レビュー
» 2014年03月12日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化導入調査結果「従業員1000人以下の企業の半数がスキル不足を実感」

ヴイエムウェアとZDnet Japanが共同で行った「仮想化技術の導入・運用についてのアンケート調査」の中から、従業員1000人以下の企業に属する305人の回答結果を抽出。その導入状況と現状抱える課題をまとめた。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 仮想化技術の普及が本格化し始めてから、既に10年あまりが経過している。当初は新たなIT技術への投資に積極的な大規模企業を中心に採用が進んだが、近年では中堅・中小企業でも仮想化技術は着実に浸透している。まさに仮想化技術は業種、企業規模を問わず、IT基盤に必須のテクノロジーとなりつつある。

 ヴイエムウェアは、2013年5月31日から6月13日の2週にわたり、IT専門オンラインメディア「ZDNet Japan」と共同で、「仮想化技術の導入・運用についてのアンケート調査」を行った。本リポートは、その中から従業員数1000人以下の企業に所属する305人の結果を抽出してまとめたものだ。

 中堅・中小企業の仮想化技術の検討、採用、導入、運用の実態を明らかにし、「コスト削減」や「省スペース化」だけにとどまらない、さらなる仮想化技術の活用に向けた提言を盛り込んでいる。仮想化を既に導入している企業や、これから導入を検討する全ての企業にとって、有用なリポートとなるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -