ニュース
» 2014年11月07日 07時03分 UPDATE

Microsoft OfficeのiPad/iPhone/Android版の編集機能が無料(Office 365縛りなし)に

Microsoftは、これまで「Office 365」のサブスクリプションが必要だったモバイル版Officeでの編集を、サブスクリプションなしでできるようにした。「Office for iPad」と「Office for iPhone(旧Office Mobile)」は同日、「Office for Android」は来年リリースだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月6日(現地時間)、iPad、iPhone、Android向け「Microsoft Office」アプリの文書編集機能を無料にした(Androidはプレビュー)。日本語版も対応する。これらのアプリはこれまでも無料だったが、文書を編集をするには「Office 365」のサブスクリプションが必要だった。

 米AppleのApp Storeの説明は、「文書の表示、作成、編集など、Word の主要機能は無料でお使いいただけます、Office 365 のサブスクリプションをお申込みいただくと、Word の全機能を利用できます」となっている。

 これは前日発表のモバイル版OfficeとDropboxの統合に続く、同社の「モバイル第一、クラウド第一」戦略の一環だ。Officeのユーザーはこれにより、例えばDropboxに保存してあるExcelファイルをiPadで開いて編集したり、iPhoneで新規作成したWord文書をOneDriveに保存したりできる。

 office 1

 「Office for iPad」は同日のアップデートで既に無料文書編集が可能になっている。日本でも利用できる。

 office 2 Excel for iPadの編集画面

 iPhone向け「Office Mobile」も同日、「Word for iPhone」「Excel for iPhone」「PowerPoint for iPhone」に差し替えられた。

 office 3 App Storeの「Office Mobile」のページには後継アプリの説明がある

 Android版については、同日「Office for Android」のプレビューへの申し込みが始まった。正式版は2015年初頭になる見込み。

 それぞれのアプリは「アプリ内課金あり」となっており、アプリ内から消費者版Office 365の購入が可能になっている。

 なお、OneDrive for BusinessあるいはDropbox for Business内のファイルを編集するには企業向けOffice 365のサブスクリプションが必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ