ニュース
» 2014年06月18日 10時00分 UPDATE

Computer Weekly:OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?

米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?

[Cliff Saran and Archana Venkatrama,ITmedia]
Computer Weekly

 米OracleはSolaris 11.2のβ版をリリースした。しかし、SolarisとサーバプラットフォームであるSPARCに将来性があるのだろうか?

 Oracleの説明によると、この新しいOSは効率の良い仮想化、アプリケーション主導型のSoftware-defined Networking(SDN:ソフトウェア定義ネットワーク)およびOpenStackをサポートする、「モダン」なクラウドプラットフォームとして構築された。

Computer Weekly日本語版 6月18日号無料ダウンロード

14559.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 「Oracle Solaris 11.2は、OS、仮想化、SDN、OpenStackをエンジニアリングによって統合した、完成度の高いクラウドソリューションとなった」と語るのは、Oracleのシステム担当副社長ジョン・ファウラー氏だ。

 「完璧なプラットフォームだ。単純で、効率がよく、セキュアで、各種の基準に対するコンプライアンスもクリアしている、オープンな大規模組織向けクラウド環境だ。顧客のビジネスの加速を促進し、クラウドコンピューティングの可能性を活用すると同時にコストも削減する」(ファウラー氏)

 UNIX OSの1つであるSolarisには、Oracle Database、Java、Oracle Applicationsとの統合機能がある。

 Solarisの最新バージョンの発表と、SolarisのプラットフォームとしてのSPARCサーバの進化は、Oracleが米Sun Microsystemsを4年前に買収して以来、研究開発に対して投資してきたことの成果だ。「Oracleの製品およびサービス全体に対する研究開発には、2013年だけでも50億ドル投資し、その大部分をサーバとOSの分野に注ぎ込んだ」と、Oracleのハードウェア販売担当の副社長、ギャヴィン・ディモック氏は語る。

 Solarisの新バージョンに関するOracleの戦略は、インフラストラクチャを統合し、プライベートクラウドの導入を進める企業のIT部門を支援して、ハイブリッドIT環境への移行を促すというものだ。「当社はソフトウェア、ハードウェア、チップセット、OS(Solaris)を所有しているので、大企業が自社用のクラウドインフラを容易かつ迅速に構築するのを支援できる」とディモック氏は語る。

 2013年のOracleのサーバ戦略やSPARC T5サーバシステムの可用性に関して、米調査会社のForrester Researchでディレクターを務めるリチャード・フィチェラ氏は、自社ブログで次のように述べている。「Oracleは明らかに、SPARCについて予告していたことを実現した。また、同社はSolaris OSテクノロジーばかりか、SPARC CPUやシステム設計への投資も継続している。SPARC T5および近々発表されるSPARC M5は、SPARCテクノロジーの進化がもたらした最新の成果だ。(元Sun Microsystems出身の)Oracleのリック・ヘザーリントン氏が2010年にこの進化と設計の試みに着手したが、それは現在も続いている。進化とはすなわち、SPARCコアの共通セットが徐々に進化していること、基本的なアーキテクチャ(を変えなかった)の半面、コア数、スレッド、キャッシュに変化をつけることによって他社との差別化を実現したことが挙げられる。また、コアとシステムのスケーラビリティについて、数年かけてパフォーマンスを改善した点も頼もしい」

 Oracleはこの新しいOSについて、OracleのSPARCサーバやExadataなどの同社のアプライアンスを組み合わせたシステム上で、「Red Stack」と呼ばれる一連の業務アプリケーションを含めたOracleソフトウェアも運用できる統合システムとしてアピールしている。

 Webで公開されている幾つかのリポートによると、Solarisが動作するSPARCベースのOracleサーバは、同程度のx86ベースシステムよりも費用効率が高いという。

 「統合ソリューションの提供を開始したことは、プライベートクラウドの構築を検討している大企業の期待に応えるものだ」と、米調査会社IDCでサーバおよびシステムソフトウェアに関するプログラムの副責任者を務めるアル・ギレン氏は語る。

 「Oracle Solaris 11.2で、OracleはOpenStackベースのシステム管理など、大企業向けのソリューションを提供している。このソリューションは、大企業がクラウドを配備する作業の労力を軽減するし、費用も無理のない範囲に抑えやすくなる」(ギレン氏)

 IDCはサーバマシンの出荷に関する同社の最新のリポートの中で、 OracleはSPARCサーバについて、米IBMのPowerサーバを意識した意欲的な価格設定をしていると報告している。IBMと比べると、Oracleは2ソケットのSPARCサーバを含めたローエンドモデルも用意している。つまり、IBMのUNIXシステムが動作するPowerマシンと比べた場合、Oracleにはより説得力のあるモデルがある。

 Oracleは、同社の第3四半期の業績報告の中で、セールス部門の売り上げは、Solaris、エンジニアドシステムならびにOracle Exadata Database MachineをサポートするSPARCサーバなどのハードウェアシステム製品が貢献して、8%の伸びを示したと報告している。ハードウェアからの売上額は7億2500万ドルに上る。

 当時、Oracle会長のラリー・エリソン氏は次のように語っていた。「ExadataやSPARC SuperClusterなどの当社のエンジニアドサーバシステムは、当該四半期に30%超(恒常通貨ベース)の成長率を達成した。一方業界全体でみると、従来のハイエンドサーバ製品の売り上げが激減している」

 また、同氏は次のコメントも付け加えている。「当社のエンジニアドシステムの売り上げは伸びている。当社に対して、ハードウェアとソフトウェアとを統合してシステムの展開が可能な状態にすることを顧客が求めているからだ。顧客は、自分たち自身でその作業に携わることを望んでいない」

 ただし、SolarisとOracleソフトウェアを搭載したSPARCマシンは、データセンターでLinuxベースのx86サーバに代わる有効なオプションとなるかどうかは、今後さらに状況を見守る必要がある。

 一方、米調査会社Gartnerのアナリストは、OracleがSPARCプラットフォームとSolarisにどれほど長く注力できるかどうかについて、慎重な見方を示している。「Best Practices for Deploying Oracle Solaris and SPARC」(Oracle SolarisおよびSPARCを利用したシステムの成功事例)と題した調査報告書の中で、共同著者であるGartnerのアナリスト、ジョージ・ワイス氏、アンドリュー・バトラー氏、エロール・ラシット氏の3人は、「SPARCやSolarisなどのUNIXベースのシステムは、長期的に有効なx86サーバに取って代わる選択肢になるとは考えにくい」と警告している。

 アナリストたちは、このままサーバハードウェアの売り上げの減少が続けば、OracleもSPARCサーバテクノロジープラットフォームに対して投資する意欲を継続できなくなるのではないかと考えている。

 では、SPARCまたはSolarisの既存のユーザーは、Oracleハードウェアアーキテクチャへの投資を今後どのように進めればいいのか? これに関して、アナリストたちは次のように記述している。「Gartner(のような第三者的立場の企業)ならば、戦略的なアップグレードは許容できるが、顧客は他のアプリケーションやワークロードなどにまで手を出すのは避けた方がいい」

 なおOracle Solaris 11.2のβ版は、Oracle Technology Network(OTN)からダウンロードできる。

Computer Weekly日本語版 F1特集号(転載・再配布フリー)も公開中!

0514_120.jpg

あまり報じられることのない、F1の世界で活用されているIT事情を事例やインタビューを通して紹介。ロータス、マクラーレン、メルセデス、ケータハムのクラウド、ビッグデータ、ファイル共有戦略とは?

※本PDFは、TechTargetジャパン会員でなくても無料でダウンロードできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -