ニュース
» 2014年02月13日 15時27分 UPDATE

導入事例:京都教育大、私物デバイスでも使える教育・研究用クラウドシステムを構築

京都教育大はクラウドの活用で、学生が時間や場所にとらわれず学内のICT環境を利用できる環境を整備する。

[ITmedia]

 京都教育大学は、富士通の大学向けクラウドソリューション「FUJITSU 文教ソリューション UnifIDone キャンパスクラウド」などを活用し、教育・研究用システム基盤を刷新した。富士通が2月13日に発表した。

 同大の学生や教員は新システムの利用で、学内サーバに用意された教育・研究用アプリケーションを私物のPCやスマートデバイスなどからインターネット経由で利用できる。また、同基盤には仮想デスクトップ50台分と仮想サーバ100台が設置され、教員は遠隔地からこれらの利用予約を行うことも可能という。

photo 学生/教員向けセルフポータルの機能概要

 同大は併せて、図書館システムを富士通のデータセンターで稼働している同大学のプライベートクラウド環境に移行した。これにより、学生や教員は法定停電の影響を受けずに年間を通じて図書館システムを利用できるようになるとしている。

 京都教育大はこれらの環境整備を通じて学生のIT活用を促進するほか、学習意欲アップや研究効率化の向上を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ