁護士に聞いてみた
一番の被害者は桂三度さんだと思う……。(2020/1/5)

医療情報への不正アクセス発生、犯人と交渉して身代金支払い
被害に遭ったカナダの精密検査機関LifeLabsは、サイバー犯罪集団と交渉して身代金を支払い、データを取り戻したと説明。顧客の情報が一般に公開された形成はないとしている。(2019/12/19)

第5回:
「痴漢抑止バッジ」製品化5作品が決定 アドバイザーも期待する“バッジの痴漢抑止効果”
581作品から5作品が製品化へ。授賞式には斉藤章佳さん、ハヤカワ五味さんが出席。(2019/12/16)

マルウェアによる脅迫で荒稼ぎしていた男に3800万円支払い命令、ロレックスも売却
サイバー犯罪集団の一員だった男は、世界20カ国以上の被害者から脅し取った金を、高級ホテル滞在や買春、ギャンブル、ドラッグ、高級腕時計の購入などに費やしていた。(2019/12/10)

狙われるホテル業界 カード情報や認証情報盗む巧妙な詐欺メールが横行か
宿泊施設を標的とするサイバー犯罪集団は、巧妙な詐欺メールを送り付けてホテルのシステムにマルウェアを仕込み、クレジットカード情報や認証情報を盗み出している。(2019/11/29)

漫画で防犯呼びかけ 神奈川県警、Twitterのフォロワー数倍増ねらい 「若者が読んで祖父母世代に伝えて」
 防犯情報を効果的に発信しようと、神奈川県警では現在、生活安全総務課犯罪抑止対策室の公式ツイッターで防犯をテーマとして企画された「防犯漫画」を連載している。(2019/11/29)

SNS犯罪 子供守る手だては「ペアレンタルコントロール」
スマートフォンを持つ子供が増える一方で、SNSを使った事件も後を絶たない。子どもを守るために親が取れる手段の一つであるペアレンタルコントロールを活用しながら親子で話し合い、ネットリテラシーを高める必要がある。(2019/11/28)

勤務先PCの全データを消去 元システム管理者の男を逮捕 「社長や会社の対応に不満があった」
元勤務先のPC内のデータを全て消去したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課が元システム管理者の男を逮捕した。「社長や会社の対応に不満があり、会社の業務を妨害した」と容疑を認めているという。(2019/11/26)

半径300メートルのIT:
待望の新サービス、サイバー犯罪者にとっては「新しい標的」か?
米国で始まった「Disney+」が、さっそくサイバー攻撃の標的にされています。もちろん一番悪いのは犯罪者なのですが、「攻撃を防げなかったのは誰だったのか」という視点で見ると……?(2019/11/26)

NECがインターポールと提携 世界でサイバー犯罪の捜査を強化
NECは、インターポールとサイバーセキュリティ対策の分野で提携したと発表した。国際規模でセキュリティ強化を目指す。(2019/11/25)

カーシェアで借りた車を無断で売り払う詐欺 「性善説に限界もあるのでは」
カーシェアリングサービスが広がりを見せる一方で、性善説に基づいたシステムが悪用され、借りた車を無断で売却する犯罪も発生。マナー面の問題もあり、事業者は対策を急いでいる。(2019/11/19)

半径300メートルのIT:
セキュリティ意識の陳腐化について 「これなら安心安全!」はすぐに危険になる
情報セキュリティの世界に「絶対」はありません。「この対策さえすれば、絶対安全ですよ!」というフレーズは、大抵間違っています。特に怖いのは、その「絶対安全」の基準がすでに古くなり、むしろ犯罪者の狙い目になっていることで……(2019/11/19)

人気のカーシェアに落とし穴 “性善説”悪用し無断売却事件も 
 会員登録などをした特定の利用者が車を共有して使う「カーシェアリングサービス」の利用者が急増している。不特定多数を対象とした店舗型のレンタカーと異なり、空いていればネット上の手続きで24時間いつでも車を使え、短時間の使用もOKという手軽さが人気の秘密だ。一方で性善説に基づいたシステムが悪用され、借りた車を無断で売却する犯罪も発生。車内の清掃などのマナー面の問題も浮上しており、サービスの提供会社も対応に苦慮している。(2019/11/18)

「痴漢は犯罪です」「私たちは泣き寝入りしません」 今年で5回目「痴漢抑止バッジデザインコンテスト」、入賞12作品が決定
商品化を決める一般投票を実施中(11月17日まで)。(2019/11/11)

IoTセキュリティ:
IoT関連のアンダーグラウンド市場調査――攻撃代行などビジネスが活発化
トレンドマイクロが「IoT関連のアンダーグラウンドビジネス概況」の調査結果を発表した。DDoS攻撃の代行サービスをはじめ、サイバー犯罪者によるサービスや情報の売買が活発になっていることが明らかになった。(2019/11/1)

アンチドーピング機関狙うサイバー攻撃、東京五輪控え急増
Microsoftによると、一連の攻撃には「Strontium」と呼ばれるサイバー犯罪集団が関与している。同集団はロシアの関与が指摘されていた。(2019/10/30)

期待の「イノベーション」は未来の「ITアスベスト」になるのでは?:
まるで核兵器が犯罪者の手に渡るような状態がサイバー空間で起きている――脅威の変化を踏まえ「検知、対応」へのマインドシフトを
F-Secureは、2019年10月2〜3日開催の「Cyber Security Nordic」に合わせて開催したプレスカンファレンスにおいて「防御」から「検知、対応」へのマインドシフトが必要だと強調した。(2019/10/18)

ゼロトラストセキュリティの実現:
PR:NISTも警鐘、サーバハードウェアを狙う攻撃にどう備える?
サイバー犯罪は日に日に巧妙化し、輸送中のサーバハードウェアにマルウェアを仕込む手法すら存在する。従業員はおろか、新しいハードウェアも信頼しない──ゼロトラストセキュリティを実現する方法とは。(2019/10/24)

「AirDrop痴漢」に終止符 iOS 13でAirDropの仕様が変更 許可するまで画像が表示されないように
プレビューが表示されなくなりました。(2019/10/10)

抗議や電凸、「権利」と「犯罪」の線引きは? 過度な行為は立件も
ある意見が自分の意見とは異なることを主張したり、デモを行ったり−。特定の事象をめぐり、人々が「抗議」すること自体は、憲法21条(集会、結社及び言論、表現の自由)で保障された権利だ。だが暴力や脅迫をにじませるなど、事が一線を越えれば話は別になる。正当な「抗議」とは何なのだろうか。(2019/10/4)

DarkSeoul攻撃に類似:
サイバー犯罪組織Lazarusによるスパイツール「Dtrack」 Kasperskyが発見
Kasperskyはスパイツール「Dtrack」を発見した。マルウェア「ATMDtrack」の調査中に見つけた。複数のサイバースパイ行為や妨害行為をしてきたLazarus Groupによる2013年のDarkSeoul攻撃に類似している。(2019/10/1)

企業や業界を横断した情報共有も:
怪しい口座を検知して犯罪を未然防止、セブン銀行のセキュリティ「販売」始まる
セブン銀行とISIDが新会社を立ち上げた。非対面取引のネット専業銀行ならではのセキュリティノウハウを汎用(はんよう)化して同業他社や他業種向けにも提供し、企業や業界を横断する不正対策体制の構築を目指す。(2019/9/30)

黒いアドレスを追え 流出仮想通貨の追跡はこう行われる
過去2年間で、世界中の取引所から1200億円近くの仮想通貨が盗まれている。盗まれた仮想通貨は、資金洗浄されて犯罪組織の資金源となる。これをいかに防ぐか。元Bitflyerのメンバーが立ち上げたBassetは、仮想通貨の送金の流れを明らかにし、犯罪者のアドレスを推論するツールの開発を進めている。(2019/9/19)

詐欺、横領、そして麻薬 伝説の名車「デロリアン」開発者の人生に迫る映画「ジョン・デロリアン」予告編とポスタービジュアル解禁
犯罪にも手を染めたジョン・デロリアンの破天荒な人生が描かれます。(2019/9/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
MITメディアラボの失態に見る、スポンサーと研究資金の闇
米マサチューセッツ工科大学のメディアラボ所長が、性犯罪で起訴された富豪から資金を受け取り、隠蔽しようとしたことが暴露された。世界的な研究機関が“怪しい人物”からカネを受け取ってしまったのはなぜか。背景には、研究機関とスポンサーの関係がある。(2019/9/12)

20年分の後れを取り戻すには:
「まんじゅう怖い」のレベルで「個人情報怖い」状態――2000年代前半のセキュリティの在り方に縛られて生じた優先順位付けのゆがみ
2019年5月に開催された「第23回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」から、ラック 代表取締役社長の西本逸郎氏、Japan Digital Design CTOの楠正憲氏の講演内容を紹介する。(2019/9/2)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
「G Suite」をサイバー犯罪から守る、クラウドセキュリティ「CASB」の実力とは
Googleのクラウド提供型オフィススイートである「G Suite」が普及する中で、サイバー犯罪者の標的となるケースも増えている。そこでGoogleが提供するセキュリティツールに代わる手段として、多くの企業が採用を進めているのが「CASB」だ。(2019/9/17)

スマートフォンはPCよりも安全? :
フィッシングのリスクはPCの3倍 ニュースに出ない、モバイルセキュリティの怖い話(前編)
「モバイル端末には、PCのようなセキュリティ機能がタダでついている」という認識をしている人はいないだろうか。確かにモバイル端末には、過去にPCが受けてきた攻撃を参考にしたセキュリティ対策がされている。しかし犯罪者は、そんなユーザーの油断を狙った攻撃を仕掛けてきている。(2019/8/28)

シヤチハタ、「迷惑行為防止スタンプ」を試験販売 特殊インクの証拠マークを押せるハンコで痴漢の抑止力に
アイデアは5月ごろにTwitterユーザーの議論で生まれ、メーカーへ要望されていました。(2019/8/26)

“痴漢対策スタンプ”、シヤチハタが商品化 Twitterユーザーの提案受け開発
シヤチハタが「迷惑行為防止スタンプ」を発売。被害者が容疑者の手にハンコを押しておくと、ブラックライトで印影が浮き出る仕組み。(2019/8/26)

外務省、香港を「危険レベル1」に引き上げ 「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡る抗議デモが影響
渡航・滞在にあたっては危険を避けるため、「抗議活動の現場に近づいたり撮影したりしない」など注意を呼びかけています。(2019/8/15)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
FBIが警戒する攻撃手法とは? 新たな脅威に対抗するハードウェアセキュリティ
サイバー犯罪者は、対策や監視が手薄で、高い成果が得られる攻撃手法を常に模索している。その中でもFBIが特に警戒するサイバー犯罪の最新手法と、企業を守るハードウェアセキュリティについて詳しく解説する。(2019/8/2)

調査対象の8カ国のうち51%が被害に:
「日本は実際の被害は少ないが、危機意識は諸外国より高い」 F-Secure意識調査
F-Secureの個人情報保護に関する意識調査によると、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は51%、自分がサイバー犯罪などの被害に遭うのではないかと感じていると回答した割合は71%だった。(2019/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

迷惑bot事件簿:
急増する不正ログイン、対策のカギは「正しく怖がる」こと
不正ログインの被害が日本社会を揺るがしている。過去1年あまりで報道された大きな被害だけでも10件を超えた。不正ログイン事件の裏側を考察し、起こり得る犯罪と回避策の有効性を検証したい。(2019/7/8)

「楽天株式会社から緊急のご連絡」フィッシングメールに注意喚起
「【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡」という件名で、楽天からの連絡を装って楽天IDやパスワードを詐取するフィッシングメールが出回っているとし、日本サイバー犯罪対策センターが6月25日までに、複数回にわたって注意を呼び掛けている。(2019/6/27)

ゼロトラストセキュリティの実現
NISTも警鐘、サーバハードウェアを狙う攻撃にどう備える?
サイバー犯罪は日に日に巧妙化し、輸送中のサーバハードウェアにマルウェアを仕込む手法すら存在する。従業員はおろか、新しいハードウェアも信頼しない──ゼロトラストセキュリティを実現する方法とは。(2019/6/28)

「使ってもらえないと意味がない」――大ヒットした警視庁の“痴漢撃退アプリ”、開発者のこだわり
警視庁が提供する防犯アプリ「Digi Police」(デジポリス)が注目を集めている。ダウンロード数は26万9000件(6月7日時点)と、行政機関がリリースしたスマホアプリでは異例のヒットを記録している。企画・開発した経緯を聞いた。(2019/6/21)

私たちは当事者なんです:
高木浩光氏が危惧する、「不正指令電磁的記録に関する罪」のずれた前提と善なるエンジニアが犯罪者にされかねない未来(Coinhive裁判解説 後編)
一審無罪となったCoinhive裁判。しかし判決の裏には、条文の誤読や残された論点がある。裁判で被告人証人となった高木浩光氏が、裁判、法律解釈について詳しく解説した。(2019/6/14)

当事者性の欠落がもたらすもの:
川崎殺傷で問う「事件と引きこもり」報道の危うさ 当事者団体に聞く
川崎の無差別殺傷事件などで「引きこもり」というワードが浮上。属性と犯罪を結び付けるような報道に当事者団体が危惧している。真の問題点について聞いた。(2019/6/4)

「『犯罪者予備軍』というイメージに苦しめられる 」 ひきもこり当事者グループが「川崎殺傷事件」の報道姿勢に警鐘
「ひきこもり」と「殺傷事件を起こしたこと」を先入観や憶測で結びつける報道がなされています。(2019/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。