ニュース
» 2014年11月20日 07時24分 UPDATE

Apple、無料アプリの表示を「入手」に 「アプリ内課金あり」も明示

AppleがiTunes StoreおよびMac App Storeでの無料アプリの表示を「無料」から「入手」に切り替え、アプリ内課金のあるアプリには一覧でもそう明示するようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは11月19日(現地時間)、iTunes StoreおよびMac App Storeでの無料アプリの表示を従来の「Free」から「GET」に切り替えた。日本では「無料」が「入手」に変わった。

 さらに、ゲームアプリなどでアプリ内でアイテムを購入したり、米MicrosoftのOffice for iPadのようにアプリ内から有料サービスにアップグレードできるアプリについては「入手」ボタンの下に「App内課金あり」と明示されるようになった。

 store 1

 「Excel for iPad」も、アプリ内から「Office 365」のサブスクリプションが可能なので、「App内課金があります」になっている。

 store 2

 アプリストアに関しては、未成年者が保護者に無断で無料ゲーム内の有料アイテムを大量に購入していまうといった事故が問題視されてきた。Appleは今年1月、こうした問題で米連邦取引委員会(FTC)から提訴されていた訴訟で和解し、その条件としてアプリストアの改善を命じられていた。また、米Googleとともに欧州委員会のアプリ内課金問題対策会議に参加し、問題解決に取り組んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ