ニュース
» 2014年05月27日 17時52分 UPDATE

国内セキュリティ市場は堅調な伸び、クラウドやモバイルなどのリスク管理が焦点に

IDCによれば、セキュリティのソフトウェア、サービス、アプライアンスの各製品市場とも2018年まで安定した成長が見込まれる。

[ITmedia]

 IDC Japanは5月㋄27日、国内セキュリティ市場規模の2013年実績と2018年までの予測を発表した。2013年実績はSaaSを含むソフトウェアとアプライアンスを合わせたセキュリティ製品市場規模が前年比11.2%増の2476億円、コンサルティングやシステム構築、運用管理、教育/トレーニングサービスを含むサービス市場が同6.0%増の6043億円だった。

 ソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティが市場をけん引し、同8.3%増の2065億円だった。2014年以降は、クラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、巧妙化する標的型サイバー攻撃の増加により、セキュリティ/脆弱性管理を含めた需要拡大が見込まれる。2013〜2018年の年間平均成長率(CAGR)は3.8%で、2018年に2494億円に拡大するとみている。

 また、SaaS型ソフトウェア市場は運用管理の負担軽減や災害時の事業継続を目的とする需要が継続的に高く、2013年は22.4%増の108億円となった。2014年以降もこれらの需要に加え、サンドボックス技術などによるマルウェア対策需要も高まるとみている。同市場のCAGRは11.3%で、2018年に184億円になると予測する。

 アプライアンス市場ではIDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)や次世代型ファイアウォールを含むUTMの需要が高まり、同29.0%増の412億円だった、2014年以降も需要は継続して高く、多層防御を備えたUTM製品やIDS/IPS製品が市場を牽引するとみられている。同市場のCAGRは4.7%、2018年に517億円に拡大するという。

 セキュリティサービス市場では多層防御機能を備えた製品への需要が高まり、導入設計から運用に至るまで、高度な専門的知識が求められるようになったとしている。また、既存のソフトウェアアーキテクチャを変更せずにクラウド化する「Cloud Enabled」サービスの進展によって、セキュリティ基盤を組み込んだクラウドソリューションの本格的な活用が拡がることが見込まれる。IDCでは同市場のCAGRを4.1%、2018年に7403億円に拡大するとみている。

関連キーワード

セキュリティ | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -