ニュース
» 2014年03月12日 16時35分 UPDATE

社会人の半数以上が「私物端末で仕事をしている」――IDCの調査で明らかに

スマートフォン/タブレット/PCのいずれかを所有している社会人の56.6%は、それらをプライベートな時間でも仕事に使っている――IDC Japanの調査でそんな結果が。

[ITmedia]
photo 個人所有機器の「個人利用」と「仕事利用」のバランス(スマートフォン:n=283、タブレット:n=335、PC:n=496、出典:IDC Japan)

 IT調査会社のIDC Japanは3月12日、「2014年 国内モバイル/クライアントコンピューティング市場 家庭ユーザーのビジネスユースモビリティデバイス意識調査」を発表した。このレポートによると、仕事を持つ男女でスマートフォン/タブレット/PCのいずれかを所有している人の56.6%が、その私物端末を家庭や通勤、帰宅時などのプライベートな時間帯でも仕事に利用していることが分かった。

 スマートフォン/タブレット/PCの3種類を所有している人のうち、これら全ての機器を仕事に利用している人は33.7%だった。また「個人所有機器を仕事で利用している」という人を対象に、それぞれの機器の「個人利用」と「仕事での利用」のバランスについて尋ねたところ、「仕事利用のみ」または「仕事利用が大半」と答えた“仕事利用中心ユーザー”の割合は各機器とも約15〜17%だったという。

 IDC Japanは今回の調査結果から、仕事を持つ人の多くは、私用でスマートフォンやタブレット、PCを購入する場合でも、仕事での利用を想定して製品選択を行っている可能性が高いとみる。また、私物端末で仕事をする志向を持つ人は、所有する全ての機器を仕事で使いこなそうとする意識が高いと推測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -