ニュース
» 2014年03月11日 13時20分 UPDATE

2013年のタブレット出荷数は前年比67.2%増の743万台に――IDC調査

IDC Japanの調べによると、国内タブレット端末市場は2013年第4四半期(10〜12月)および通年で2桁台の急成長を記録した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは3月11日、国内タブレット端末市場に関する調査結果を発表した。2013年第4四半期(10〜12月)のタブレット出荷台数は223万台(前年同期比21.5%増)、2013年通年では743万台(前年比67.2%増)と、いずれも2桁台の急成長を記録した。

 同社によれば、タブレット端末が四半期ベースで200万台超の出荷実績となったのは国内初という。この主な要因として(1)「iPad」シリーズの出荷が好調であったこと、(2)NTTドコモのLTE回線付きAndroid端末の販売が堅調に推移したこと、(3)Windows搭載タブレットの出荷が急拡大したこと――を挙げている。

 2013年第4四半期のベンダー別出荷台数シェアは、「iPad Air」などの人気商品を持つ米Appleが38.6%で首位。2位は、米Googleの「Nexus」シリーズを出荷している台湾ASUSTeK Computerでシェアは15.4%だった。3位は、個人/法人市場双方でWindowsタブレットの出荷台数を増やした米Microsoft、4位はLTE回線付きAndroid端末の出荷台数を伸ばしている富士通となった。

 IDC Japanでは、2013年通年でのタブレット出荷台数の伸びについて(1)個人市場向けでは低価格帯モデルに限らずハイエンド端末の出荷も増加したこと、(2)法人市場向けでは年間を通してiOS端末の買い替え需要とWi-Fi対応タブレットの新規需要が堅調であったこと――を成長要因として挙げている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ