レビュー
» 2014年10月29日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウドシステムの開発・運用にアジャイル開発を導入するには

開発チームとIT運用チームが今まで以上にコラボレーションを活発化できれば、システムのパフォーマンス向上、容易な管理や修正、コスト効率の向上を実現できる。クラウド時代のシステム開発・運用にアジャイルを導入しよう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 どうして開発チームとIT運用チームの多くは、互いにあまり交流しないのだろうか。それぞれが相手に役立つ知識を持っているにもかかわらず、多くの場合は相手チームの作業方法を把握してはいない。しかし、開発者は自身の課題に取り組んでおり、IT運用担当者は「システムを停止させない」ための作業で手いっぱいになることが多く、作業の複雑さを増大させるものを検討する余裕はない。

 一方で、クラウドシステムの導入が一般化してきた現在では、新しい手法を利用した新しい考え方が必要だ。そこで本書では、どのようにして従来の開発とIT運用の機能を統合し、そこから従来型では全く見られなかったもの、つまり迅速かつ効率的に変更に対応する機能を作り出すことができるかについて概説する。クラウドへの取り組みは、開発とIT運用を結び付ける仲介役として機能するだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ