ニュース
» 2014年06月26日 07時44分 UPDATE

VMware製品に脆弱性、更新版が公開

「VMware vCenter Operations Management Suite 5.8.2」では、リモートコード実行などの脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 VMwareは6月24日、「vCenter Operations Management Suite」(vCOps)の深刻な脆弱性に対処した更新版をリリースした。

 同社のセキュリティ情報によると、今回の更新版ではApache Strutsライブラリに存在する3件の脆弱性を修正した。悪用された場合、認証を経ずにリモートでコードを実行されたり、サービス妨害(DoS)を誘発されたりする恐れがある。

 vCOps最新バージョンの5.8.2では、Apache Strutsライブラリをバージョン2.3.16.2に更新して、この問題に対処した。

 VMwareはユーザーに対し、回避策を適用するか、vCOps 5.8.2にアップデートして脆弱性を修正するよう勧告している。

wmwr01.gif 脆弱性の概要

関連キーワード

脆弱性 | VMware


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -