レビュー
» 2014年03月04日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:世界共通社内ソーシャル構築プロジェクト 「Notesバージョンアップ」という選択

1400ものNotesデータベースをワールドワイドの社内ソーシャル基盤へと変革させるために、「Notesバージョンアップ」を選択した大手メーカー ダイフク。モバイル対応や業務スピード向上を実現するために同社がたどった経緯を聞いた。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 工場の生産ラインや自動倉庫などで「モノを動かす仕組み」、いわゆるマテリアルハンドリングシステムの大手メーカーであるダイフク。同社は世界で20の国と地域に生産・販売拠点を展開するグローバル企業であり、海外売上高比率は50%以上に達している。

 同社はこれまで社内のコミュニケーションおよびコラボレーション基盤に「IBM Notes/Domino」を活用してきたが、バージョン6.5にして約7年が経過したところで、「モバイル対応への要望」「グローバルでの情報共有の必要性」「メールに頼ったコミュニケーションの限界」といった幾つかの課題が顕在化してきた。

 そこで、Notes/Domino 9.0を中心に、IBM ConnectionsとIBM Sametimeを一体化させた社内ソーシャル環境の構築へと舵を切った。この資料では、コミュニケーション基盤の抜本的な変革に乗り出したダイフクが、ビジネス現場に混乱を来すことなく実現した社内ソーシャル環境の構築プロジェクトの全貌に迫る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ