レビュー
» 2014年09月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:基幹システム仮想化で災害対策の課題解決

データロスのないディザスタリカバリ、わずか30分で災害復旧、セキュリティ向上──仮想化ソリューション事例から災害対策の課題解決法を探る。

[PR/ITmedia, TechTargetジャパン運営事務局,ITmedia]

 東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)策定を重要課題と位置付ける企業が増加している。これら企業が万一の際にも素早い復旧が可能なDRシステム構築に選択したのが、日立サーバ/ストレージとVMWare製品による仮想化環境だ。

 本資料では、約70台のサーバを仮想化し、東京・大阪双方で稼働するDRシステムを構築した上田八木短資、統合Oracle環境の仮想化でわずか30分で復旧できるディザスタリカバリ環境を構築した清水建設、デスクトップ仮想化とDRシステム構築でセキュリティ向上とBCP対応を実現した大同メタル工業の事例をシステム構成の図版を交え、紹介する。

 いずれも仮想化により、復旧時間の短縮やコスト削減など導入前の課題を解決しており、仮想化を検討している企業だけなく、仮想化ソリューションの効率化を検討している企業も参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -