ニュース
» 2014年02月12日 07時30分 UPDATE

Adobe、Shockwaveの脆弱性を修正 最新版の利用を

Shockwave Playerに存在する2件の深刻な脆弱性を修正。直ちに最新版に更新するよう促している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは2月11日、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートではShockwave Player 12.0.7.148までのバージョンに存在する2件の脆弱性に対処した。Windows版とMac版の両方が影響を受けるという。

 脆弱性はいずれもメモリ破損問題に起因するもので、悪用された場合、攻撃者にリモートで任意のコードを実行され、システムを制御される恐れがある。

 優先度はWindows版、Mac版とも、差し迫った危険があることを示す「1」と定義。直ちに最新版の「Shockwave Player 12.0.9.149」に更新するよう促している。

aswp01.gif 脆弱性の概要

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ